ヴィヴァルディ:四季 春 第2楽章-着信音

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi/1678 - 1741)ヴェネツィア/バロック後期。協奏曲第1番ホ長調、RV.269「春」ラルゴ 。牧草地に花は咲き乱れ、空に伸びた枝の茂った葉はガサガサ音を立てる。羊飼は眠り、忠実な猟犬は(私の)そばにいる。弦楽器の静かな旋律にソロヴァイオリンがのどかなメロディを奏でる。ヴィオラの低いCis音が吠える犬を表現している。四季 (ヴィヴァルディ) - Wikipedia




このページのQRコード

メールを送る


ヴィヴァルディ:四季 春 第2楽章-着信音ダウンロード



その他の着信音