武田信玄の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

武田信玄|22件。

武田信玄 - たけだ しんげん

一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。

武田信玄 - たけだ しんげん

渋柿は渋柿として使え。継木をして甘くすることなど小細工である。

武田信玄 - たけだ しんげん

人間にとって学問は、木の枝に繁る葉と同じだ。

武田信玄 - たけだ しんげん

自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。

武田信玄 - たけだ しんげん

今後は、一人働きは無用である。足軽を預かっていながら独りよがりの行動をとれば、組の者は組頭をなくし、味方の勝利を失うことになるからだ。

武田信玄 - たけだ しんげん

我、人を使うにあらず。その業を使うにあり。

武田信玄 - たけだ しんげん

戦いは四十歳以前は勝つように、四十歳からは負けないようにすることだ。ただし二十歳前後は、自分より小身の敵に対して、負けなければよい。勝ちすぎてはならない。将来を第一に考えて、気長に対処することが肝要である。

武田信玄 - たけだ しんげん

もう一押しこそ慎重になれ。

武田信玄 - たけだ しんげん

大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。

武田信玄 - たけだ しんげん

為せば成る 為さねば成らぬ成る業(わざ)を 成らぬと捨つる人のはかなき

武田信玄 - たけだ しんげん

三度ものをいって三度言葉の変わる人間は、嘘をつく人間である。

武田信玄 - たけだ しんげん

風林火山 – 疾(と)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し。

武田 信玄(たけだ しんげん) / 武田 晴信(たけだ はるのぶ)は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。諱は晴信、通称は太郎(たろう)。「信玄」とは(出家後の)法名で、正式には徳栄軒信玄。1915年(大正4年)11月10日に従三位を贈られる。 甲斐の守護を務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。先代・信虎期に武田氏は戦国大名化し国内統一を達成し、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と五次にわたると言われる川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ領国化し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野、遠江、三河と美濃の一部を領し、次代の勝頼期にかけて領国を拡大したものの、西上作戦の途上に三河で病を発し、信濃で病没した。 江戸時代から近現代にかけて『甲陽軍鑑』に描かれる伝説的な人物像が世間に広く浸透した。「風林火山」の軍旗を用い、甲斐の虎または、龍朱印を用いたことから甲斐の龍とも呼ばれたともされる。ただし、これらの人物像には創作も多いとされる。 兜は、諏訪法性兜。 生涯 出生から甲斐守護継承まで 甲斐国守護・武田信虎の嫡長子として生まれる。

『武田信玄』(たけだしんげん)は、NHKが1988年1月10日から12月18日に放送した第26作目の大河ドラマ。全50回。主演は中井貴一。 作品内容と特徴 甲斐の戦国大名である武田信玄(晴信)が主人公。 原作は新田次郎の歴史小説の『武田信玄』と『武田三代』。新田次郎小説の大河ドラマ化はこれが初めて。脚本家は田向正健が担当した。前年の『独眼竜政宗』に続いて広義の戦国時代を扱った作品である。武田信玄が主要登場人物として登場する大河ドラマには、上杉謙信を主人公にした1969年の『天と地と』、武田家の「軍師」とされる山本勘助を主人公にした2007年の『風林火山』がある。 平均視聴率は初回視聴率42.5%、最高視聴率49.2%、平均視聴率39.2%である。 信玄の母・大井夫人(若尾文子)が、自分の息子が後世で誤解されていることが多いため、我が子の名誉のために真実を物語る、という体裁を全話一貫してとっている。そのため、本編のナレーションも大井夫人役の若尾が兼ねている。最終回および一部の回をのぞいて、各放送回とも大井夫人の「今宵はここまでに致しとうござりまする」というセリフによって締めくくられ、この年の流行語大賞に選ばれた。

