インターネット辞典

シドニー・ウェッブとは

シドニー・ウェッブ

シドニー・ウェッブ(初代パスフィールド男爵)(Sidney James Webb, 1st Baron Passfield、1859年7月13日 - 1947年10月13日)は、イギリスの政治家。
のちの労働党へと繋がるフェビアン協会の中心人物で、イギリスの政治思想風土のもとで漸進的な社会改革を主張した。
生涯 1859年、ロンドンで生まれた。
仕事のかたわら、シティ・オブ・ロンドン・カレッジなどで学び、植民地省の高級官僚になる。
フェビアン協会の創設期より中心的役割を果たし、妻ビアトリス・ポッター・ウェッブやバーナード・ショーらとともに、漸進的な社会改革を進めることを主張した。
1895年にロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)を創設し、自身は行政学の教授をつとめた。
代表的な社会改革理論として、ナショナル・ミニマム論(『産業民主制論』〈1897年〉)がある。
それは、最低賃金、労働時間規制、衛生・安全、義務教育などの労働者への最低労働・生活条件の国家規制は、国民経済発展にプラスになるというものであった。


スポンサーリンク

注目の人名

村田雄浩 YURINO ジョージ・ベスト 森章剛 水谷舞 YUKO 小松江里子 デミ・ムーア マーガレット・モールズワース 坂田めぐみ パンチョ・ゴンザレス デーブ・ロバーツ 栗原幸信 マルコ・ロイス バージニア・ウェード 香川敬三 オリン・エッゲン 寿ひずる オットー・ブレンデル 田村恵 エドワード1世 丸岡修 アネッテ・ディトルト マイケル・グリーン 丸山詠二 李鍾郁 市河三喜 朝木智美 小峰元 カミーユ・ピサロ 黒柳能生 トーマス・ゴールド グジェゴシュ・フィテルベルク アントニー・ヴァン・ホーボーケン KEI アーヴィング・ペン オキサイド・パン 米森麻美 盧武鉉 楠大典 佐野洋 八谷泰造 前田慶寧 代々木忠 遠藤柳作 エル・シッド 李容九 山崎唯 オダギリジョー ギャリー・ケリー うえだゆうじ マット・ヒューズ 聖菜 ジョージ・キューカー 国府田ひとみ 柿沼和恵 SHELLY アンドレア・ダンドロ 栗原みきこ MCU 塩崎潤 ペドロ・ディニス アート・リンゼイ ハリー・ホーカー ミラン・ウイリアムズ エマヌエーレ・クリアレーゼ 西靖 伊井篤史 デイヴィッド・ギャレット 福島敦子 ウンベルト2世 アテフ・ハリム 石渡康浩 グエン・ゴク・ロアン ポール・モリター ウィリアム・クラーク・イーストレイク 大友康平 ナオミ・キャンベル エリエル・サーリネン 辻理 牧野節子 内野謙太 岩切英司 PUSHIM イーロン・マスク HIROKI 熊井啓 ディーン・フジオカ ロブ・ディアー まち マルコ・モンテリーゾ 唐川侑己 ニール・テナント 土居健郎 ネブ 堀潤 新村出 依田學海 パーシャ・グリシュク 手嶋龍一