ヴィヴァルディ:四季 春 第1楽章-着信音

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi/1678 - 1741)ヴェネツィア/バロック後期。協奏曲第1番ホ長調、RV.269「春」アレグロ。春がやってきた、小鳥は喜び囀りながら祝っている。小川のせせらぎ、風が優しく撫でる。春を告げる雷が轟音を立て黒い雲が空を覆う、そして嵐は去り小鳥は素晴らしい声で歌う。鳥の声をソロヴァイオリンが高らかにそして華やかにうたいあげる。四季 (ヴィヴァルディ) - Wikipedia




このページのQRコード

メールを送る


ヴィヴァルディ:四季 春 第1楽章-着信音ダウンロード



その他の着信音