結婚の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

結婚|72件。

両津 勘吉 - りょうつ かんきち

ギャンブルのどこが悪い!
入試 就職 結婚 みんなギャンブルみたいなもんだろ!
人生すべて博打だぞ!

江頭2:50 - えがしら にじごじゅっぷん

俺にもし子供がいたとして、その子が風邪で寝込んだら俺はめちゃイケ行かないぜ?だから結婚はしない。

江頭2:50 - えがしら にじごじゅっぷん

俺のライブに来てるやつらの顔を見てると結婚はおろか、 恋愛もまともにできないんじゃないかっていうような奴らばかり。 だけど、俺はそういう奴らのためにこそ「お笑い」をやりたい。

石田純一 - いしだ じゅんいち

判断力を無くして結婚し 忍耐力を無くして離婚する そして記憶力を無くして再婚する

明石家さんま - あかしや さんま

結婚はゴールではない!スタート!しかも途中から障害物競争に変わる

アルベルト・アインシュタイン - Albert Einstein

ある偶然の出来事を維持しようとする不幸な試みを結婚という。

トーマス・フラー - Thomas Fuller

結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ。

トーマス・フラー - Thomas Fuller

結婚生活に幸福を期待しすぎて、失望しないように気をつけなさい。ウグイスは春に2、3ヶ月だけは鳴くが、卵をかえしてしまうと、あとはずっと鳴かないものだ。

マルティン・ルター - Martin Luther

良い結婚よりも、美しく、友情があり、魅力的な関係や団体、集まりはない。

There is no more lovely, friendly and charming relationship, communion or company than a good marriage.

マルティン・ルター - Martin Luther

この世を動かす力は希望である。やがて成長して新しい種子が得られるという希望がなければ、農夫は畠に種をまかない。子供が生まれるという希望がなければ、若者は結婚できない。利益が得られるという希望がなければ、商人は商売にとりかからない。

ジョセフ・マーフィー - Joseph Murphy

俗にいう不倫な恋愛関係が真実の愛であることもありえます。ただしそれは、相手が今の結婚が間違いであったことを認め、あなたと新しくやり直す気持ちを持っている場合です。

デール・カーネギー - Dale Breckenridge Carnegie

もし結婚生活が暗礁に乗り上げそうになったら、自分の伴侶の好ましいところと、夫や妻としての自分の至らないところを表にして比較してはどうか。人生の転機となるかも知れない。

結婚(けっこん 英語: marriage)とは、夫婦になること。類似概念に婚姻(こんいん)があり、社会的に承認された夫と妻の結合をいう。後述のように学術的には「結婚」はもっぱら配偶関係の締結を指し、「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めて指している 概念 日本語の表現 「結婚」と「婚姻」先述のように学術的には「結婚」は配偶関係の締結を指し、「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めた概念として用いられている。平凡社世界大百科事典やブリタニカ国際大百科事典などの百科事典では「婚姻」を項目として立てている。 法概念としても「結婚」ではなく「婚姻」のほうが用いられている。日本の民法上でも「婚姻」と表現されており(民法731条)、講学上においても法概念としては「婚姻」が用いられる。 一方、日常用語としては「結婚」という表現が用いられる頻度が増えている。広辞苑では「婚姻」の定義として、「結婚すること」とした上で、「夫婦間の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子が嫡出子として認められる関係」としている。

結婚披露宴(けっこんひろうえん)は、結婚を広く発表するため、親戚・知人・友人らを招いて催す宴会。 結婚を広く地域・社会に知らせ、皆で祝う結婚披露宴を催す習俗は、世界各地に古くから見られる。結婚披露宴は、宗教的色彩の濃い儀式としての結婚式(婚礼)と併せて開かれることが多く、結婚式と結婚披露宴を一体として結婚式(婚礼)ということもある。 古くは、結婚披露宴をもって結婚の成立とした。その後、宗教の組織化と社会制度の整備により、宗教的儀式たる結婚式が重視され、結婚式をもって結婚の成立とみなされるようになり、結婚披露宴はそれに付随する宴会となった。現代では、多くの国で結婚(婚姻)は単に民事契約とされているものの、結婚式の宗教的色彩は色濃く継承され、結婚披露宴も広く行われている。儀式としての結婚式の詳細については「結婚式」の項を参照のこと。 日本における結婚披露宴 日本の結婚形態は、古代から中世、中世から近代、現代と、大きく3期に分けてその変遷が説明される。

