長嶋茂雄の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

長嶋茂雄|29件。

長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年(昭和11年)2月20日 - )は、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。血液型はB型。 闘志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続け、多くの国民を熱狂させた。「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献した。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。 生い立ち 1936年、千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)に生まれた。父は「利(とし)」、母は「ちよ」。兄1人・姉2人の4人兄弟の末っ子である。生家は農家だったが、土地は貸し出し、父は町役場の収入役や助役をしていた。父は在所の世話役だけに短気ではなく、母は意志が強いしっかり者だった。 幼少時代、阪神タイガースの藤村富美男のプレーを見て野球選手を志すようになる。藤村への憧れから幼少期は阪神ファンだった。

長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント(ながしましげおインヴィテーショナル-)は、2005年から始まった日本ゴルフツアー機構(JGTO)の公認、セガサミーホールディングス セガサミーグループの主催により、北海道千歳市にあるザ・ノースカントリークラブで開催されている男子プロゴルフトーナメント方式 トーナメントである。2009年現在、賞金総額1億3000万円、優勝賞金2600万円2008年までは賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円で行われていた。。
2007年4月17日、大会を主催するセガサミーグループの発表により、同年の大会から現在読売ジャイアンツ 読売巨人軍終身名誉監督である長嶋茂雄を大会名誉会長に迎え、現在の大会名称で行われている。日本の男子ゴルフ大会ではこれまで中村寅吉選手の業績をたたえた「日経カップ 中村寅吉メモリアル」や、後援大会などで「平尾昌晃チャリティゴルフ 平尾昌晃プロアマチャリティーゴルフ」(現在も実施)、「アサヒビール・大橋巨泉ゴルフトーナメント」等が行われている。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

野球というスポーツは人生そのものです。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

少なくとも、セオリー通りの安全な道ばかり歩いていては、生きがいなんか生まれませんよ。ときには冒険も必要です。周囲の批判を恐れず、「俺はできるんだ」とやり抜く – それが男のロマンでしょう。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

僕は三塁のホットコーナーを守ってやってきた。三塁ベースは僕の恋人です。それが守れなくなったら潔く引退します。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

小さな白い球との長い戦いが終わったことを知りました。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

雨を喜び、風を楽しみ。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

口惜しかったさ、そりゃもう。でも、あれほどいい三振もなかった。あれほど生きた三振というのもなかった。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

プロなら陰の苦労や苦悩を人前でみせるべきでない。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

努力してますと練習を売り物にする選手は、プロフェッショナルといえない。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

スランプなんて気の迷い。ふだんやるべきことを精一杯やって、土台さえしっかりしていれば、スランプなんてありえない。ぼくはいつも、「オレは絶対打てる」という気持ちでボックスに立っていますよ。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

デビュー開幕戦でも4連続三振。監督としても最初は最下位。あとはよくなるばかりだと思うしかなかった。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

ウサギとカメならカメでいい。我慢する勇気が重要なんです。

長嶋茂雄 - ながしま しげお

挫折してもプライドは失わない、それは努力しているからだ。