インターネット辞典

ジョバンニ・スキアパレリとは

ジョバンニ・スキアパレリ

『ジョヴァンニ・スキアパレッリ』より : ジョヴァンニ・ヴィルジニオ・スキアパレッリ(Giovanni Virginio Schiaparelli, 1835年3月14日 - 1910年7月4日)は、火星の研究で有名なイタリアの天文学者。
上院議員でもあった。
ファッションデザイナーのエルザ・スキアパレッリは姪にあたる。
業績 ミラノ天文台長であり、1877年の火星の大接近を口径22cmの屈折望遠鏡で観測し、火星の表面全体に線状の模様を発見した。
その後の1879年、1881年の観測結果と合わせ発表、イタリア語でcanali(溝、水路)と呼んだ。
しかしこれが英語のcanals(運河)と翻訳されたことで、canalsは人工的な地形だという説が生まれることになった。
また、スキアパレッリは火星の主な地形を大陸や海に見立てて命名した。
火星以外の太陽系の天体も観測しており、1861年には小惑星 (69) ヘスペリア(直径138.1km)を発見した。
また、1864年 - 1866年の観測により、しし座流星群の母天体がテンペル・タットル彗星であり、ペルセウス座流星群の母天体がスウィフト・タットル彗星であることも明らかにした。


スポンサーリンク

注目の人名

Ami ザヒ・ハワス HIRO SHELLY UA ユーリー・ドルゴルーキー 松本友里 ヤン・カダール 黒田俊介 池田健 岩渕真奈 パーシャ・グリシュク 今井信子 西靖 森章剛 E・E・スミス 丸岡修 西野カナ 竹下佳江 水谷舞 小高早紀 ゴットフリート・ライプニッツ 楠大典 ポール・モリター ウンベルト2世 聖菜 ゲイリー・シニーズ 高立直哉 村田雄浩 ウァレンティニアヌス2世 小川敏夫 塩崎潤 前田慶寧 鏡貴也 オラフ・ステープルドン 水谷勇 本堂保次 佐野洋 横山やすし コリン・カウギル NAO ゴットフリート・ゼンパー 山崎唯 榎康弘 ベガ 米森麻美 青柳誠 代々木忠 カール8世 KOTOKO 成田志織 早見あかり ヴィクトリア 遠藤柳作 李鍾郁 三木武夫 かないみか 柳川荒士 吉松隆 パウル・ザッハー SNoW 渡邉幸愛 内田義彦 SIN エドゥアルト・レメーニ ロジャー・ムーア 奥田瑛二 吉井怜 富士錦猛光 マット・ヒューズ 中田久美 因幡晃 フィリップ・ド・ブロカ ペドロ・ディニス 真継伸彦 金山一彦 ジョージ・ベスト 唐川侑己 細江英公 オットマール・フォン・モール 玉森裕太 ジョージ・オラー 小池秀郎 平松禎史 和田勉 山野愛子 永井道雄 アレクセイ・ヤグディン 近藤真柄 入船加澄実 J 向井昭吾 木村功 桂久武 近衛忠煕 范志毅 ラウル・メイレレス 石川瞳 陳景潤 丸山夏鈴