インターネット辞典

ジェームズ・ポークとは

ジェームズ・ポーク

ジェームズ・ノックス・ポーク(James Knox Polk, 1795年11月2日 - 1849年6月15日)は、第11代アメリカ合衆国大統領。
ノースカロライナ州メクレンブルク郡に生まれ、後にテネシー州に移住、州知事、連邦下院議員を務める。
1844年の大統領選でポークは「ダークホース」の候補であった。
彼はテキサスの併合を約束し、ホイッグ党のヘンリー・クレイを破って当選した。
ポークは第二党システムの間におけるジャクソン流民主主義のリーダーであった。
ポークは最後の南北戦争前における「強い」大統領であった。
彼は外交政策での成功で有名である。
イギリスとの戦争の可能性を唱え、オレゴン境界紛争を決着させた。
メキシコがテキサス併合を拒絶したとき、ポークは国を米墨戦争へと導き、その勝利で領土を大きく広げることとなる。
彼は1846年にウォーカー関税を成立させ、南部からの支持を得た。
また、1913年まで続く国庫システムを確立している。
ポークは海軍士官学校とスミソニアン博物館の開設を監督し、ワシントン記念塔の起工式に立ち会い、アメリカ合衆国における最初の切手発行も監督した。


スポンサーリンク

注目の人名

Ami ザヒ・ハワス HIRO ユーリー・ドルゴルーキー SHELLY 松本友里 森章剛 黒田俊介 岩渕真奈 UA パーシャ・グリシュク 聖菜 ウンベルト2世 ポール・モリター 西野カナ 楠大典 小高早紀 ヤン・カダール ゴットフリート・ライプニッツ 池田健 ヴィクトリア 塩崎潤 村田雄浩 ベガ コリン・カウギル 水谷舞 丸岡修 竹下佳江 ウァレンティニアヌス2世 ゴットフリート・ゼンパー オラフ・ステープルドン ゲイリー・シニーズ カール8世 佐野洋 E・E・スミス 横山やすし 榎康弘 西靖 富士錦猛光 李鍾郁 早見あかり かないみか 入船加澄実 ジョージ・オラー ジャック・ルビー 山野愛子 アレクセイ・ヤグディン 平松禎史 フィリップ・ド・ブロカ 前田慶寧 本堂保次 井上毅 成田志織 山崎唯 永井道雄 エドゥアルト・レメーニ 嶋大輔 オットマール・フォン・モール ジョージ・ベスト 小池秀郎 石川瞳 柳川荒士 吉松隆 青柳誠 アルマン KOTOKO 桂久武 水谷勇 米森麻美 奥田瑛二 因幡晃 ロジャー・ムーア 石川友紀 真継伸彦 井上純 きくち伸 ライマン・フランク・ボーム 范志毅 李容九 ジョゼフ・デュプレシ 近藤真柄 金山一彦 マリア・ライヒェ ペドロ・ディニス シルビオ・ゲゼル 代々木忠 イリヤ・メチニコフ 中払大介 吉井怜 中田久美 サチェル・ペイジ 内田義彦 ラウル・メイレレス カール・ハンケ 小川敏夫 木村太郎 オダギリジョー 今井信子 大河 和田勉