明石家さんまの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

明石家さんま|33件。

明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。1970年代後半から活躍を続けている国民的お笑いスターの1人。タモリ、ビートたけしと共に、日本のお笑い芸人BIG3の1人として称される。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。 吉本興業所属。奈良県立奈良商業高等学校卒業。元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子となったが、師匠の推薦でお笑いタレントに転向し現在も芸能界の第一線で活躍を続けている。 事務所は吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。節税と自身のマネージメントを目的とした個人事務所「オフィス事務所」も設けており、仕事やギャランティー管理はこちらで行っている。オフィス事務所には、ラサール石井や村上ショージ、松尾伴内らも所属している(さんまと同じく、皆それぞれに所属事務所は他に存在する)。

明石家さんまのスポーツするぞ!大放送(あかしやさんまのスポーツするぞ だいほうそう)は、1993年から1997年にフジテレビ系で放送されていた特別番組であり、明石家さんまの冠番組である。通称「さんスポ」。全部で11回行われた。 幼少の頃の福原愛やジョン・マッケンロー、当時16歳で全豪オープンに最年少優勝を果たして間もなかったマルチナ・ヒンギスら各界の有名スポーツ選手がゲストとして出演し、司会の明石家さんまら出演者とトークや実際の対戦を繰り広げたスポーツバラエティ。特にさんまと福原の対決では、福原が失敗するとさんまは大人気ない行為を行ったり、自分が成功すると大はしゃぎで喜んでいた為福原が収録中に大泣きをしてしまい、当番組によって福原は「泣き虫愛ちゃん」として有名になった。また、往年のスターであった天地真理が運動音痴キャラとして再ブレークした番組でもある。 1995年の『FNSの日 1億2500万人の超夢列島 そのうち何とか23時間』では、当番組の名物企画「オールスターフリースロー選手権」を開催。

