道徳の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

道徳|31件。

ジェームズ・アレン - James Allen

不道徳な思いを抱けば、身体はすぐに病み衰えます。楽しく、美しい思いを抱けば、身体は若さと美しさにつつまれます。

アルベルト・アインシュタイン - Albert Einstein

人間にとって最も大切な努力は、自分の行動の中に道徳を追求していくことだ。

オーギュスト・ロダン - François-Auguste-René Rodin

芸術において不道徳は存在しない。芸術はつねに神聖である。

In art, immorality cannot exist. Art is always sacred.

アルベルト・シュヴァイツァー - Albert Schweitzer

力のある者は決して騒がない。力のある者ほど無言のまま働きかける。真の道徳は言葉の終わったところから始まる。

アルベルト・シュヴァイツァー - Albert Schweitzer

人間は自分に起こった問題を環境のせいにする癖を止めねばならぬ。そして自分の意志(信念と道徳に基づく自分自身の取るべき道)を訓練することを再び学ぶべきだ。

Man must cease attributing his problems to his environment, and learn again to exercise his will – his personal responsibility in the realm of faith and morals.

アルベルト・シュヴァイツァー - Albert Schweitzer

人間が本当に道徳的であるということは、自分が助力することのできるあらゆる生命を助け、どんな生命をも傷つけまいと熱望する、その熱望に従う場合だけである。

バートランド・アーサー・ウィリアム・ラッセル - Bertrand Arthur William Russell、3rd Earl Russell

道徳を云々するものにとっては、退屈こそひとつの重要な問題である。というのは、人類の罪悪の少なくとも半分は、退屈を恐れるあまりおかされるものであるから。

Boredom is… a vital problem for the moralist, since half the sins of mankind are caused by the fear of it.

ジョン・ラスキン - John Ruskin

宗教はたくさんあるが、道徳はひとつのみである。

There are many religions, but there is only one morality.

ブレーズ・パスカル - Blaise Pascal

真の雄弁は雄弁を軽蔑し、真の道徳は道徳を軽蔑する。哲学を軽蔑することこそ、真に哲学することである。

アルトゥル・ショーペンハウアー - Arthur Schopenhauer

礼節とは、道徳的にまた知的に貧弱な互いの性質を互いに無視し合いながら、非難しまいという暗黙のうちの協定である。

吉田松陰 - よしだ しょういん

法律をやぶったことについてのつぐないは、死罪になるにせよ、罪に服することによってできるが、もし人間道徳の根本義をやぶれば、誰に向かってつぐないえるか、つぐないようがないではありませぬか。

イマヌエル・カント - Immanuel Kant

酒は口を軽快にする。だが、酒はさらに心を打ち明けさせる。こうして酒はひとつの道徳的性質、つまり心の率直さを運ぶ物質である。

道徳(どうとく、英: morality)は、道徳的規範(どうとくてききはん)や道徳性(どうとくせい)などのこと。倫理(りんり)はいくつかの意味をもち、道徳を表すことが多い。モラルとも称される。 道徳は、次のような意味をもつ。 道徳 人間が無意識の内に世の中に存在するものと認識している正邪・善悪の規範。個人の価値観に依存するが、多くの場合は個々人の道徳観に共通性や一致が見られる。社会性とも関わる。道徳観 道徳に対する観方、捉え方。正邪・善悪の価値観。個々人の価値観に依存する。道徳的規範 道徳観に基づく規範。嘘(うそ)をつくことは悪いことだというように多くの人々から是認されている規範もあれば、動物を殺して食べるべきではないというような少数の人々が従う規範もある。道徳的社会規範(社会道徳) 社会や共同体において、その構成員の大多数によって共有される道徳観に基づき、より健全で快適な共同生活を送る為に守るべき、又は行うべきと考えられている規範、行動の指針のこと。

『老子道徳経』より : 老子道徳経(ろうしどうとくきょう) は、中国の春秋時代の思想家老子が書いたと伝えられる書。単に『老子』とも『道徳経』(繁体字: 道德經; 簡体字: 道德经; ピン音: Dàodéjīng Chinese-TaoTeChing.ogg 発音)とも表記される。また、老子五千言・五千言とも。『荘子』と並ぶ道家の代表的書物。道教では『道徳真経』ともいう。上篇(道経)と下篇(徳経)に分かれ、あわせて81章から構成される。 成立・伝来 伝説上の老子道徳経 老子は楚の人。隠君子として周の図書館の司書をつとめていた。孔子は洛陽に出向いて彼の教えを受けている。あるとき周の国勢が衰えるのを感じ、牛の背に乗って西方に向かった。函谷関を過ぎるとき、関守の尹喜(いんき、中文版)の求めに応じて上下二巻の書を書き上げた。それが現在に伝わる『道徳経』である。その後老子は関を出で、その終わりを知るものはいない。 文献学上の老子道徳経 しかし、現在の文献学では、伝説的な老子像と『道徳経』の成立過程は、少なくとも疑問視されている。

