インターネット辞典

エリオ・デ・アンジェリスとは

エリオ・デ・アンジェリス

エリオ・デ・アンジェリス(Elio de Angelis, 1958年3月26日 - 1986年5月15日)はイタリア・ローマ出身の元F1ドライバー。
人物紹介 天才肌タイプのドライバーとされる。
ロータスに縁が深く、歴代のロータス・ドライバーの中で、最も長くチームに在籍していた。
またアンジェリスの初優勝は、ロータスにとってコーリン・チャップマン存命中の最後の勝利でもあった。
大のマシンテスト嫌いだったと言われている。
後述するようにピアノを嗜んでいたことや、貴族の末裔という家柄もあり、「『F1は貴族のスポーツ』という雰囲気を醸し出した最後のドライバー」、「F1最後の紳士」、「古き良き時代を象徴する最後のドライバー」等と表現されることも多い。
貴族の家系の出身。
父のジュリオは、ローマでセメント会社などを営む富豪であり、パワーボートの選手としても活躍していた。
このような環境の元、幼少の頃からレースの才能を磨いていった。
1977年、18歳でイタリアF3・ヨーロッパF3に参戦。
イタリアF3では4勝を挙げ初年度でチャンピオンに輝き、ヨーロッパF3でも1勝・3PPを記録(ランキング7位)。


スポンサーリンク