ウィリアム・シェイクスピアの名言

運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ。

ウィリアム・シェイクスピアの名言

このページのQRコード

メールを送る

注目の名言

大事なことは、愛されることよりも愛することだった。 許しとは、踏みにじられたスミレの花が、自分を踏みにじったかかとに放つ香りである。 すべての者は生まれながらに知恵を求める。 何のために意味なんか求めるんだ?人生は願望だ、意味じゃない。 人は兄弟姉妹として、共に生きていく術を学ばなければならない。それが出来なければ、私たちは愚か者として共に滅びることになる。 すべてはゆるすことから始まる、なぜなら、世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから。 男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。お互いに失望することは不可避だ。 私のやり方は、言うべき正しいことを最大限の骨を折って探し出し、その後、最大限の軽率さで言ってのけることである。 数学は、科学へとつながる鍵とドアである。 最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる。 偏見は、判断を持たない意見である。 一人になれた時、自分をとりもどせるの。 「ヌートピア」は国土を持たず、国境を持たず、旅券もなく、ただ住民がいる。 親切な言葉に費用はかからない。しかし、多くのことを成し遂げる。 愛とは、お互いに相手を知らない男女の間に発生するものである。 もし自由社会が、貧しい多数の人々を助けることができなければ、富める少数の人々も守ることができないだろう。 男性と平等でありたいと求めるような女性は、野心が足りていない。 真理を探究するのであれば、人生において一度は、あらゆる物事をできる限り深く疑ってみる必要がある。 平和を試してみよう!僕らが言ってるのはそれだけだ。 人生とは自分を見つけることではない。人生とは自分を創ることである。 恋は自然によって与えられ、想像によって刺繍されたカンバスである。 多くのことをなす近道は、一度にひとつのことだけすることだ。 子供の教育については、勉学の欲望と興味を喚起することが一番大切である。でないと結局、本を背負ったロバを養うことになる。 屋根を修理するなら、日が照っているうちに限る。 ほめられたら「ありがとう」だけ言えばいいのよ 運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ。 焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくる。 兵役を指名された人の2%が戦争拒否を声明すれば、政府は無力となります。なぜなら、どの国もその2%を越える人を収容する刑務所のスペースがないからです。 輝くもの、必ずしも金ならず。


ジェームズ・アレン-|詳細

くよくよと後悔することが 悲しみを呼びます。憎しみが 実りのない明日を創ります。

ジェームズ・アレン
James Allen(作家)
アルベルト・シュヴァイツァー-|詳細

世界中どこであろうと、振り返ればあなたを必要とする人がいる。

英文:Wherever a man turns he can find someone who needs him.

アルベルト・シュヴァイツァー
Albert Schweitzer(神学者|哲学者|医者|オルガニスト|音楽学者)
西郷隆盛-|詳細

志を貫くためには、玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志を曲げて瓦となってまで、生きながらえるのは恥とする。

西郷隆盛
さいごう たかもり(政治家)
落合博満-|詳細

基本に忠実に、普通のことを普通にさせた。見る方はつまらないかもしれないが、それが上達の一番の近道。

落合博満
おちあい ひろみつ(プロ野球選手)
ジャン=ジャック・ルソー-|詳細

学問とはわずかな時の間に、数百千年の人類の経験を受け取ることである。

ジャン=ジャック・ルソー
Jean-Jacques Rousseau(哲学者|政治哲学者|作曲家)
ビル・ゲイツ-|詳細

子供のころからたくさん本を読んで自分でものを考えろと言われて育った。両親は、本や政治や、その他いろいろなことについて、子供たちを交えて話し合った。

ビル・ゲイツ
William Henry "Bill" Gates III(実業家|慈善活動家|技術者|プログラマ|作家|教育者)
マハトマ・ガンディー-|詳細

心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世に無い。

マハトマ・ガンディー
()
松下幸之助-|詳細

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広いときもある。狭いときもある。のぼりもあれば、くだりもある。坦々としたときもあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまるときもあろう。なぐさめを求めたくなるときもあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、とにかくこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。他人の道に心を奪われ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

松下幸之助
()