インターネット辞典

テオドール・ド・バンヴィルとは

テオドール・ド・バンヴィル

テオドール・ド・バンヴィル(Théodore de Banville, 1823年3月14日 - 1891年3月13日)はフランスの詩人、劇作家、批評家。
ルコント・ド・リール、シャルル・ボードレールと並んで1,850年代のフランス詩を牽引し、後に高踏派の先駆者の一人として詩壇に重きをなした。

 テオドール・ド・バンヴィルは1823年アリエ県ムーランに生まれる。
幼少時の幸福な体験は後の作品でしばしば振り返られる。

 7歳からパリの寄宿舎に入る。
病弱なテオドールにとってこの生活は楽なものではなかったようだが、このころ観劇の楽しみを知る。
ロマン主義の詩人の作品に出会うのも同時期である。

 リセ・ブルボンではシャルル・アスリノー、ゴンクール兄弟などの将来の文学者と知り合う。
16歳ころから詩作を始める。
1840年、パリ大学法学部に登録。
当時の文学者志望の若者の例に漏れず卒業はせず。
翌年ボードレールの知己を得る。


スポンサーリンク

注目の人名

Ami ザヒ・ハワス HIRO UA SHELLY 松本友里 ユーリー・ドルゴルーキー ヤン・カダール 黒田俊介 今井信子 森章剛 岩渕真奈 パーシャ・グリシュク 池田健 丸岡修 西靖 E・E・スミス 三木武夫 小高早紀 ゴットフリート・ライプニッツ 竹下佳江 ウンベルト2世 青柳誠 西野カナ ポール・モリター 米森麻美 鏡貴也 楠大典 水谷舞 聖菜 香川敬三 成田志織 コリン・カウギル NAO 榎康弘 水谷勇 丸山夏鈴 李鍾郁 ラウル・メイレレス ベガ ゲイリー・シニーズ 横山やすし 富士錦猛光 ヴィクトリア ゴットフリート・ゼンパー KYO 向井昭吾 早見あかり 遠藤柳作 オラフ・ステープルドン 小川敏夫 佐野洋 前田慶寧 高立直哉 ジョージ・オラー 代々木忠 山崎唯 村田雄浩 カール8世 KOTOKO 本堂保次 ウァレンティニアヌス2世 塩崎潤 真継伸彦 吉松隆 アレクセイ・ヤグディン 因幡晃 石川瞳 アルマン 細江英公 小池秀郎 SIN 玉森裕太 鳥居みゆき 渡邉幸愛 山野愛子 マット・ヒューズ 奥田瑛二 吉井怜 かないみか 中田久美 永井道雄 柳川荒士 井上毅 平松禎史 PUSHIM ロジャー・ムーア 安部英 Kami 田村恵 きくち伸 湊川誠隆 SNoW 嶋大輔 ジャック・ルビー 金山一彦 近藤真柄 フィリップ・ド・ブロカ オットマール・フォン・モール エドゥアルト・レメーニ