道徳駅(どうとくえき)は、愛知県名古屋市南区豊田1丁目にある名古屋鉄道常滑線の駅。駅集中管理システムを導入している無人駅である。 1912年(明治45年)2月18日 - 愛知電気鉄道の駅として開業。 1935年(昭和10年)8月1日 - 愛知電気鉄道が名岐鉄道と合併、名古屋鉄道の駅となる。 1944年(昭和19年) - 休止。 1945年(昭和20年)5月17日 - 空襲により駅舎被災。 1949年(昭和24年)10月1日 - 復活。 1980年(昭和55年)12月25日 - 橋上新駅舎完成。 1983年(昭和58年)8月7日 - 下り線(太田川方面)高架化。 1984年(昭和59年)11月3日 - 上り線(神宮前方面)高架化。 2005年(平成17年)1月15日 - トランパス対応化工事竣工。駅集中管理システム導入に伴い駅員無配置駅に。 2007年(平成19年)3月21日 - バリアフリー化。エレベーター使用開始。 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。

道徳教育(どうとくきょういく)とは、道徳的な心情を育て、判断力・実践意欲を持たせるなど、道徳性を養う教育のことを日本では主にいう。 現在学校でおこなわれる道徳教育については学習指導要領に規定されており、「道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて行うもの」であると示されている。つまり、国語科や社会科といった教科の授業や特別活動といった教科外活動(領域)においても道徳教育が行われるものとして位置づけられている。これは、道徳とは本来誰からも評価がなされない場合であっても当然のこととして行なわれなければならないものであることが一つの根拠となっている。即ち学校において行われる全ての活動は一つの例外もなく当然のこととして道徳的であることが求められると同時に、学校外における活動についても本来全ての活動は須らく道徳的であるべきことが求められる。そして、道徳的であることが結局は評価に値することともなる。 これまでは、小学校、中学校、中等教育学校の前期課程に教科外活動(領域)として道徳の時間の授業があったが、2015年(平成27年)3月27日の学習指導要領の一部改正により、これまで教科外活動(領域)であった小学校・中学校の「道徳」を、「特別の教科 道徳」とし、教科へ格上げした。

道徳劇(どうとくげき、英: morality Play)は、15世紀から16世紀、ヨーロッパ各地で演じられていた寓話的な演劇。 道徳劇では、様々な悪徳や美徳などの道徳的属性が人格化される。それらが人間の魂の中で争いあう過程を描き、悪に染まった人生よりも、神を敬い徳の篤い人生を送るべきこと示唆していく。 中世ヨーロッパの演劇は、宗教の影響下から抜け出し世俗の芸術に移行していったが、道徳劇はこの過程を促す一助となった。とはいえ道徳劇は、宗教に基づいた道徳観を提示し、民衆に教化することが主眼だった。このことは、神秘劇についても言える。 作者の知られた中で最古の道徳劇として、1150年頃に作られたヒルデガルト・フォン・ビンゲンの『オルド・ヴィルトゥトゥム(諸徳目の秩序)』が知られる。 また、代表的な道徳劇であり、印刷され現存する最も古い道徳劇としては、オランダの『エッケルライ』(14世紀末頃執筆と推定)を翻訳した作品と考えられている『エヴリマン』がある。

道徳公園(どうとくこうえん)は、愛知県名古屋市南区にある公園である。 略歴・概要 1821年(文政4年)の豪農・鷲尾善吉による開拓を記念した「鷲尾善吉翁頌徳碑」が建っている。 1925年(大正14年)、尾張徳川家が所有していた道徳前新田が名古屋桟橋倉庫に売却された後、宅地などとともに開発された。1928年(昭和3年)には皇太子殿下御降誕記念事業公園の一つとして議決されている。 当初は現在の道徳通まで広がる敷地と池をもっており、1927年(昭和2年)にはその半分近くを貸し出す形で、現在の名古屋市立道徳小学校(1940年創立)と名古屋市立大江中学校(1947年創立)あたりにマキノ・プロダクション中部撮影所が設立され、『忠魂義烈 実録忠臣蔵』が撮影されるなどしたが、牧野省三の死に伴い閉鎖された。

