インターネット辞典

オットー・フリードリッヒ・ボルノウとは

オットー・フリードリッヒ・ボルノウ

オットー・フリードリヒ・ボルノウ(Otto Friedrich Bollnow, 1903年3月14日 - 1991年2月7日)は、ドイツの教育哲学者。
シュテッティン(現在のポーランド領シュチェチン)生まれ。
長くテュービンゲン大学教授で知られる。
ボルノーとも。
1925年ゲッティンゲン大学にて、のちのノーベル物理学賞者であるマックス・ボルンのもとで結晶の格子理論の一部(「酸化チタンの結晶格子理論に関する研究」)をもって理論物理学の学位を取得した後、改革教育学の流れに入る田園教育舎で手伝いの仕事をしたことから、教育学に転進。
1927年にマルティン・ハイデッガーの『存在と時間』より与えられた強い刺激のため、彼を追ってマールブルク大学とフライブルク大学に通う。
その後、ゲッティンゲン大学で、ヴィルヘルム・ディルタイの弟子にあたるヘルマン・ノールとゲオルク・ミッシュのもとに戻り、教育学と哲学で1931年に教授資格取得、1933年教授資格論文『F・H・ヤコービの生の哲学』を出版。


スポンサーリンク