癒しの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

癒し|5件。

パブロ・ピカソ - Pablo Picasso [ˈpaβlo piˈkaso]

人生で最もすばらしい癒し、それが愛なのだ。

Love is the greatest refreshment in life.

ベンジャミン・フランクリン

神が病を癒し、医者が料金を取る。

God heals, and the doctor takes the fee.

マルセル・プルースト

恋わずらいの人は、ある種の病人のように自分自身が医者になる。苦悩の原因をなした相手から癒してもらえることはないのだから、結局は、その苦悩の中に薬を見出すのである。

ビル・ゲイツ - William Henry "Bill" Gates III

積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ。

瀬戸内寂聴 - せとうち じゃくちょう

どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。

癒し(いやし)、ヒーリング(英語:healing)は、心理的な安心感を与えること。またはそれを与える能力を持つ存在の属性である。 用法の昔と今 新約聖書の日本語訳の中にイエス・キリストが人々を「癒した」という記述が何度も出てくるように、本来は宗教的な奇跡(奇蹟)的治癒を行う動作の意味で使用されており、「癒し」という名詞での使用はあまり一般的ではなかった。 1980年代を中心とした「癒しブーム」以降に頻繁に使用される「癒し」という言葉は、宗教学や宗教人類学で、未開社会の暮らしを続ける人々の間で呪術医が、病に陥った人を治す悪魔祓いの行為について言ったものだという。上田紀行の『覚醒のネットーワーク』(かたつむり社 1990年)で、セイロンの悪魔祓いについての言及の中で使用されたのが、この言葉の今日のような用法での最初だという。こちらの意味では、なんらかの原因で、地域社会や共同体から、孤立してしまった人を再び、みんなの中に仲間として迎え入れること、そのための音楽や劇、踊りを交えて、霊的なネットワークのつながりを再構築すること、これこそが癒しだという。

『癒しの葉』(いやしのは)は、紫堂恭子による日本の少女漫画作品。角川書店発行の『月刊ASUKAファンタジーDX 月刊ふぁんデラ(後に廃刊)』に連載された。単行本は全8巻。
聖地と呼ばれるフローンズ島から、持ち出し禁止とされている「癒しの葉」を携えて俗界に渡った聖者サナトールを護衛するため、ドミナトール王国・アビゴール連邦国・エクシア共和国・フルゴール6都市連合の4国から1人ずつ、計4人の護衛役がサナトールと同行することになった。ドミナトール出身のユーリグは王国代表としてサナトールの下へ赴くが、聖者の一行には、母国の宿敵であるアビゴールの青年セレスの姿もあった。
: 主人公。ドミナトール王国オクシオン出身の兵士。サナトールの護衛の1人。髪も服も黒く、身長が仲間の中で突出して高い。軍隊生活が長く、横にならず目を瞑らなくても眠れる。剣術に優れ、敵に対しても独特のゆとりを失わず、考えるより先に身体が動く熱血タイプだが、素直で涙脆く、恋愛には鈍感。物語が進むにつれ、ドミナトール王の庶子であることが判明する。次期国王となる異母兄のオルフェ王子を慕っていたが、兄の尋常ならざる行動に対し、徐々に疑惑を抱くようになる。愛馬の名はウィンタード。

癒し系アイドル(いやしけいアイドル)とは、癒しの特徴を持つアイドルのこと。主に「ほんわか」「やんわり」とした視聴者を和ませる雰囲気がある女優やグラビアアイドル、タレントを指す。 癒し系とされるには、「優しい」「のんびりしている」「穏やかである」「人を和ませる」などの癒し要素が必要とされる。これらの要素は、本人の雰囲気に自然に含まれていることが重要で、作為的に形作ったことが露骨に出ている・キャラクターとして演じている事が明白である場合は、癒し系ではなく単なる「ぶりっ子」とみなされる。 癒し系であることと、セクシーであることは対立しない。ただし、セクシーさが嫌味で下品に映る場合は、癒し系とはみなされず、いやらし系とされる。 演じる役柄により、癒し系以外のイメージが付加されやすいため、映画女優や舞台女優などは、通常癒し系とされることがない。 癒し系アイドルの歴史 「癒し系アイドル」というカテゴライズが始まった、明確な時期は不明。 1990年代の中期、癒し系アイドル・癒し系女優として認知された人物として、本上まなみや飯島直子が挙げられる。

