インターネット辞典

アルフレッド・マーシャルとは

アルフレッド・マーシャル

アルフレッド・マーシャル(英語: Alfred Marshall、1842年7月26日 - 1924年7月13日)は、イギリスの経済学者。
新古典派の経済学を代表する研究者。
ケンブリッジ大学教授を務め、ケンブリッジ学派と呼ばれる学派を形成した。
同大学の経済学科の独立にも尽力した。
主著は、『経済学原理』("Principles of Economics", 1890年)。
ジョン・メイナード・ケインズやアーサー・セシル・ピグーを育てたことでも知られる。
マーシャルは、彼の時代において最も有力な経済学者の一人となった。
彼の主著『経済学原理』では需要と供給の理論、すなわち限界効用と生産費用の首尾一貫した理論を束ね合わせた。
この本は長い間、イギリスで最も良く使われる経済学の教科書となった。
伝記 マーシャルは、1842年ロンドンのベルモンジー (Bermondsey) で生まれた。
ロンドン郊外のクラパン (Clapham) で成長し Merchant Taylor's School で教育を受け、そこで数学に対する素質を現した。


スポンサーリンク

注目の人名

村田雄浩 YURINO ジョージ・ベスト 森章剛 マーガレット・モールズワース デミ・ムーア 水谷舞 YUKO デーブ・ロバーツ パンチョ・ゴンザレス 坂田めぐみ 小松江里子 栗原幸信 バージニア・ウェード 香川敬三 マルコ・ロイス 寿ひずる 朝木智美 丸岡修 田村恵 李鍾郁 市河三喜 丸山詠二 小峰元 黒柳能生 オットー・ブレンデル カミーユ・ピサロ 李容九 マイケル・グリーン 盧武鉉 米森麻美 山崎唯 KEI 遠藤柳作 楠大典 エドワード1世 前田慶寧 代々木忠 アネッテ・ディトルト オリン・エッゲン 佐野洋 トーマス・ゴールド 伊井篤史 MCU 聖菜 岩切英司 マット・ヒューズ 国府田ひとみ 柿沼和恵 西靖 ペドロ・ディニス グジェゴシュ・フィテルベルク 福島敦子 アテフ・ハリム 栗原みきこ デイヴィッド・ギャレット うえだゆうじ SHELLY 牧野節子 塩崎潤 ハリー・ホーカー まち ミラン・ウイリアムズ 内野謙太 ナオミ・キャンベル アーヴィング・ペン ポール・モリター ディーン・フジオカ 八谷泰造 PUSHIM オキサイド・パン 辻理 石渡康浩 エル・シッド 熊井啓 唐川侑己 榎康弘 パーシャ・グリシュク ジョージ・キューカー 八木沢荘六 アンドレア・ダンドロ サム・ウッド 小高早紀 グエン・ゴク・ロアン アントニー・ヴァン・ホーボーケン HIROKI アルベルト TAKAHIRO 手嶋龍一 大山デブ子 古田紹欽 美月優 MAKO アルテミジア・ジェンティレスキ 真樹日佐夫 ネブ エマヌエーレ・クリアレーゼ 新村出 安田拡了 ウンベルト2世