インターネット辞典

ダスティ・ベイカーとは

ダスティ・ベイカー

ダスティ・ベイカー(Johnnie B. "Dusty" Baker, Jr. , 1949年6月15日 - )は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州リバーサイド出身のMLBで活躍した元プロ野球選手、監督。
主に外野手。
右投右打。
1993年から2002年までサンフランシスコ・ジャイアンツ、2003年から2006年まではシカゴ・カブスの、2008年から2013年までシンシナティ・レッズの監督を務めた。
2016年からはワシントン・ナショナルズの監督を務める。
人物・来歴 現役時代 1967年のMLBドラフト26巡目(全体503位)でアトランタ・ブレーブスに入団。
マイナーでのプレー後、1972年には139試合に出場し、打率.321・17本塁打・76打点の好成績を収めてメジャーに定着する。
1976年にロサンゼルス・ドジャースに移籍。
翌1977年には30本塁打を放ち、一塁手のスティーブ・ガービー(33本塁打)、三塁手のロン・セイ(30本塁打)、外野手のレジー・スミス(32本塁打)と共に30本塁打カルテットの一員となり、ワールドシリーズ進出に貢献する。


スポンサーリンク

注目の人名