インターネット辞典

エルネスティーネ・シューマン=ハインクとは

エルネスティーネ・シューマン=ハインク

エルネスティーネ・シューマン=ハインク(Ernestine Schumann-Heink, 1861年6月15日 - 1936年11月17日)はオペラ歌手。
巧みなコントロールと優れた音色、美貌と広い音域によって著名なコントラルトであった。
旧姓は「レスラー」で、少女時代はエルネスティーネの縮小形による愛称を用いて、ティニと呼ばれていた(Tini Rössler)。
プラハ近郊のドイツ語圏である小都市リーベンにオーストリア人として生まれる。
靴職人の父親ハンスは、以前はオーストリアの騎兵隊に仕官していたのだが、19世紀にオーストリア領であったイタリア北部に駐在中に、シャルロッテ・ゴルトマンと出逢い、結婚してリーベンに連れ帰ったのであった。
エルネスティーネがまだ3歳のとき、レスラー家はヴェローナに転居した。
1866年に普墺戦争が勃発すると、一家はプラハに逃げ延び、エルネスティーネはその地のウルズリーネ女子修道会の附属学校に学んだ。
終戦後に一家はクラクフ近郊のポドグロズイ(Podgrozj)に移り住み、エルネスティーネが13歳になる頃、今度はグラーツに越した。


スポンサーリンク

注目の人名