織田信長の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

織田信長|16件。

織田信長 - おだ のぶなが

およそ勝負は時の運によるもので、計画して勝てるものではない。功名は武士の本意とはいっても、そのあり方によるものだ。いまその方の功名は軽率な動きである。一方の大将となろうとする者は、そのような功名を願ってはならぬ。身の危ういのをかえりみないのは、それほど手柄と言うことはできない。今後はこの心を忘れるな。

織田信長 - おだ のぶなが

器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。

織田信長 - おだ のぶなが

愚かな間違いを犯したら、たとえ生きて帰ってきてもワシの目の前に姿を見せるな。

織田信長 - おだ のぶなが

人間の50年の生涯は儚いものだ。死なない者は存在しない。

織田信長 - おだ のぶなが

組織に貢献してくれるのは優秀な者よりも能力は並の上だが、忠実な者の方だ。

織田信長 - おだ のぶなが

攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。

織田信長 - おだ のぶなが

仕事は探してやるものだ。自分が創り出すものだ。与えられた仕事だけをやるのは雑兵だ。

織田信長 - おだ のぶなが

人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。用を言いつけられなかったからといって、そのまま退出するようでは役に立たない。その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。

織田信長 - おだ のぶなが

戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ。

織田信長 - おだ のぶなが

人を用ふるの者は、能否を択ぶべし、何ぞ新故を論ぜん。

織田信長 - おだ のぶなが

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。

織田 信長(おだ のぶなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の一人。 尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男。 尾張守護代の織田氏の中でも庶流・弾正忠家の生まれであったが、父の代から主家の清洲織田氏(織田大和守家)や尾張守護の斯波氏をも凌ぐ力をつけ、家督争いの混乱を収めて尾張を統一し、桶狭間の戦いで今川義元を討ち取ると、婚姻による同盟策などを駆使しながら領土を拡大した。足利義昭を奉じて上洛すると、将軍、次いでは天皇の権威を利用して天下に号令。後には義昭を追放して室町幕府を事実上滅ぼし、畿内を中心に強力な中央集権的政権(織田政権)を確立して天下人となった。これによって他の有力な大名を抑えて戦国乱世の終焉に道筋をつけた。 しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で没し、信長の政権は、豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。

『織田信長伝』(おだのぶながでん)は、コーエーより発売されたパソコン用ゲームソフトである。
同社が提唱する独自のゲームジャンルであるリコエイションゲームから独立した「英傑伝シリーズ」4作目でもある。
1998年9月発売(Microsoft Windows版)。コーエー定番シリーズとして廉価版(Windows)も発売されており、プレイステーションへの移植も行われている。
ターン制ストラテジー ターン制のシミュレーションRPG。シナリオに沿ってゲームを進めていくが、途中でストーリーが2つに分岐する。
プレイヤーは織田家の織田信長となって日本の統一を目指す。ストーリー分岐によって、史実通りに一生を終えるか、本能寺の変を回避して天下を統一するかが分かれる。

『織田信長』(おだのぶなが)は、1989年1月1日にTBSで放映されたTBS大型時代劇スペシャルである。2014年12月7日にBS-TBSで12:00~16:55の枠で再放送された。 織田信長が「おおうつけ」と呼ばれていた若殿時代から天下人と目される有力な戦国大名の1人にまで成長するまでを描いた作品。 天文17年(1548年)に起こった、信長の父、織田信秀と今川義元との戦いである小豆坂の戦い(第2次)からストーリーが始まり、父より織田家の家督を継ぎ、義父の斎藤道三をはじめとした人々との出会いを経て戦国大名として成長し、天下布武への道をひた走り、壮大な安土城を築城するまで(天正4年(1576年))を描いている。 物語中盤の見どころは桶狭間の戦いとなっている。 あらすじ キャスト 織田信長:渡辺謙 お濃:名取裕子 徳川家康:真田広之 寧々:かたせ梨乃 お松:藤真利子 明智光秀:篠田三郎 斎藤道三:松方弘樹 平手政秀:若山富三郎 浅井長政:根津甚八 堀田道空:長門裕之 お市の侍女:南田洋子 各務野:二宮さよ子 浅井久政:丹波哲郎 羽柴秀吉:黒崎輝 織田信行:坂上忍 お市:伊藤智恵理→加納みゆき 阿茶:野村真美 織田信友:鈴木瑞穂 柴田勝家:成瀬正孝 前田利家:美木良介 服部小平太:辰巳琢郎 佐々隼人正:円谷浩 佐々孫介:赤塚真人 林佐渡:綿引勝彦 林美作:高岡健二 池田勝三郎:伊吹剛 細川藤孝:西沢利明 長井隼人:宮内洋 斎藤義龍:金田明夫 遠藤喜右衛門:品川隆二 朝比奈泰能:有川正治 浅野又右衛門:織本順吉 今川義元:佐川満男 足利義昭:大橋吾郎 朝倉義景:中条きよし 公家:ケーシー高峰 戸田御前:司葉子 こよ:十朱幸代 織田信秀:千葉真一 語り - 緒形拳 その他 - 森川正太、仁科幸子、高梨亜矢、真矢武、関根大学、真夏竜吾、大前均、きくち英一、唐沢民賢、野口貴史、甲斐道夫、稲田龍雄、崎津隆介 ほか スタッフ 監督 - 中島貞夫 原作・脚本 - 高田宏治 音楽 - 佐藤勝 主題歌 - HOUND DOG「NO NAME HEROES」 技斗 - 谷明憲 特技 - ジャパン・アクション・クラブ 能指導 - 茂山千五郎 製作者 - 日下部五朗 企画 - 佐伯明、清水敬三 プロデュース - 中山正久、浜井誠 製作 - TBS、東映 脚注 ==。