『癒し』より : 癒し(いやし)、ヒーリング(英語:healing)は、心理的な安心感を与えること。またはそれを与える能力を持つ存在の属性である。 用法の昔と今 新約聖書の日本語訳の中にイエス・キリストが人々を「癒した」という記述が何度も出てくるように、本来は宗教的な奇跡(奇蹟)的治癒を行う動作の意味で使用されており、「癒し」という名詞での使用はあまり一般的ではなかった。 1980年代を中心とした「癒しブーム」以降に頻繁に使用される「癒し」という言葉は、宗教学や宗教人類学で、未開社会の暮らしを続ける人々の間で呪術医が、病に陥った人を治す悪魔祓いの行為について言ったものだという。上田紀行の『覚醒のネットーワーク』(かたつむり社 1990年)で、セイロンの悪魔祓いについての言及の中で使用されたのが、この言葉の今日のような用法での最初だという。こちらの意味では、なんらかの原因で、地域社会や共同体から、孤立してしまった人を再び、みんなの中に仲間として迎え入れること、そのための音楽や劇、踊りを交えて、霊的なネットワークのつながりを再構築すること、これこそが癒しだという。

『癒し』より : 癒し(いやし)、ヒーリング(英語:healing)は、心理的な安心感を与えること。またはそれを与える能力を持つ存在の属性である。 用法の昔と今 新約聖書の日本語訳の中にイエス・キリストが人々を「癒した」という記述が何度も出てくるように、本来は宗教的な奇跡(奇蹟)的治癒を行う動作の意味で使用されており、「癒し」という名詞での使用はあまり一般的ではなかった。 1980年代を中心とした「癒しブーム」以降に頻繁に使用される「癒し」という言葉は、宗教学や宗教人類学で、未開社会の暮らしを続ける人々の間で呪術医が、病に陥った人を治す悪魔祓いの行為について言ったものだという。上田紀行の『覚醒のネットーワーク』(かたつむり社 1990年)で、セイロンの悪魔祓いについての言及の中で使用されたのが、この言葉の今日のような用法での最初だという。こちらの意味では、なんらかの原因で、地域社会や共同体から、孤立してしまった人を再び、みんなの中に仲間として迎え入れること、そのための音楽や劇、踊りを交えて、霊的なネットワークのつながりを再構築すること、これこそが癒しだという。

『癒し屋キリコの約束』(いやしやキリコのやくそく)は、森沢明夫著の小説。2014年に幻冬舎より出版(2015年に文庫化)。および同作品を原作とした、東海テレビ制作昼の帯ドラマ(2015年8月 - 9月、後述)。 昭和時代の歌謡曲のレコードを流す歌謡喫茶「昭和堂」を営む・有村霧子は、スタイル・プロポーションは美しい容姿を保つが、金にがめついといった性格を持っている。しかし今は雇われ店長の柿崎照美が店を切り盛りしている。その裏で、街の住民の悩みを聞き、それを解決に結び付けようとする「癒し屋」という顔を持ち、様々な人たちの悩みを、奇想天外な方法を使いながら解決しようとする。 テレビドラマ テレビドラマは、『癒し屋キリコの約束』の題名で、東海テレビ放送製作により、2015年8月3日から9月25日まで全8週・40回の日程で放送された。 ドラマでは毎回昭和歌謡の楽曲を番組のどこかで紹介させる演出もし、その中のワンフレーズから、様々な問題を解決するヒントを浮き彫りにしながら、音楽劇の要素を絡ませたドラマを展開する。