ヴィヴァルディ:四季 夏 第1楽章-着信音

/ringtones/data/sm0268.mp3

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi/1678 - 1741)ヴェネツィア/バロック後期。協奏曲第2番 ト短調、RV.315「夏」アレグロ・ノン・モルト-アレグロ。かんかんと照りつける太陽の絶え間ない暑さで人と羊の群れはぐったりしている。松の木も燃えそうに熱い。カッコウの声が聞こえる。そしてキジバトの囀りが聞える。北風がそよ風を突然脇へ追い払う。やって来る嵐が怖くて慄く。ヴァイオリンの一瞬一瞬の“間”に続いての絶え間ない音の連続が荒れる嵐を表現している。四季 (ヴィヴァルディ) - Wikipedia




このページのQRコード

メールを送る


ヴィヴァルディ:四季 夏 第1楽章-着信音ダウンロード



その他の着信音