インターネット辞典

エドワード・ジョゼフ・フラナガンとは

エドワード・ジョゼフ・フラナガン

エドワード・ジョゼフ・フラナガン(英語: Edward Joseph Flanagan, 1886年7月13日 - 1948年5月15日)は、通称フラナガン神父の名で知られるカトリック教会の聖職者で、社会事業家。
生まれはアイルランドで、1904年アメリカにやってきて、1919年にアメリカの市民権を取得した。
ネブラスカ州オニールの聖パトリック・カトリック教会の助祭で、1912年にネブラスカ州のオマハに少年の町という少年たちの更生自立支援施設を作ったことで知られる社会事業家である。
第二次世界大戦後、GHQのダグラス・マッカーサー元帥から戦後日本の戦災孤児、中国大陸や満州からの引き上げ孤児への対策について助言を乞うということで、招聘を受け、1947年に来日した。
彼の提案でまず長崎、佐賀、福岡で始められたのが「赤い羽根助け合い共同募金」である。
こうした社会事業推進のための世界行脚で、韓国、オーストリア、ドイツなどを回っている。
1965年にネブラスカ州の名誉州民に選ばれる。
没後、少年の町の中の礼拝堂の墓地に埋葬された。
関連項目 少年の町 共同募金 子ども共和国 外部リンク フラナガン神父の紹介英文。


スポンサーリンク

注目の人名

YURINO 村田雄浩 ジョージ・ベスト 森章剛 マーガレット・モールズワース 小松江里子 デミ・ムーア 水谷舞 YUKO パンチョ・ゴンザレス デーブ・ロバーツ 坂田めぐみ マルコ・ロイス オリン・エッゲン バージニア・ウェード 栗原幸信 香川敬三 マイケル・グリーン 市河三喜 アネッテ・ディトルト 黒柳能生 オットー・ブレンデル 李鍾郁 丸山詠二 カミーユ・ピサロ 朝木智美 丸岡修 田村恵 寿ひずる 小峰元 エドワード1世 山崎唯 遠藤柳作 楠大典 オキサイド・パン アントニー・ヴァン・ホーボーケン 代々木忠 李容九 KEI 佐野洋 前田慶寧 米森麻美 盧武鉉 オダギリジョー トーマス・ゴールド ギャリー・ケリー アーヴィング・ペン エル・シッド グジェゴシュ・フィテルベルク 八谷泰造 ジョージ・キューカー 栗原みきこ SHELLY 聖菜 福島敦子 デイヴィッド・ギャレット 西靖 エリエル・サーリネン アテフ・ハリム ハリー・ホーカー 岩切英司 ミラン・ウイリアムズ MCU 伊井篤史 アート・リンゼイ 国府田ひとみ マット・ヒューズ イーロン・マスク ロブ・ディアー ウンベルト2世 塩崎潤 内野謙太 熊井啓 ナオミ・キャンベル グエン・ゴク・ロアン 石渡康浩 牧野節子 PUSHIM 辻理 アンドレア・ダンドロ ポール・モリター 大友康平 HIROKI ウィリアム・クラーク・イーストレイク 柿沼和恵 ペドロ・ディニス まち エマヌエーレ・クリアレーゼ うえだゆうじ ディーン・フジオカ ニール・テナント 小高早紀 野田知 ベルナール・ビュフェ 石弘之 香川真司 大河 唐川侑己 小岩井久美子 塚本幸一