『結婚しようよ』(けっこんしようよ)は、星里もちるによる日本の漫画作品。小学館の『ビッグコミックスピリッツ』で1995年第1号まで掲載された。その後、特別編とも言える「Special Lesson」が『週刊ビッグコミックスピリッツ増刊号』1995年3月号に掲載された。
紺野雅寿は大学時代からの恋人である見城早苗と同じ会社に入社した。そして2人は新たに設立された結婚式場を運営するブライダル課に配属され、早苗との結婚に夢を見ていた雅寿は配属早々にプロポーズした。2人はお互いに愛し合ってはいたものの、早苗は結婚に疑問を抱いていた。折に触れ話し合う2人だったが逆に喧嘩は絶えず、プロポーズの日を境に溝は深まっていった。
結婚式場で衣装などを担当する業者として、小坂祥子が雅寿の前に現れる。祥子は結婚することが夢だと言い、同じ結婚観を持つ雅寿は意気投合する。他方、雅寿を愛するもののすれ違いに悩む早苗には、離婚歴のある柿坂一樹が親身に相談に乗るようになっていった。

結婚式(けっこんしき、ドイツ語: Hochzeit、英語: Wedding、フランス語: Noces)とは、婚姻を成立させるため、もしくは確認するための儀式である。片仮名でウェディングまたはウエディングと表記することもある。 「儀式としての結婚式」が終了した後の宴会に関しては、「結婚披露宴」の項を参照のこと。 古くから世界各地に見られる。地域により様々な様式があるが、どの地域でも喜びの儀式である。一般に、結婚式の後に結婚披露宴を行うケースでは、結婚式それ自体は比較的少人数でとりおこなわれ、結婚披露宴は親族一同や知人まで含めて数十人~数百人と参加者の人数が膨らむことが多い。 結婚式の様式 民族によって伝統の結婚式がある。宗教によるものとそうでないものがある。 結婚式が行われる場所 宗教的な場で行われるもの、行政的な場で行われるもの、家族の家で行われるもの、商業的な施設で行われるものなどがある。

『結婚できない男』(けっこんできないおとこ)は、関西テレビの企画・制作、フジテレビ系列で2006年7月4日から9月19日まで火曜22:00-22:54に放送された阿部寛主演のテレビドラマ。全12回。 なお、このドラマのリメイク版が2009年6月から韓国のKBS(韓国放送公社)で放送された。本項はこちらについても記載する。 ストーリー 建築家・桑野信介は、仕事の評価は高く、ルックスも悪くない。しかし、皮肉屋で偏屈な性格から、女性や結婚に対して嫌悪感を示し、40歳になるまで独身の「結婚できない男」であった。高級マンションに1人暮らし、1人きりで食事をして買い物をするという、気ままな独身生活を楽しんではいるが、どこか空しさも感じ始めていた。 ある日、激しい腹痛を起こした桑野は、隣に住むOL・みちるに助けられ、義弟の中川良雄が副院長を務める病院に搬送される。桑野は大腸の検査を嫌い、腹痛が治まると女医の早坂夏美が止めるのも聞かず帰宅してしまう。その数日後、40歳の誕生日に痛みが再発し、またも病院に搬送された桑野は、夏美に服を剥ぎ取られ検査を受ける。

