インターネット辞典

パウル・エールリッヒとは

パウル・エールリッヒ

『パウル・エールリヒ』より : パウル・エールリヒ(Paul Ehrlich, 1854年3月14日 - 1915年8月20日)はドイツの細菌学者・生化学者。
「化学療法 (chemotherapy)」という用語と「特効薬 (magic bullet)」という概念をはじめて用いた。
プロイセン王国ニーダーシュレジエンのシュトレーレン(現在のポーランドドルヌィ・シロンスク県ストシェリン)でユダヤ系ドイツ人の家庭に誕生する。
ライプツィヒ大学の医学生であったころから微細な組織への染色に興味をもち、学術論文 "Beiträge zur Theorie und Praxis der histologischen Färbung" のなかでその一端をあらわす。
1878年から83年にかけてベルリン大学でフレリヒスについて内科学を専攻し、1885年にK.ゲルハルトの助手をへて、1889年に同大学講師、1891年に伝染病学助教授となる。
1890年にそれまでの臨床教育と大学教員資格論文 "Das Sauerstoffbedürfnis des Organismus" (1887年)が認められ、ロベルト・コッホの研究室に招かれた。


スポンサーリンク

注目の人名

Ami ザヒ・ハワス HIRO SHELLY UA ヤン・カダール ユーリー・ドルゴルーキー 松本友里 黒田俊介 丸岡修 池田健 岩渕真奈 パーシャ・グリシュク 森章剛 今井信子 E・E・スミス 西靖 水谷舞 楠大典 竹下佳江 小高早紀 ゴットフリート・ライプニッツ ポール・モリター 西野カナ ウンベルト2世 聖菜 村田雄浩 横山やすし 三木武夫 オラフ・ステープルドン 青柳誠 KOTOKO ベガ 本堂保次 小川敏夫 代々木忠 佐野洋 前田慶寧 塩崎潤 NAO 成田志織 カール8世 ヴィクトリア 米森麻美 早見あかり 遠藤柳作 李鍾郁 ウァレンティニアヌス2世 山崎唯 高立直哉 榎康弘 鏡貴也 ゴットフリート・ゼンパー コリン・カウギル ゲイリー・シニーズ 水谷勇 渡邉幸愛 平松禎史 奥田瑛二 富士錦猛光 かないみか 吉井怜 SIN アレクセイ・ヤグディン フィリップ・ド・ブロカ 唐川侑己 ロジャー・ムーア パウル・ザッハー エドゥアルト・レメーニ ジョージ・ベスト ジョージ・オラー SNoW マット・ヒューズ 和田勉 ペドロ・ディニス 内田義彦 柳川荒士 真継伸彦 因幡晃 細江英公 山野愛子 金山一彦 中田久美 吉松隆 小池秀郎 玉森裕太 オットマール・フォン・モール 永井道雄 近藤真柄 向井昭吾 田村恵 ジャック・ルビー 香川敬三 入船加澄実 ラウル・メイレレス 丸山夏鈴 嶋大輔 深作健太 木村功 きくち伸