インターネット辞典

エゼル・ヴァイツマンとは

エゼル・ヴァイツマン

エゼル・ヴァイツマン(ヘブライ語: עזר ויצמן‎, He-Ezer_Weitzman.ogg Ezer Weizman 、1924年6月15日 - 2005年4月24日)は、イスラエルの政治家、軍人。
第7代国防相。
第7代大統領を歴任。
イスラエル空軍(IAF)の父といわれる。
生涯 生い立ち イギリス統治時代のパレスチナ、テルアビブに生まれ、ハイファで育った。
父は農業経済学者であり、またイスラエル初代大統領を務めたハイム・ヴァイツマンは叔父に当たる。
レアリ高校を卒業後、レウマ・シュヴァルツと結婚し、2人の子供をもうけた。
息子の1人シャウルはエジプトとの消耗戦争で銃弾を受け重傷を負い、その後1991年には、彼の妻ラケルと共に交通事故で亡くなっている。
軍人としてのキャリア ヴァイツマンは1942年、ナチス・ドイツに対抗するためにイギリス陸軍に入隊し、エジプトとリビアで展開された西部砂漠方面作戦にトラックドライバーとして従軍した。


スポンサーリンク