インターネット辞典

アルフレッド・コルトーとは

アルフレッド・コルトー

アルフレッド・ドニ・コルトー(Alfred Denis Cortot, 1877年9月26日・スイス、ニヨン - 1962年6月15日・スイス、ローザンヌ)は、20世紀前半のフランスを代表するピアニスト、指揮者、教育者、著述家。
ブルゴーニュにルーツを持つフランス人を父として、ジュラ地方にルーツを持つスイス人を母としてスイスに生まれる。
彫刻家ジャン=ピエール・コルトーや作曲家エドガー・ヴァレーズは親戚にあたる。
苗字の本来の綴りはCortoであり、祖先はカタルーニャ出身とも考えられている。
2人の姉の指導ののち、パリ音楽院予備科でショパンから助言を得たことのあるエミール・デコムに、高等科ではルイ・ディエメに師事、1896年にショパンのバラード第4番で一等賞を受賞。
しかし、予備クラスを落第したこともあり、サン=サーンスから酷評されたこともあるなど、音楽院内の評価は当初あまり芳しくなかった。
ピアニストとして楽壇にデビューしたが、ワーグナーの作品に傾倒し、先輩であったエドゥアール・リスレール(1873-1929)に従ってバイロイトに赴き、1896年から1897年までバイロイト音楽祭の助手を務めた。


スポンサーリンク

注目の人名