インターネット辞典

ジェームズ・ポークとは

ジェームズ・ポーク

ジェームズ・ノックス・ポーク(James Knox Polk, 1795年11月2日 - 1849年6月15日)は、第11代アメリカ合衆国大統領。
ノースカロライナ州メクレンブルク郡に生まれ、後にテネシー州に移住、州知事、連邦下院議員を務める。
1844年の大統領選でポークは「ダークホース」の候補であった。
彼はテキサスの併合を約束し、ホイッグ党のヘンリー・クレイを破って当選した。
ポークは第二党システムの間におけるジャクソン流民主主義のリーダーであった。
ポークは最後の南北戦争前における「強い」大統領であった。
彼は外交政策での成功で有名である。
イギリスとの戦争の可能性を唱え、オレゴン境界紛争を決着させた。
メキシコがテキサス併合を拒絶したとき、ポークは国を米墨戦争へと導き、その勝利で領土を大きく広げることとなる。
彼は1846年にウォーカー関税を成立させ、南部からの支持を得た。
また、1913年まで続く国庫システムを確立している。
ポークは海軍士官学校とスミソニアン博物館の開設を監督し、ワシントン記念塔の起工式に立ち会い、アメリカ合衆国における最初の切手発行も監督した。


スポンサーリンク

注目の人名

SaCo 春香 ツートン青木 ジョン・ポステル 松本きょうじ 椎橋寛 ロバート・モーグ ハンニバル・ハムリン ジョージ・キューカー ジョン・バーディーン クルト・ニルセン 石井康雄 栗原みきこ ジロ 舘暲 クルト・アルダー 安部英 SU ハイジ・クラム 秋山純 SHELLY スタール夫人 マルセロ 戸田ツトム 郭炎 大河 KONTA DaiGo 小林よしひさ ジュリエット・ルイス 松井繁 HAKUEI 高原敬武 洞口依子 村田渚 ゲイリー・シニーズ 西靖 西初恵 渕上舞 TOKIE フランチ・ペテク アントン・イェルチン ホーコン7世 MAH YURINO 緑川ゆき GACKT 鴨下信一 アリダ・ヴァリ マニー・ラミレス 井上毅 SIN アルベルト・ソルディ 藤森慎吾 石川瞳 ダヴィド・アラバ 藤岡佑介 芳本美代子 織田一磨 Erina 狩野茉莉 ジョン・デイヴィス ダニ・ペドロサ 高橋里華 伊織 みず谷なおき 今宮純 アンドレ・ノートン ヨナス・キェルグレン 渋沢敬三 吉松隆 HISASHI フランク・ロスト ファット・ジョー 近藤真柄 鏡貴也 奈良岡希実子 KYO ジョニー大倉 クルト・ゲーデル トレイ・ホッジス 岡邦雄 横田はるな オキサイド・パン 木村功 コデルロス・ド・ラクロ 田村隆一 ドン・ラッシャー チャーリー・パーカー 印順 菅野よう子 新田恵利 CHiYO ZEEBRA オットー・ブレンデル TK Sascha 石本秀一 HIROYA 野間清治