インターネット辞典

オリバー・カーンとは

オリバー・カーン

オリバー・カーン(Oliver Rolf Kahn, 1969年6月15日 - )は、ドイツ・カールスルーエ出身の元サッカー選手。
ポジションはゴールキーパー。
野性味のあるプレーと風貌で日本でも高い人気を誇った。
ドイツサッカー界でも最も多くのタイトルを獲得した選手の一人であり、同時にドイツ社会で発言力を持つサッカー選手の一人である。
ゼップ・マイヤーやハラルト・シューマッハーらと共にドイツサッカー史に残るGKの一人であり、欧州サッカー連盟が選ぶ歴代欧州サッカー選手ベスト50の中に、当時現役のゴールキーパーでは唯一選出された。
祖父母はラトビア出身。
父もそこで生まれ、第二次世界大戦後にドイツへ来た。
16歳の時にはクラブチームの入団試験にことごとく落ちる。
カールスルーエに入団するまでは筋力トレーニングなど雌伏の時期を過ごした。
カールスルーエでは数年かかって正GKの座を確保した。
ブンデスリーガやUEFAカップでの活躍が認められ、1994年、名門バイエルン・ミュンヘンへ移籍。


スポンサーリンク