孔子の名言

こうし 哲学者

知らざるを知らずとなす これ知るなり

英文:Confess your ignorance, and you will escape ignorance.

孔子の名言

このページのQRコード

メールを送る

注目の名言

怪物と闘う者は、自らも怪物にならぬよう、気をつけるべきだろう。深淵をのぞきこむ者は、深淵からものぞきこまれているのだ。 知らざるを知らずとなす これ知るなり できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。 私達の財産、それは私達の頭の中にあります。 自分自身の何かを創造している時は、限界なんてない。 神と悪魔が戦っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。 私は庶民の味方だ。そういう人間なんだ。 何のために意味なんか求めるんだ?人生は願望だ、意味じゃない。 恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。 大事なことは、愛されることよりも愛することだった。 人にものを教えることはできない。みずから気づく手助けができるだけだ。 知的な人々の中に幸福を見いだすことは滅多にない。 未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけず、リアウィンドウを見ながら、田舎道を運転するようなものだ。 すべての者は生まれながらに知恵を求める。 自信とは、問題の本質を理解していないときに現れるものだ。 成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。 いかなる事も、友に相談すべし。とりわけ、自分自身に関する事は。自己愛は判断を狂わすゆえ、友の助言は有益である。 私は、わがままでせっかちで少し不安定。ミスを犯すし、自分をコントロールできないときもある。でも、もしあなたが私の最悪の時にきちんと扱ってくれないなら、私の最高の瞬間を一緒に過ごす資格はない。 チャンスを生かせ!人生にはチャンスが満ちあふれている。普通、成功する人はチャンスを生かそうとする人だ。 状況?何が状況だ。俺が状況を作るのだ。 父親というのは、自分の子どものことは分からないものだ。 嘘は、生き続けることなどできない。 光の中を一人で歩むよりも、闇の中を友人と共に歩むほうが良い。 社会なんてものはない。個人としての男がいて、個人としての女がいて、家族がある。ただそれだけだ。 人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。 人生には、二つの道しかない。一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。 私は女だし、女であることを楽しんでるわ。 僕は人々を助け、そして愛することを決してやめない。イエスがそうしろと言ったようにね。 大きな悲しみには勇気をもって立ち向かい、小さな悲しみには忍耐をもって立ち向かえ。苦労して一日の仕事を終えたら安らかに眠れ。あとは神が守ってくださる。 準備しておこう。チャンスはいつか訪れるものだ。


アンドリュー・カーネギー-|詳細

お金が人間を堕落させるのではない。儲ける為だけに儲け、貯める為だけに貯めようとすることが人間を堕落させるのである。

アンドリュー・カーネギー
Andrew Carnegie(実業家)
アルトゥル・ショーペンハウアー-|詳細

永遠は一瞬の中にある。

アルトゥル・ショーペンハウアー
Arthur Schopenhauer(哲学者)
長嶋茂雄-|詳細

「あしたはきっと良いことがある」。その日、ベストを出しきって駄目だったとしても、僕はそう信じ、ただ夢中でバットを振ってきました。悔いはありません。

英文:長嶋茂雄

長嶋茂雄
ながしま しげお(元プロ野球選手|プロ野球監督)
王貞治-|詳細

やっぱり勝つと見えてくるものがあるんだよ。

王貞治
おう さだはる(プロ野球選手)
マーガレット・サッチャー-|詳細

私が生きている間に女性の首相が誕生するとは思えません。

英文:I don’t think there will be a woman Prime Minister in my lifetime.

マーガレット・サッチャー
Margaret Thatcher(政治家)
リチャード・バック-|詳細

プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことである。

英文:A professional writer is an amateur who didn’t quit.

リチャード・バック
()
吉川英治-|詳細

今日、民衆の中に何が一番欠けているか。自分を信じ、人を信じ、自分の仕事を信じ、自分の今日の生活を信じていくというような信念が非常に弱いと思う。

吉川英治
よしかわ えいじ()
マハトマ・ガンディー-|詳細

博愛を実践するには、最大の勇気が必要である。

マハトマ・ガンディー
()