羽生善治の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

羽生善治|65件。

羽生善治 - はぶ よしはる

自分自身を裏切らない努力の姿勢が 未来の結果として現れてくる。

羽生善治 - はぶ よしはる

細かく考えすぎたらその場から動けないし、だいたいで動いているだけでは目的地につくことはできない。

羽生善治 - はぶ よしはる

人間には二通りあると思っている。不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間だ。

羽生善治 - はぶ よしはる

相手のことを知るよりも、自分自身が強くなればそれで済む世界だし、それを目指した方が本筋というか、王道という気がする。

羽生善治 - はぶ よしはる

新しい試みがうまくいくことは半分もない。でもやらないと、自分の世界が固まってしまう。

羽生善治 - はぶ よしはる

「いかに戦うか」は大局観にかかわるが、その具体的な戦略は事前研究が決め手になる。事前にしっかり準備して万全の態勢で、対局に臨んでくる人は強い。

羽生善治 - はぶ よしはる

勝負の世界では、「これでよし」と消極的な姿勢になることが一番怖い。常に前進を目ざさないと、そこでストップし、後退が始まってしまう。

羽生善治 - はぶ よしはる

誰でも最初は真似から始める。しかし、丸暗記しようとするのではなく、どうしてその人がその航路をたどったのか、どういう過程でそこにたどり着いたのか、その過程を理解することが大切だ。

羽生善治 - はぶ よしはる

ビジネスや会社経営でも同じでしょうが、一回でも実践してみると、頭の中だけで考えていたことの何倍もの「学び」がある。

羽生善治 - はぶ よしはる

リスクを避けていては、その対戦に勝ったとしてもいい将棋は残すことはできない。次のステップにもならない。それこそ、私にとっては大いなるリスクである。いい結果は生まれない。私は、積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にすると、いつも自分に言い聞かせている。

羽生善治 - はぶ よしはる

意表を突かれることに驚いてはいけない。

羽生善治 - はぶ よしはる

大きく見ることと小さく突き詰めていくこと、このバランスが大切なのだと思う。

羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 - )は、日本の将棋棋士。二上達也九段門下。棋士番号は175。 1996年2月14日、将棋界で初の7タイトル独占を達成。 全7タイトルのうち竜王を除く6つでの永世称号(永世名人(十九世名人)・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格を保持(いわゆる「永世六冠」)。さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、7つの永世称号の保持は史上初。 通算優勝回数148回、公式戦優勝回数138回、タイトル獲得94期、タイトル戦登場125回、同一タイトル戦25回連続登場(王座)、同一タイトル獲得通算23期(王座)は歴代単独1位、一般棋戦優勝回数44回は大山康晴と並んで歴代1位タイの記録である。また、非タイトル戦優勝回数54回、非公式戦優勝回数10回、最優秀棋士賞21回、獲得賞金・対局料ランキング首位21回も歴代1位である。詳細は主な成績を参照。 1991年に初タイトルの棋王を獲得して以降、いずれかのタイトルを25年に渡って維持しており、一冠までに追い込まれたのは2004年のわずか89日間(王座)のみである。