インターネット辞典

セドリック・ピオリーンとは

セドリック・ピオリーン

セドリック・アドリアン・ピオリーン(Cédric Adrien Pioline, 1969年6月15日 - )は、フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ出身の男子プロテニス選手。
1993年の全米オープンと1997年のウィンブルドンで、4大大会に2度の準優勝がある。
シングルス自己最高ランキングは5位。
ATPツアーでシングルス5勝、ダブルス1勝を挙げた。
身長187cm、体重79kg、右利き。
フランス語の読みにより近い「ピオリーヌ」という表記も多く見られる。
オールラウンド・プレーヤー。
選手経歴 ピオリーンは16歳という非常に遅い年齢からテニスを始めたが、極めて高い運動能力の持ち主だった。
1989年に20歳でプロ入りし、1991年に世界ランキングトップ50位以内に入る。
1993年にウィンブルドンで初のベスト8に入り、同年の全米オープンで第15シードから決勝進出を果たす。
この大会で、ピオリーンは4回戦で第1シードのジム・クーリエを 7-5, 6-7, 6-4, 6-4 で破る波乱を演じたが、決勝でピート・サンプラスに 4-6, 4-6, 3-6 のストレートで完敗した。


スポンサーリンク