『明石家さんまの転職DE天職』(あかしやさんまのてんしょくでてんしょく)は、日本テレビ系列で2013年から不定期に放送されている特別番組(ドキュメンタリーバラエティ番組)。司会を務める明石家さんまの冠番組。 テーマ毎に、ある職業から別の職業に転職をした人をVTRで紹介。前の職業から比べて今の年収の増減を聞き、VTRに出た人の何人かがスタジオに登場する。番組の最後には、司会の明石家さんまが自身の持ち歌を披露するのがお決まりとなっている。 司会者 明石家さんま 放送内容 ゲスト 第1回阿部祐二 伊集院光 甲斐よしひろ 岸博幸 黒田真行 平愛梨 田中要次 千原ジュニア パンサー 八代亜紀 山岸舞彩 山村紅葉第2回相武紗季 足立梨花 伊集院光 岸博幸 小林麻耶 陣内貴美子 竹中直人 西川史子 パンサー ヒロミ第3回伊集院光 大久保佳代子 片岡愛之助 岸博幸 劇団ひとり 小島瑠璃子 齋藤孝 志尊淳 住吉美紀 高見沢俊彦第4回ヒロミ 西川史子 白石麻衣 生駒里奈 ピース 光浦靖子 伊集院光 岸博幸 西川俊介 VTR出演 ほいけんた(再現VTRでのさんま役) 放送日時 主なスタッフ 第4回総合演出・企画:髙橋利之 構成・コンセプト:桜井慎一 作家:石原健次(第4回 -、第1回は構成・コンセプト、第2回・第3回は離脱) TM:江村多加司 SW:鎌倉和由 CAM:東武志(第3,4回) MIX:大島康彦 VE:三山隆浩 照明:谷田部恵美 美術プロデューサー:上條宏美 デザイン:波多野真理 大道具:大川啓介 小道具:佐々木洋平 電飾:池田大介(第2,4回) 技術協力:日テレ・テクニカル・リソーシズ、ジャパンテレビ 美術協力:日テレアート 編集:生田目隼、岩谷咲(2人共スタジオヴェルト、生田目→第2,4回、岩谷→第2~4回) MA:山田謙一(第4回) 音効:加藤つよし 映像協力:Phoenix Fly リサーチ:羽柴千晶、梶谷翔平、岡田智樹(岡田→第4回) TK:矢島由紀子(第3,4回) デスク:宮城知代(第3,4回) 演出補:金光豪、小林裕樹、山下晴代、五十棲崇之、児玉章、吉見謙、加藤一真、山田貴央、本田千穂(山下~山田→第4回)(その他は第3回も) AP:成子美里、矢嶋麻実、岸加苗、森川高行、柳井千晴(岸・柳井→第3,4回)(その他は第4回) ディレクター:齋藤吉彦、作井正浩、村田欣也、田野裕哉、佐々木文恵、中西裕樹、田渕公博、山形和也、神野正義、陣崎行夫、田中友洋、細川祐子(齋藤・作井・田野~田渕・陣崎・田中→第3,4回)(その他は第4回) 演出:中山準士 プロデューサー:岩下英恵/名田雅哉、長瀬徹、小島俊一/菅賢治(菅→第2~4回) チーフプロデューサー:田中宏史 制作協力:いまじん、ZION、創輝 製作著作:日テレ 歴代のスタッフ 作家:渡邉祐樹(第2,3回) CAM:早川智晃(第1,2回) MIX:池田正義(第1回)、藤岡絵里子(第2回)、三石敏生(第3回) VE:佐久間治雄(第1回)、鈴木昭博(第2回)、山口考志(第3回) 照明:粂野高央(第2回)、宮田千尋(第3回) 大道具:前田賢治(第1回) 電飾:黒沢裕之(第3回) 編集:橋本治(第1回)、武井大彰(第3回)(スタジオヴェルト) MA:佐渡吉志広(第1回)、小嶋雄介(第2,3回) CG:キャニットG(第1回) 編成:横田崇(第1回) 編成企画:吉無田剛(第1回) 広報:柳沢典子(第1回) 営業:末岡寛雄(第1回) リサーチ:高木洋志(第3回) TK:石島加奈子(第2回)、山岸由佳(第2回) 演出補 第1回:山岡恭典 第2回:田辺貴之、橋本慎也、安部紘志、鈴木亮平 第3回:小野喬、反町礎良、小高浩志、杉浦啓太、大須賀美紀 AP:前多由香、羽根葵(前多・羽根→第2回)、済本明里、灘村満理、中川聡子(済本・灘村・中川→第3回) ディレクター:飯高昌宏、中野誠、深沢博信、小松利光(飯高〜小松→第1回)、高橋公彦、土屋正和、藤澤貴之、田中真之(高橋〜田中→第2回)、吉野真一郎、増田貴也(吉野・増田→第3回) 演出:上利竜太(第1回)、内田秀実(第3回) その他 関連項目 踊るさんま御殿 恋のから騒ぎ - 歴代女性出演者が当番組に登場する事が多い。

『明石家さんまのフジテレビ大反省会』(あかしやさんまのフジテレビだいはんせいかい)は、2002年12月27日未明に特別番組として放送されたのを皮切りに、過去4回フジテレビで放送されたバラエティ番組。 視聴者からのハガキの意見をもとに司会の明石家さんまをはじめ、テレビ番組を制作しているフジテレビの社員やフジテレビでレギュラー番組を持っているタレントたちが集まり、その意見について笑いを交えて話していた生放送の番組である。ちなみに、第1回と第3回は深夜枠で放送され、第2回はゴールデンタイム枠で放送された。深夜とは言えど、バラエティ番組では極めて珍しい放送時間延長を行ったことがある。 明石家さんまが定期的にフジテレビの女子アナウンサーとおこなっている食事会で、2002年7月に放送された『FNS27時間テレビ』の内容にダメ出しをした。その話をともに当時フジテレビのアナウンサーだった内田恭子と千野志麻が上司に報告したところ、「フジテレビの正義のために立ち上がろうじゃないか」という声に後押しされ、反省会という番組企画が立ち上がった。