結婚相談所(けっこんそうだんじょ)は、結婚を希望する独身の男性・女性の会員に、結婚を前提とした出会いを提供し、出会いの際の日時調整から、お引合せ、交際から結婚に到るまでのフォローなども含めてサービスを提供する結婚情報サービスの業者、または公共サービスをさす。従業員1~2名の個人業者から、会員数数千名の会社まで、また市役所、村役場などの地方自治体にも大小の相談所が全国で数多く存在する。 入会資格は、独身で結婚を前提としたお付き合いを希望する人となっている。国際結婚希望者や、身体障害者で結婚を希望する人といったような、細分化されたサービスを提供する業者もある。 男性の場合は、安定した収入が求められ、年齢制限は緩いものの、定年退職者を除いて、定職についているということが入会条件になっている会社が多い。入会に当たっては、独身証明(戸籍抄本など)、卒業証明、在職証明などの本人確認の書類の提出を必要とする会社がほとんどである。 結婚相談所のサービスの特徴 結婚情報サービスが独身男女の“出会い”そのものに重きを置いているのに対し、結婚相談所の大きな特徴は、“出会い”だけでなく、会員に“結婚”してもらうことに重きを置いている場合が多い。

『結婚披露宴〜人生最悪の3時間〜』(けっこんひろうえん〜じんせいさいあくのさんじかん〜)は、青春★ENERGY枠内で放送されたテレビドラマ。
放送期間は2007年1月10日〜3月21日。最終回は番外編で出演者による裏話を放送した。
ちゃきちゃきの江戸っ子気質の和久井貴裕と浜田アヤの結婚披露宴当日。だが、披露宴開演直前、事件は起こった。なんと、アヤは披露宴を目前にして失踪してしまったのだ。
和久井貴裕:大倉孝二
このドラマの主人公。優柔不断な性格。学生時代に劇団に所属。
沢口由香里:山口紗弥加
劇団の元看板女優。貴裕の元彼女。代役で花嫁をやる事になってしまった。
小松清史:相島一之 - 披露宴の担当者
鮫島冴子:畠山明子 - 披露宴の司会

結婚に一番近くて遠い女(けっこんにいちばんちかくてとおいおんな)は、2015年3月6日に日本テレビ系列で放送された日本の単発スペシャルテレビドラマである。『金曜ロードSHOW!』で放送された特別ドラマ企画である。 「ブス」 「美人」 女性はこの2つの言葉で人生を左右される。ただし、歩く道筋の幸不幸は誰にもわからない。 このドラマのヒロインは「ブス」のカテゴリーに入る、ウエディングプランナーである。幼少期からの外見のコンプレックスを抱えつつ、他人の幸せのために、持ち前の陽気さで結婚式場を奔走する活躍譚である。 キャスト 結婚式場「トゥルー・ラブ・ブライダル」別府すみれ(ウエディングプランナー):イモトアヤコ 橘宗一郎(新任社長・経営者一族出身):城田優 梅宮瞳(支配人):ともさかりえ 須藤ユリ(ウエディングプランナー・すみれの後輩):新川優愛すみれの家族別府哲郎(父):草刈正雄 別府さくら(母・故人):奥貫薫関係者佐藤カンナ(新婦・すみれの高校時代の親友):佐々木希(高校生期:富山えり子) 鈴木祐介(新郎):和田正人 藤枝美栄子(宗一郎の思い人):稲森いずみその他居酒屋店員(スーパーエキストラ):劇団ひとり、椿鬼奴 冒頭部の修羅場の新郎新婦:金井勇太、野村麻純 宗一郎の両親:山口いづみ、小倉一郎 須藤虎雄(宗一郎の許婚の父):山田明郷 少女時代のすみれを振った男児:出井絢翔(幼少期)、須田琉雅(小学生期)、中野魁星(小学生期)、相馬眞太(中学生期) 松岡(すみれの高校時代の思い人):中山龍也 ビル建築現場の警備員:武田幸三 曽田茉莉江、井上肇、砂川禎一郎、藤白すみれ、川瀬佐知、大森輝順、メクダシカリル スタッフ 脚本監修:遊川和彦 脚本:塩塚夢 演出:星田良子 音楽:窪田ミナ ウエディング協力:ライフランド、ラ・フォレスタ・ディ・マニフィカ 特殊メイク:藤原カクセイ 技術協力:NiTRo 美術協力:日テレアート 音響効果:スポット チーフプロデューサー:伊藤響 プロデューサー:高明希、大森美孝(AXON) 制作協力:日テレアックスオン 製作著作:日本テレビ 備考 イモトの『金曜ロード』出演ドラマは、2014年2月28日放送の『最高のおもてなし』(20:54 - 22:54)以来1年1週間振り。

