インターネット辞典

アーサー・ルイスとは

アーサー・ルイス

ウィリアム・アーサー・ルイス(Sir William Arthur Lewis、1915年1月23日 - 1991年6月15日)は、イギリスの開発経済学者。
1979年にアーサーはセオドア・シュルツとともにアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞を受賞した。
アーサーは平和賞以外のノーベル賞を受賞した初の黒人である。
1983年、アメリカ経済学会会長。
生涯 1915年1月23日(0才) - 西インド諸島セントルシアに生まれた。
セントルシアの高校を卒業。
1934年(19才) - ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)に入学。
1937年(22才) - 理学士号を取る。
1938年(23才) - LSEで教え始める。
英国政府の商務省と植民省で過ごした戦時勤務期間を終わり、LSEに戻る(1948年まで在籍)。
1940年代初期 - マンチェスター大学よりMAを得、次いでロンドン大学より博士号を得る。
1948年(33才) - マンチェスター大学の経済学教授となる。
1953年(38才) - 黄金海岸政府のコンサルタントを務める。


スポンサーリンク