道徳教育(どうとくきょういく)とは、道徳的な心情を育て、判断力・実践意欲を持たせるなど、道徳性を養う教育のことを日本では主にいう。 現在学校でおこなわれる道徳教育については学習指導要領に規定されており、「道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて行うもの」であると示されている。つまり、国語科や社会科といった教科の授業や特別活動といった教科外活動(領域)においても道徳教育が行われるものとして位置づけられている。これは、道徳とは本来誰からも評価がなされない場合であっても当然のこととして行なわれなければならないものであることが一つの根拠となっている。即ち学校において行われる全ての活動は一つの例外もなく当然のこととして道徳的であることが求められると同時に、学校外における活動についても本来全ての活動は須らく道徳的であるべきことが求められる。そして、道徳的であることが結局は評価に値することともなる。 これまでは、小学校、中学校、中等教育学校の前期課程に教科外活動(領域)として道徳の時間の授業があったが、2015年(平成27年)3月27日の学習指導要領の一部改正により、これまで教科外活動(領域)であった小学校・中学校の「道徳」を、「特別の教科 道徳」とし、教科へ格上げした。

道徳再武装(どうとくさいぶそう、英: Moral Re-Armament、略称MRA)は、1921年にメソジストのフランク・ブックマン牧師率いるオックスフォード・グループが発展する形で発足した、国際的な道徳と精神を標榜する運動である。1938年に現在の名称となった。以後、ブックマンは1961年に死去するまでの23年間にわたりMRAを率いた。 MRAはキリスト教に端を発し、あらゆる宗教や社会的背景に属する人々によって構成される非政府の国際ネットワークである。MRAは、「4つの絶対標準」と呼ばれる考え方に則っている。MRAはその支持者に対して、政治的活動や社会的活動に参画することを奨励する。 2001年に、道徳再武装は、その名称をイニシアティブス・オブ・チェンジ(IofC、日本ではICと呼ばれることが多い)に変更した。非政府組織のICインターナショナルとして、国際連合や欧州評議会との連携も図ろうとしている。各国における取組には、アメリカにおける「都市における希望(Hope in the Cities)」やスイスにおける「人間の安全保障に関するコー会議」、インドの「ガバナンスのための拠点」、シエラレオネの「Hope Sierra Leone」などがある。

『道徳情操論』(どうとくじょうそうろん、英: The Theory of Moral Sentiments)は、1759年に出版されたアダム・スミスの著作。『道徳感情論』(どうとくかんじょうろん)とも。 主に近代市民社会における、個体として独立している個人が、「共感(sympathy)」をある種の原理として、まとまっていることを述べている。 具体的に言えば、人間は、利己的であり、他人に同調する。 道徳的適切さを指摘した上で、第三者である「公平な観察者」が「同感(sympathy)」でき、当事者は「内なる人」として内面化する。そして、常識(良心)とは、第三者の目で見るということで、「自己規制」しつつ相互行為するものである。そして、これにより、内なる道徳を持つ「フェアプレー」の世界である社会が形成されると主張する。 構成 第1部 - 行為(action)の適切性(propriety)について 第1篇 - 適切性(propriety)という感覚(sense)について 第2篇 - 適切性(propriety)と両立するさまざまな情念(passions)の程度について 第3篇 - 行為(action)の適切性(propriety)をめぐる人間の判断(judgement)に及ぼす幸運(prosperity)と不運(adversity)の効果(effects)について -- すなわち、後者よりも前者の状態にあるほうが、はるかに人間の是認(approbation)を得やすくなる理由は何か 第2部 - 利点(merit)と欠点(demerit)について、すなわち、報奨(reward)と罰(punishment)の対象について 第1篇 - 利点(merit)と欠点(demerit)という感覚(sense)について 第2篇 - 正義(justice)と善行(beneficence)について 第3篇 - 運(fortune)が人間の感情(sentiments)に及ぼす影響(influences)について -- 行為(actions)の利点(merit)と欠点(demerit)を中心に 第3部 - 我々自身の感情(sentiments)と行為(conduct)に関する我々の判断(judgements)の基礎(foundation)、および義務感(sense of duty)について 第4部 - 是認(approbation)という感情(sentiment)に対して効用(utility)がもつ効果(effect)について 第5部 - 道徳的(moral)な是認(approbation)や否認(disapprobation)という感情(sentiment)に対する慣習(custom)や流行(fashion)の影響(influence)について 第6部 - 美徳(virtue)の特徴(character)について 第1篇 - 本人自身の幸福(happiness)に影響(affect)するかぎりでの個人(individual)の特徴(character)について、すなわち賢明(prudence)さについて 第2篇 - 他人の幸福(happiness)に影響(affect)するかぎりで見た個人(individual)の特徴(character)について 第3篇 - 自制心(self-command)について 第7部 - 道徳哲学(moral philosophy)の体系(systems)について 第1篇 - 道徳感情(moral sentiments)の理論(theory)において検討(examine)されるべき問題(questions)について 第2篇 - 徳(virtue)の性質(nature)について与えられてきたさまざまな説明(accounts)について 第3篇 - 是認(approbation)の原動力(principle)をめぐって形成(form)されてきたさまざまな体系(systems)について 第4篇 - 道徳性(morality)に関する実践的規則(practical rules)をさまざまな著者(authors)が取り扱った方法(manner)について 日本語訳 『道徳感情論』村井章子・北川知子訳、日経BPクラシックス2014年 『道徳感情論』高哲男訳、講談社学術文庫2013年 『道徳感情論』水田洋訳、岩波文庫上下、2003年 『道徳情操論』米林富男訳、未來社上下、1969年 脚注・出典 関連項目 道徳感覚学派 外部リンク The Theory of Moral Semtiments (PDF) (英語) 原文 The Theory of Moral Semtiments (PDF) (英語) 原文 The Theory of Moral Semtiments (英語) 原文。