結婚記念日(けっこんきねんび)は、結婚した日を記念した日。 結婚記念日は、結婚した日を記念した日である。いつをそうと決めるのかには、婚姻届を提出した日とする考え、結婚式(≒結婚披露宴)挙行日とする考えの二つがある。当事者である2人のみで祝うほか、子供が親に対して祝う場合もある。また、金婚式や銀婚式などの節目の年に盛大に祝う場合もある。また、結婚に関する価値観が多様化し、夫婦別姓、法律上の届出をしない結婚、できちゃった結婚(当事者間の子供の妊娠が確認された後の結婚)などが社会に浸透するにつれ、両性が結婚の合意に達した日を結婚記念日とする場合も増えている。 それぞれの結婚記念日には、結婚式からの経過年数によって名称があり、その名に相応しい贈り物を夫婦間で交換する人もいる。 略称 以下はイギリス式で、15年目までは1年単位、以後は5年単位で祝う。 1周年:紙婚式 2周年:藁婚式、綿婚式 3周年:革婚式、糖果婚式 4周年:花と果実婚式、(絹婚式、リンネル婚式)、皮婚式(皮革婚式)、書籍婚式 5周年:木婚式 6周年:鉄婚式 7周年:銅婚式 8周年:青銅婚式、ゴム婚式、電気器具婚式 9周年:陶器婚式 10周年:アルミ婚式、錫婚式 11周年:鋼鉄婚式 12周年:絹婚式、亜麻婚式 13周年:レース婚式 14周年:象牙婚式 15周年:水晶婚式 20周年:磁器婚式、陶器婚式 25周年:銀婚式 30周年:真珠婚式 35周年:珊瑚婚式 40周年:ルビー婚式 45周年:サファイア婚式 50周年:金婚式 55周年:エメラルド婚式 60周年:ダイヤモンド婚式 70周年:プラチナ婚式外国ではこの上に75年目が“ダイヤと金”、80年目が“樫”、85年目が“ワイン”と続く(下記参照)。

『結婚記念日』より : 結婚記念日(けっこんきねんび)は、結婚した日を記念した日。 結婚記念日は、結婚した日を記念した日である。いつをそうと決めるのかには、婚姻届を提出した日とする考え、結婚式(≒結婚披露宴)挙行日とする考えの二つがある。当事者である2人のみで祝うほか、子供が親に対して祝う場合もある。また、金婚式や銀婚式などの節目の年に盛大に祝う場合もある。また、結婚に関する価値観が多様化し、夫婦別姓、法律上の届出をしない結婚、できちゃった結婚(当事者間の子供の妊娠が確認された後の結婚)などが社会に浸透するにつれ、両性が結婚の合意に達した日を結婚記念日とする場合も増えている。 それぞれの結婚記念日には、結婚式からの経過年数によって名称があり、その名に相応しい贈り物を夫婦間で交換する人もいる。 略称 以下はイギリス式で、15年目までは1年単位、以後は5年単位で祝う。 1周年:紙婚式 2周年:藁婚式、綿婚式 3周年:革婚式、糖果婚式 4周年:花と果実婚式、(絹婚式、リンネル婚式)、皮婚式(皮革婚式)、書籍婚式 5周年:木婚式 6周年:鉄婚式 7周年:銅婚式 8周年:青銅婚式、ゴム婚式、電気器具婚式 9周年:陶器婚式 10周年:アルミ婚式、錫婚式 11周年:鋼鉄婚式 12周年:絹婚式、亜麻婚式 13周年:レース婚式 14周年:象牙婚式 15周年:水晶婚式 20周年:磁器婚式、陶器婚式 25周年:銀婚式 30周年:真珠婚式 35周年:珊瑚婚式 40周年:ルビー婚式 45周年:サファイア婚式 50周年:金婚式 55周年:エメラルド婚式 60周年:ダイヤモンド婚式 70周年:プラチナ婚式外国ではこの上に75年目が“ダイヤと金”、80年目が“樫”、85年目が“ワイン”と続く(下記参照)。

