荒木飛呂彦の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

荒木飛呂彦|6件。

荒木飛呂彦 - あらきひろひこ

理科系は人間を必ずしも幸せにはしていないなという意見があるからです。

荒木飛呂彦 - あらきひろひこ

「JOJO」に関わった人は数知れず。でも、全員に友情と尊敬の念を忘れてはいけないと思うのです。深い感謝です。

荒木飛呂彦 - あらきひろひこ

東京都の水道水で毎日顔を洗ってるくらいです。

荒木飛呂彦 - あらきひろひこ

だれもが、お金や物質的な利益を求めているのは危険だと思う。もっと精神的な豊かさが必要だ!

荒木飛呂彦 - あらきひろひこ

なにはともあれ、想像力を刺激されるのって楽しいなと思ったのでした。

荒木飛呂彦 - あらきひろひこ

この仕事にかぎらず、「いつまでも新人のような気持ちでいる」そう思うことが大切なような気がします。新人は出会うもの全て新鮮で先輩を尊敬し、目標に向かって突き進んでいけばいい。実に理想的精神状態です。

荒木 飛呂彦(あらき ひろひこ、1960年6月7日 - )は、日本の漫画家。宮城県仙台市若林区出身。東北学院榴ヶ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒。身長169.5cm、体重(2007年現在)61kg、血液型はB型。既婚者で二女の父。本名は利之 1980年(昭和55年)、「武装ポーカー」でデビュー(荒木 利之(あらき としゆき)名義)。代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)1987年1・2号から連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』。同作品は複数の部に分かれ、主人公や舞台を変えながら20年以上に渡って連載され続けており、シリーズ総計115巻(2015年12月現在)、発行部数は9000万部(2014年9月時点)。その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている。 小学生時代は少年野球をしており、中学時代は剣道部に所属。幼少期から「ひとりの世界」に浸るのが好きで、早くから漫画も描いていた。当時は梶原一騎の漫画作品『巨人の星』(川崎のぼる画)、『あしたのジョー』(ちばてつや画)などを愛読、また白土三平の忍者・歴史漫画『サスケ』と『カムイ伝』の理論的な作風に影響を受けた。