『武田信玄』(たけだしんげん、TAKEDA)は、戦国時代を舞台とした戦略シミュレーションゲーム(RTS)。 カナダのデベロッパー(ゲームメーカー) Magitech が開発したもので、日本の戦国時代を題材にしながら海外制作のゲームらしい視点を取り入れた一風変わった作風となっている。日本ではメディアクエストより日本語版が発売されている(発売日は2001年12月20日)。また、第2作として「TAKEDA2」が発売され、日本では「武田信玄2」としてフロンティアグルーヴから日本語版が発売されている(発売日は2005年10月28日)。 日本の戦国時代を題材とする作品のうち日本以外のデベロッパーが制作したものとして他には、「Shogun: Total War」(Creative Assembly 制作、ショーグン・トータル・ウォー)、「Battle Realms」(en:Liquid Entertainment 制作)などがある。

『武田信玄』(たけだしんげん)は、新田次郎の歴史小説。『歴史読本』に1965年5月号から1973年9月号まで連載された。「風の巻」「林の巻」「火の巻」「山の巻」の4巻からなる。第8回吉川英治文学賞受賞作である。「風の巻」「林の巻」は1969年8月、「火の巻」は1971年7月、「山の巻」は1973年11月、それぞれ文藝春秋より刊行された。 武田信玄の生涯を、父・信虎の追放(正確にはその決意を固めるきっかけとなった領民の訴え)から、上洛間近での死まで描き、最後は死去から3年後の葬儀の模様で締めくくる。 1988年のNHK大河ドラマ『武田信玄』の原作となっている。 あらすじ 父・信虎を駿河に追放した武田晴信(後の信玄)は、甲斐の領主として独り立ちしていく。諏訪、そして信濃を平定した後、宿敵・上杉謙信と川中島で対峙する。その一方で、金山を発掘するなど、政治家としてもその力を発揮する。元来の病と戦いながら、徳川家康を破り上洛を目前にするが、その道中で没する。 作者の新田次郎が元気象庁職員であることから、物語の山場となる川中島の戦いなどについては当時の天候といった視点から独自の考証を試みている。

武田 信玄(たけだ しんげん) 実在の人物については武田信玄を参照。 上記の人物を題材にし、新田次郎が著作した小説については『武田信玄 (小説)』を参照。 テレビドラマ 1966年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマについては、『武田信玄 (1966年のテレビドラマ)』を参照。 新田次郎の小説を原作としてNHKが製作した1988年の大河ドラマについては、『武田信玄 (NHK大河ドラマ)』を参照。 1991年元日のTBS大型時代劇スペシャルについては『武田信玄 (1991年のテレビドラマ)』を参照。 漫画 新田次郎を原作とした横山光輝の書き下ろしコミックス。 ゲームソフト GA夢(ホット・ビィ)のファミリーコンピュータ対応のシミュレーションゲーム「武田信玄」「武田信玄2」については、『武田信玄 (ファミリーコンピュータ)』を参照。 ジャレコのアーケードゲームおよびエイコムがPCエンジンに移植したアクションゲーム「武田信玄」については、『武田信玄 (アーケードゲーム)』を参照。

『武田信玄 (曖昧さ回避)』より : 武田 信玄(たけだ しんげん) 実在の人物については武田信玄を参照。 上記の人物を題材にし、新田次郎が著作した小説については『武田信玄 (小説)』を参照。 テレビドラマ 1966年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマについては、『武田信玄 (1966年のテレビドラマ)』を参照。 新田次郎の小説を原作としてNHKが製作した1988年の大河ドラマについては、『武田信玄 (NHK大河ドラマ)』を参照。 1991年元日のTBS大型時代劇スペシャルについては『武田信玄 (1991年のテレビドラマ)』を参照。 漫画 新田次郎を原作とした横山光輝の書き下ろしコミックス。 ゲームソフト GA夢(ホット・ビィ)のファミリーコンピュータ対応のシミュレーションゲーム「武田信玄」「武田信玄2」については、『武田信玄 (ファミリーコンピュータ)』を参照。 ジャレコのアーケードゲームおよびエイコムがPCエンジンに移植したアクションゲーム「武田信玄」については、『武田信玄 (アーケードゲーム)』を参照。