『結婚式へ行こう!』(けっこんしきへいこう)は、TBSテレビ TBS系列「愛の劇場」枠で2006年12月18日から2007年3月9日までの月曜日〜金曜日の13:00〜13:30(日本標準時 JST)に放送されたテレビドラマのタイトルである。
桐島あおい - 石橋奈美
五十嵐柊平 - 山中聡
北沢真琴 - 木下あゆ美
西川佳江 - 山下裕子
早坂 泉 - 原史奈
関根佐知子 - 豊川栄順
山崎ユリ - 春木珠杏
近藤雄哉 - 山口翔悟
間宮亜樹 - 本多裕香
大原理沙 - 麻由 福之上真友
武内真里子 - 加茂美穂子
木村智美 - 土肥美緒
杉浦早紀 - 林寿美
桐島美代子 - 増子倭文枝
桐島健太 - 古澤蓮
桐島弘道 - 佐々木勝彦
五十嵐亮介 - 坂上忍

結婚しようよ(けっこんしようよ)はTBSテレビ TBS系列で1996年4月11日~6月27日に放送されたテレビドラマ。
殿山圭太郎:江口洋介 
唯川美羽:石田ひかり 
殿山蓮:益田圭太 
杉村純也:草なぎ剛 草彅剛
唯川琴里:馬渕英里何 
大宮慎治:金田明夫 
川井澄子:柴田理恵 
金沢文丈:徳井優 
園部伸子:宮地雅子 
高原渚:麻生祐未 
殿山達郎:松方弘樹
主題歌「TRAVELING BOY~解き放たれた矢のように~」江口洋介 
挿入歌「一番星が輝くように」貴島サリオ
脚本:戸田山雅司 
音楽:佐橋佳幸、西田正也
プロデュース:松田幸雄 
演出:桑波田景信、北川雅一、近藤誠、鈴木早苗

『結婚のカタチ』は、2004年10月4日~11月11日にNHK夜の連続ドラマ(よるドラシリーズ)の枠で放送された現代の結婚観について問う青柳祐美子脚本のテレビドラマ(全6週間24回シリーズ)である。 ストーリー 主人公・相馬有里(藤原紀香)と中原大介(葛山信吾)は事実婚(戸籍上は入籍していない結婚方法)の夫婦であったが、ある日マンションの水道管の水漏れがきっかけで別居してしまうが、その時高見沢恭子(紺野まひる)に大介が一目ぼれをし、やがて別居期間を利用した恭子と大介の不倫行動が勃発する。そして由理も恭子のことが気になってしまう…。 近年の帯ドラマ(特に昼ドラマ)によく見られる「愛憎劇(ドロドロ)」の要素を絡ませた作品である。 キャスト 相馬有里:藤原紀香 中原大介:葛山信吾 高見沢恭子:紺野まひる 大庭薫:鈴木砂羽 大庭正和:田中哲司 相馬佐奈:椎名法子 相馬俊一:井之上チャル 徳永卓哉:白井晃 高見沢都子:夏木マリ 相馬和子:市毛良枝 沢井良夫:竜雷太 井澤健 主題歌 大塚愛『大好きだよ。

