インターネット辞典

ジャッキー・バイアードとは

ジャッキー・バイアード

ジャッキー・(ジョン・)バイアード(Jaki (John) Byard, 1922年6月15日 マサチューセッツ州ウースター – 1999年2月11日 ニューヨーク・シティ)はアメリカ合衆国のジャズ・ピアニストで作曲家。
トランペットやサクソフォンなども演奏するマルチプレイヤーであった。
ラグタイムやストライド・ピアノからフリー・ジャズに至るまでのあらゆるジャズ・ピアノ奏法を包摂した、折衷的な演奏様式で知られる。
National Public Radioは、フィル・ウッズのアルバム『ミュジック・デュ・ボワ(Musique du Bois)』への貢献を評して、「ジャズ界において最も説得力に富んだ多芸多才なピアニストのひとり」であるとした。
日本語の「ジャッキー」という読み方は、かつての綴り(Jackie)に従っている。
15歳で職業ピアニストとして活動を始める。
第二次世界大戦に従軍した後、1940年代後半にアール・ボスティックと演奏旅行を行なった。
ボストンに拠点を移した後の1951年に、チャーリー・マリアーノとの共演で初録音を行なった。


スポンサーリンク

注目の人名