インターネット辞典

エリク・H・エリクソンとは

エリク・H・エリクソン

エリク・ホーンブルガー・エリクソン(Erik Homburger Erikson、1902年6月15日 - 1994年5月12日)は、アメリカの発達心理学者で、精神分析家。
「アイデンティティ」の概念、エリクソンの心理社会的発達理論を提唱したことで知られる。
生い立ち ドイツのヘッセン州フランクフルトに生まれる。
母のカーラ・アブラハムセン(Karla Abrahamsen)はユダヤ系デンマーク人で、生後3年間は母親と共にフランクフルトで過ごす。
父親は定かではないが、デンマーク人の芸術家だったのではないかと言われている。
母親は、最後まで息子にその父親の名を明かさなかった。
1905年にエリクソンの主治医も務めていた小児科医のテオドール・ホーンブルガーと母親が結婚し、家族はフランクフルトからカールスルーエに引っ越す。
なおミドルネームのホーンブルガー(Homburger)は母の再婚相手の苗字である。
エリクソンはその北欧系の風貌からユダヤ系社会やユダヤ教の教会で(逆)差別を受け、またドイツ人コミュニティからはユダヤ人であるという理由で差別を受け、二重の差別を受けて育った。


スポンサーリンク