インターネット辞典

ギュンターとは

ギュンター・グラス

ギュンター・グラス(Günter Grass, 1927年10月16日 - 2015年4月13日)はドイツの小説家、劇作家、版画家、彫刻家。
代表作に『ブリキの太鼓』など。
1999年にノーベル文学賞受賞。
来歴・人物 ギュンター・グラスはダンツィヒ(現ポーランド領グダニスク)で生まれた。
父はドイツ人の食料品店主、母は西スラヴ系少数民族のカシューブ人。
当時、ヴェルサイユ条約によりドイツから切り離され、国際連盟の保護下に形式上独立国だったダンツィヒ自由市で、ドイツとポーランドをはじめとする様々な民族の間で育ったことが、その後のグラスの作品に大きく影響することになった。
15歳で労働奉仕団・空軍補助兵を務め、17歳で武装親衛隊に入隊した後、敗戦を迎え、米軍捕虜収容所で半年間の捕虜生活を送る。
その後、デュッセルドルフで彫刻家・石工として生計をたてながら美術学校に通い、詩や戯曲なども書く。
1958年には朗読による作家・批評家同士の作品発表の場「47年グループ」で才能を認められ、1959年発表の長編小説『ブリキの太鼓』で一躍有名作家となった。


スポンサーリンク

注目の人名

YURINO 村田雄浩 ジョージ・ベスト 水谷舞 小松江里子 森章剛 マーガレット・モールズワース パンチョ・ゴンザレス デミ・ムーア 坂田めぐみ YUKO デーブ・ロバーツ 朝木智美 ギャリー・ケリー バージニア・ウェード 李鍾郁 オリン・エッゲン 丸山詠二 栗原幸信 マルコ・ロイス 香川敬三 寿ひずる 市河三喜 丸岡修 田村恵 八谷泰造 代々木忠 サム・ウッド 小峰元 カミーユ・ピサロ オットー・ブレンデル グジェゴシュ・フィテルベルク 佐野洋 前田慶寧 アネッテ・ディトルト エドワード1世 マイケル・グリーン 黒柳能生 オキサイド・パン オダギリジョー 国府田ひとみ 楠大典 アントニー・ヴァン・ホーボーケン HIROKI 塩崎潤 米森麻美 山崎唯 CICO トーマス・ゴールド 遠藤柳作 アーヴィング・ペン パーシャ・グリシュク エル・シッド 内野謙太 KEI 盧武鉉 李容九 ポール・モリター E・E・スミス エマヌエーレ・クリアレーゼ ジョージ・キューカー マット・ヒューズ デイヴィッド・ギャレット ペドロ・ディニス ロブ・ディアー 聖菜 岩切英司 アンドレア・ダンドロ 堀潤 ミラン・ウイリアムズ 大河 伊井篤史 MCU ハリー・ホーカー 大友康平 依田學海 栗原みきこ ザヒ・ハワス アート・リンゼイ ウンベルト2世 福島敦子 土居健郎 唐川侑己 グエン・ゴク・ロアン 入船加澄実 新村出 石渡康浩 古田紹欽 牧野節子 辻理 ケイシー・コールマン 熊井啓 まち ディーン・フジオカ PUSHIM 塚本幸一 榎康弘 エリエル・サーリネン 清瀬川敬之助 TK