インターネット辞典

スーザン・ヘイワードとは

スーザン・ヘイワード

スーザン・ヘイワード(Susan Hayward, 本名: Edythe Marrenner, 1917年6月30日 - 1975年3月14日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の女優である。
生涯 祖父母はスウェーデンからの移民。
父はトラックの運転手。
1917年(1918年または1919年説もある)にニューヨーク市ブルックリンに生まれる。
1937年、商業高校を卒業後に女優を夢見てモデルを経て、ハリウッドに移る。
この時期、『風と共に去りぬ』のオーディションも受け最終選考まで残っているが、役を得ることは出来なかった。
しかし徐々に映画に出演しはじめ、1939年には『ボー・ジェスト』でゲイリー・クーパーの相手役にキャスティングされ、実質的なデビューを果たす。
その後は、映画会社を渡り歩き、多くのB級映画に出演したが、いずれも男優の添え物扱いという不遇な時期を過ごす。
だがその後は順調にキャリアを重ね、人気女優となった。
赤毛の髪の毛がトレードマークで、美しさはハリウッド一と言われた。
1952年にはハリウッドの外人記者協会が「世界で最も愛すべきスター」の女優部門に彼女を選んでいる。


スポンサーリンク