『明石家さんまのフジテレビ大反省会』より : 『明石家さんまのフジテレビ大反省会』(あかしやさんまのフジテレビだいはんせいかい)は、2002年12月27日未明に特別番組として放送されたのを皮切りに、過去4回フジテレビで放送されたバラエティ番組。 視聴者からのハガキの意見をもとに司会の明石家さんまをはじめ、テレビ番組を制作しているフジテレビの社員やフジテレビでレギュラー番組を持っているタレントたちが集まり、その意見について笑いを交えて話していた生放送の番組である。ちなみに、第1回と第3回は深夜枠で放送され、第2回はゴールデンタイム枠で放送された。深夜とは言えど、バラエティ番組では極めて珍しい放送時間延長を行ったことがある。 明石家さんまが定期的にフジテレビの女子アナウンサーとおこなっている食事会で、2002年7月に放送された『FNS27時間テレビ』の内容にダメ出しをした。その話をともに当時フジテレビのアナウンサーだった内田恭子と千野志麻が上司に報告したところ、「フジテレビの正義のために立ち上がろうじゃないか」という声に後押しされ、反省会という番組企画が立ち上がった。

明石家さんまつりは、2005年6月30日深夜11時55分(JST)から翌2時55分まで、TBS系列で放送された生放送のスペシャル番組。7月1日が誕生日である明石家さんまであるが50歳を迎えることになり、そのお祝いにと企画・放送された番組である。 主にさんまと仲の良い、ラサール石井、渡辺正行、関根勤、村上ショージ、ガタルカナル・タカ、松尾伴内、笑福亭笑瓶ら「明石家ファミリー」の面々を中心に、深夜にもかかわらず20人以上のお笑い芸人・タレントが集結し、さんまの誕生日を祝った。 放送内では、各界から届いたさんまへのお祝いFAXを紹介するコーナー、出演者によるさんま大喜利、原口あきまさと清水ミチコによる「さんま50年史」の寸劇などが行われた。 番組中にはさんまの前妻である大竹しのぶから二度電話がかかっており、祝福とは言えないお祝いコメントがさんまに送られた。 なお、その後放送されたフジテレビ「お台場明石城120万石SP」にて三宅恵介ディレクターが「これからさんまつりは持ちまわり制にして来年はウチでやります」と発言したが、2006年以降放送はされていない。

明石家さんま - あかしや さんま

人を好きなまま死にたい

明石家さんま - あかしや さんま

人間生まれてきた時は裸。死ぬ時にパンツ一つはいてたら勝ちやないか

明石家さんま - あかしや さんま

俺は、絶対落ち込まないのよ。落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。過大評価しているから、うまくいかなくて落ち込むのよ。人間なんて、今日できたこと、やったことがすべてやねん

明石家さんま - あかしや さんま

職場に好きな人を一人作ると、仕事行くのが凄く楽しくなるんよね

明石家さんま - あかしや さんま

生きてるだけで丸儲け

明石家さんま - あかしや さんま

死ぬときにわくわくしたい

明石家さんま - あかしや さんま

バラエティに感動の涙は要らんねん!芸人は笑わせて涙流させな!

明石家さんま - あかしや さんま

俺なんかは陽気なイメージでそのままやってるよ。疲れようが何しようがそのままやってるな

明石家さんま - あかしや さんま

バラエティをやりながらドラマをやるのは、正直言うとメチャクチャしんどいんです。でもね、何かいいものをつくろうとする人たちが向かっていくエネルギーは非常に見てて気持ちいい

明石家さんま - あかしや さんま

笑顔になるから、楽しい出来事が起こるようになる

明石家さんま - あかしや さんま

追い詰められなきゃダメなんですよ、なんでも仕事は。ゆっくりやるとロクなことないですね