結婚情報サービス(けっこんじょうほうサービス)は、結婚したいと考えている男女の個人情報を提供するサービスを行う業態のこと。 日本における結婚情報サービスは、会員登録が前提で、カウンセリング、出会い、交際・恋愛、婚約・成婚という段階を経る。 出会い系サイトなどと異なり、会員登録に当たっては、当該サービスを提供する事業者の多くにおいて、学歴や職業・職歴を精査され、基準を満たす場合に所定の入会金・サービス利用料等を支払うことなどによって登録が認められる。この際、最終学歴の学校の卒業証明書、現在の仕事の源泉徴収票や給与明細書、独身証明書などの書類の提出が要件となる場合が大半である。 出会いの場として、 パートナー紹介書 パーティ・イベント 情報誌を提供しているものが多い。また、これらのサービスにインターネットを利用している業者もある。 婚活を後押しする意味合いで、企業が社員の登録・利用に当たって費用等を負担するなど、福利厚生の一環として当該サービスをメニューの一つに加えているケースもある。

「結婚しようよ」(けっこんしようよ)は日本の歌手、よしだたくろう(吉田拓郎)が1972年に発表したシングルである。 フォークをメジャーに押し上げた楽曲で、"J-POPの原点"とも評される。オリコンチャート3位を記録し、40万枚以上を売る大ヒットとなった。  楽曲解説 歌詞そのままに拓郎はこの年6月に長野県軽井沢の「聖パウロ教会」で四角佳子と結婚式を挙げた。この曲はそれまでのプロテストの意味あいが強かったフォークのイメージを一変させた。「僕の髪が肩までのびたら結婚しよう」という男性の側からのプロポーズや、「お花畑を散歩に来る」のようなカラフルな言葉づかいの歌詞は当時としては斬新な内容で、手動式オルガン他を使ったアレンジ等、それまでのただギターをかき鳴らして自己主張を歌に託すフォークとは大きく異なっていた。

『結婚しない男』(けっこんしないおとこ、Paternity)は、1981年のアメリカ合衆国の映画。 ストーリー 44歳になった独身主義のプレイボーイ、バディはふとしたことから子供が欲しいと思うようになる。しかし結婚はしたくないので、子供を生むだけの女性を雇うことにする。 紆余曲折の末、バディはウェイトレスのマギーと契約し、無事マギーはバディの子供を妊娠する。するとバディは子供が心配だからとマギーの食事にまで口を出し、更には自分の目が届くようにとマギーを自分の家に同居させる。奇妙な同居生活の中で、マギーは次第にバディに惹かれて行くが、バディの女遊びが止まないことから、子供を生んでもバディには渡さないと出て行ってしまう。 マギーに去られたバディは、そこではじめてマギーを愛していたことに気付き、マギーにプロポーズする。2人は結ばれ、その後、何人もの子をもうける。 登場人物 バディ・エバンス - バート・レイノルズ: 会社重役。44歳。プレイボーイだが独身主義。 マギー・ハーデン - ビヴァリー・ダンジェロ: ウェイトレス。

祝儀(しゅうぎ、御祝儀・ご祝儀)は、時節や時期や機会や出会いなど、人生や日常においての節目節目に金品を贈る行為。 具体的な祝儀・不祝儀の機会や意味 慶事(喜ばしい時)などの祝意やその互助活動の手間に対する謝意を表すために贈る金品のこと。 弔事などのお見舞いやその互助活動の手間に対する謝意は不祝儀(ぶしゅうぎ)という。 興行や遊興を提供する者に対し送られる謝意としての金品で、チップの様な物とする向きもある。日本では法律上は不労所得だが、欧米では所得であることが多い。また、意味合いにおいても日本独特のハレとケに由来するとも言われる。具体的には力士に対し健闘を称えたり芸妓の技芸や旅館の仲居の接客に対し、非日常(ハレ)を演出してくれる事に対する感謝でもある。 景気付けの一環として商取引やその生業に従事する人々の感謝や発奮を促す行為として高値で取引したり、金品を贈る行為。具体的には好事家や趣味人が、難度が高い特殊な物品の作製を依頼した時などに、携わる技術者(職人)に景気付けに渡す事もある。

