ヴィヴァルディ:四季 冬 第3楽章-着信音

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi/1678 - 1741)ヴェネツィア/バロック後期。協奏曲第4番 ヘ短調、RV.297「冬」 アレグロ 私たちはゆっくりと用心深く、つまづいて倒れないようにして氷の上を歩く。ソロヴァイオリンは弓を長く使ってこの旋律を弾き、ゆっくりと静かな旋律に続く。しかし突然、滑って氷に叩きつけられた。氷が裂けて割れ、頑丈なドアから出ると外はシロッコと北風がビュービューと吹いていく。そんな冬であるが、もうすぐ楽しい春がやってくる。 四季 (ヴィヴァルディ) - Wikipedia




このページのQRコード

メールを送る


ヴィヴァルディ:四季 冬 第3楽章-着信音ダウンロード



その他の着信音