インターネット辞典

コンスタンチン・バリモントとは

コンスタンチン・バリモント

コンスタンティン・ディミトリエヴィチ・バリモント(Константин Дмитриевич Бальмонт, 1867年6月15日—1942年12月24日)はロシア象徴主義の詩人・翻訳家。
「銀の時代」を代表する文人の一人である。
生涯 ヴラディーミルの貴族の家庭に生れる。
1886年にモスクワ大学に入学するが、翌年に除籍される。
1890年代の末に詩作に入り、1905年にいくつかの詩集を出版して文学者として名を揚げる。
同年の末に非合法にロシアを脱してパリに行き、精力的に旅行を行い、1916年になってやっとモスクワに戻った。
2月革命を熱狂的に支持したものの、10月革命には反対し、ロシアを去ってドイツに行く。
のち1920年にフランスに亡命するが、晩年の20年を貧困のうちに過ごした。
1942年の暮れにパリ郊外のノワジ=ル=グランにて肺炎により死去。
翌年に他界した妻と共に同地の墓地に埋葬されている。
バリモントの詩および訳詞にはさまざまな作曲家が曲付けを試みており、タネーエフやプロコフィエフらのものが知られているが、中でもイーゴリ・ストラヴィンスキーの《バリモントの2つの詩》とカンタータ《星の王》、エドガー・アラン・ポーのバリモント訳を用いたラフマニノフの合唱交響曲《鐘》はとりわけ名高い。


スポンサーリンク

注目の人名

タニヤ・ドネリー ウディ・ガスリー 三井修 八谷泰造 アンドレア・ダンドロ ウォーレ・ショインカ 丸山詠二 岩本裕 DJ OZMA MCU SU エリア・カザン レイモン・コパ ドナルド・ヘッブ 平岳大 エリザベス1世 ティム・ハドソン UZ ジェリー・ルイス ルイス・ヒメネス アルベルト 田中幹保 キャサリン・パー 大河 岡田茂 浅野祥 大谷亮介 塚本幸一 マギー司郎 エルトン・メイヨー ベガ ソニー・ロリンズ 鷲谷亘 七草 KOTOKO TAKAHIRO PUSHIM 石川瞳 つちやかおり 北畠八穂 デビッド・パッカード Emma グラント・ウッド ハインリヒ・グレーツ 葉室鐵夫 キム 山本文郎 木村太郎 エディ・コリンズ ジェフ・ポーカロ 福井俊彦 フリードリヒ・ケクレ Miyu 新村出 ゲイリー・ムーア ウェンディ・ワッサースタイン TK 黒部幸英 千坂恭二 BT お登勢 ヘルマン・ハインリヒ・ゴッセン カロリーネ・シェリング グレゴリー・マルグリス 木原光知子 REN 池田健 アンディ・ジョンソン 平松禎史 伊藤洋三郎 ゲイリー・シニーズ ジョン・タトゥーロ マーセデス・ルール 安西均 西靖 ケビン・キーガン グエン・ドク こげどんぼ* ジョー・サンプル ゼップ・マイヤー Mina アルトゥーリ・ヴィルタネン ジーン・シモンズ OZA トビー・フーパー カルロス・フエンテス アブドゥルラフマン・ワヒド 中村鴈治郎 (2代目) ウィル・アイ・アム 根津嘉一郎 (2代目) 山本嘉次郎 UA アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー カロラ・ヴァーサ アルジャーノン・ブラックウッド 高橋斗亜 伊東勤 デレク・トレント 柳川荒士 セメレーニ・オスヴァルド