『結婚式の前日に』(けっこんしきのぜんじつに)は、2015年10月13日から12月15日まで毎週火曜日22:00 - 22:54に、TBS系の「火曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は香里奈。香里奈は2011年10月クールで放送されたフジテレビ系ドラマ『私が恋愛できない理由』以来4年振りの主演となる。 ストーリー 中堅不動産会社に勤務する芹沢ひとみは、東京・築地で寿司屋を営む父・芹沢健介に男手ひとつで育てられた。ひとみは医師の園田悠一と婚約中で、100日後に結婚式を控えていた。そんな中、幸せの絶頂期にあったひとみが突然、体調不良を訴え、脳腫瘍であると診断され、このままの状態では危険な命である状態だと宣告された。 キャスト 主要人物 芹沢 ひとみ〈31〉 演 - 香里奈 本作の主人公で、中堅不動産会社に勤務する女性社員。母親・可奈子の蒸発後、寿司屋を営む父と伯母に育てられた。店の客として知り合った温厚で優しい開業医の悠一と結婚が決まり、仕事ではプロジェクトリーダーを任され、順風満帆な日々を送っていた矢先に脳腫瘍が発覚。

『結婚しない』(けっこんしない)は、2012年10月11日から12月20日までフジテレビ系列の木曜10時枠で放送されたテレビドラマ。初回は22:00 - 23:09(JST)の15分拡大。タイトルロゴでは「Wonderful Single Life」(ワンダフル・シングル・ライフ)と英語表記されている。 いつかは結婚したいと思っているのになかなか「結婚できない女」と、仕事を選んだ結果「結婚しない」ことを選択したと思っている女、そんな二人と関わっていくことになる「結婚をする余裕がない男」の、それぞれの生き方や友情、恋愛模様を描く。 菅野美穂と天海祐希のダブル主演で、木曜劇場出演は、菅野は『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』(2011年10月期)、天海は『カエルの王女さま』(2012年4月期)以来である。また、玉木宏の木曜劇場出演は『鹿男あをによし』(2008年1月期)以来で、菅野との共演は『せつない』(1998年8月)、『愛し君へ』(2004年4月期)、『ギルティ 悪魔と契約した女』(2010年10月期)に続き4度目、天海との共演は『トップキャスター』(2006年4月期)以来2度目となる。

『結婚の理想と現実』(けっこんのりそうとげんじつ)は、フジテレビ系列で1991年1月10日から1991年3月21日まで木曜10時木曜劇場枠に放送された連続ドラマ。 キャスト 高野康彦:中村雅俊朝子の夫、楓の父で会社員。好物はラーメン。高野朝子:田中美佐子康彦の妻で楓の母。高野楓:大野紋香康彦&朝子の娘で小学生。芹沢耕平:石田純一早紀の夫。周囲からは美男美女のオシャレな夫婦として羨望の目で見られているが・・・芹沢早紀:かとうかずこ耕平の妻。佐野忍:横山めぐみみどりの友人。渡辺みどり:森尾由美忍の友人。柴田俊明:モト冬樹康彦と同じ社宅に暮らす同僚。近々マイホーム購入を考えている。柴田直子:曽川留三子俊明の妻。小川さとみ:向井亜紀 小川正:塩屋俊 日高理:唐沢寿明 小川:柳川慶子 部長:北村総一朗 三宅朝子:余貴美子 トリビア 森尾由美と横山めぐみがテレビ番組『ものまね珍坊』を見ている場面で、素人時代の山口智充が登場している。