インターネット辞典

ジョン・フェンとは

ジョン・フェン

ジョン・フェン(John Bennett Fenn、1917年6月15日- 2010年12月10日)はニューヨーク生まれのアメリカ人分析化学者。
ケンタッキー州で育ったフェンは、Berea Collegeで学位を取り、1940年にイェール大学で博士号を取得した。
その後3年間、プリンストン大学で博士研究員として海軍の研究に従事した。
1962年からはイェール大学の化学工学部に属し、1987年に定年退職を迎えたが、この間にノーベル賞の受賞理由となった研究を成し遂げていた。
1983年フンボルト賞受賞。
20年以上イェール大学に勤めた後、1994年からは分析化学の教授としてバージニア・コモンウェルス大学 (en:Virginia Commonwealth University)に在籍した。
2002年に、エレクトロスプレーイオン化法の開発によりノーベル化学賞を受賞した。
エレクトロスプレーイオン化法は生体物質を質量分析する上で必須の技術である。
同年には、生体分子技術における顕著な業績に対して、生体分子資源協会賞も贈られている。


スポンサーリンク