『道徳情操論』より : 『道徳情操論』(どうとくじょうそうろん、英: The Theory of Moral Sentiments)は、1759年に出版されたアダム・スミスの著作。『道徳感情論』(どうとくかんじょうろん)とも。 主に近代市民社会における、個体として独立している個人が、「共感(sympathy)」をある種の原理として、まとまっていることを述べている。 具体的に言えば、人間は、利己的であり、他人に同調する。 道徳的適切さを指摘した上で、第三者である「公平な観察者」が「同感(sympathy)」でき、当事者は「内なる人」として内面化する。そして、常識(良心)とは、第三者の目で見るということで、「自己規制」しつつ相互行為するものである。そして、これにより、内なる道徳を持つ「フェアプレー」の世界である社会が形成されると主張する。 構成 第1部 - 行為(action)の適切性(propriety)について 第1篇 - 適切性(propriety)という感覚(sense)について 第2篇 - 適切性(propriety)と両立するさまざまな情念(passions)の程度について 第3篇 - 行為(action)の適切性(propriety)をめぐる人間の判断(judgement)に及ぼす幸運(prosperity)と不運(adversity)の効果(effects)について -- すなわち、後者よりも前者の状態にあるほうが、はるかに人間の是認(approbation)を得やすくなる理由は何か 第2部 - 利点(merit)と欠点(demerit)について、すなわち、報奨(reward)と罰(punishment)の対象について 第1篇 - 利点(merit)と欠点(demerit)という感覚(sense)について 第2篇 - 正義(justice)と善行(beneficence)について 第3篇 - 運(fortune)が人間の感情(sentiments)に及ぼす影響(influences)について -- 行為(actions)の利点(merit)と欠点(demerit)を中心に 第3部 - 我々自身の感情(sentiments)と行為(conduct)に関する我々の判断(judgements)の基礎(foundation)、および義務感(sense of duty)について 第4部 - 是認(approbation)という感情(sentiment)に対して効用(utility)がもつ効果(effect)について 第5部 - 道徳的(moral)な是認(approbation)や否認(disapprobation)という感情(sentiment)に対する慣習(custom)や流行(fashion)の影響(influence)について 第6部 - 美徳(virtue)の特徴(character)について 第1篇 - 本人自身の幸福(happiness)に影響(affect)するかぎりでの個人(individual)の特徴(character)について、すなわち賢明(prudence)さについて 第2篇 - 他人の幸福(happiness)に影響(affect)するかぎりで見た個人(individual)の特徴(character)について 第3篇 - 自制心(self-command)について 第7部 - 道徳哲学(moral philosophy)の体系(systems)について 第1篇 - 道徳感情(moral sentiments)の理論(theory)において検討(examine)されるべき問題(questions)について 第2篇 - 徳(virtue)の性質(nature)について与えられてきたさまざまな説明(accounts)について 第3篇 - 是認(approbation)の原動力(principle)をめぐって形成(form)されてきたさまざまな体系(systems)について 第4篇 - 道徳性(morality)に関する実践的規則(practical rules)をさまざまな著者(authors)が取り扱った方法(manner)について 日本語訳 『道徳感情論』村井章子・北川知子訳、日経BPクラシックス2014年 『道徳感情論』高哲男訳、講談社学術文庫2013年 『道徳感情論』水田洋訳、岩波文庫上下、2003年 『道徳情操論』米林富男訳、未來社上下、1969年 脚注・出典 関連項目 道徳感覚学派 外部リンク The Theory of Moral Semtiments (PDF) (英語) 原文 The Theory of Moral Semtiments (PDF) (英語) 原文 The Theory of Moral Semtiments (英語) 原文。