手塚治虫の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

手塚治虫|37件。

手塚治虫 - てづか おさむ

人生は一人じゃない。二人三脚で走らねばならんこともある。

手塚治虫 - てづか おさむ

自然への畏怖をなくし、傲慢になった人類には必ずしっぺ返しが来る。

手塚治虫 - てづか おさむ

現代の教育は、どこか衰弱しているというか、勘違いでもしているようだ。

手塚治虫 - てづか おさむ

仮病は、この世でいちばん重い病気だよ。

手塚治虫 - てづか おさむ

井の中の蛙を決め込んでいるのは、敗北だと思う。

手塚治虫 - てづか おさむ

好奇心というのは道草でもあるわけです。確かに時間の無駄ですが、必ず自分の糧になる。

手塚治虫 - てづか おさむ

人の後をついていたら安全というのは、この世界じゃ通りません。

手塚治虫 - てづか おさむ

子供は、その時点時点で常に現代人であり、また、未来人でもある。

手塚治虫 - てづか おさむ

睡眠は三日間で三時間。こんなつらい仕事を四十年続けるなんて、馬鹿じゃないとできないですよ。

手塚治虫 - てづか おさむ

終始一貫して僕が自分の漫画の中で描こうとしてきたのは、次の大きな主張です。「命を大事にしよう!」

手塚治虫 - てづか おさむ

医者は生活の安定を約束していた。しかし、僕は画が描きたかったのだ。

手塚治虫 - てづか おさむ

「ダメな子」とか、「わるい子」なんて子どもは、ひとりだっていないのです。もし、そんなレッテルのついた子どもがいるとしたら、それはもう、その子たちをそんなふうに見ることしかできない大人たちの精神が貧しいのだ。

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)、1928年(昭和3年)11月3日 - 1989年(平成元年)2月9日)は、日本の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。血液型A型。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。 大阪帝国大学附属医学専門部 在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビュー。1947年、酒井七馬原案の描き下ろし単行本『新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけた。 1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。

手塚治虫の作品一覧(てづかおさむのさくひんいちらん)は、手塚治虫の漫画作品の一覧。全604作で、その内分けは少年向け341作、少女向け36作、大人向け110作、低年齢向け32作、絵本39作、4コマ漫画17作、1コマ漫画29作。細かいシリーズなどを入れると700タイトル以上(原稿枚数15万枚分)といわれる。この他に出版はされていないが、終戦(1945年)までに描いた漫画の原稿は約3000枚に及ぶという。アニメーション作品は70作品を制作。原案・監督などの詳細については手塚治虫#アニメ作品を参照のこと。 少年向け あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 英数字 少女向け 大人向け 低年齢向け 絵本 4コマ漫画 1コマ漫画 小説 私家版、習作、回覧誌、シナリオ、構想ノート 他作家によるリメイク、翻案作品 手塚治虫自身の手に拠らないリメイク作品をリメイク作の初出年代順に配列。

手塚治虫文化賞(てづかおさむぶんかしょう)は、朝日新聞社が主催する、優れた漫画に授与する各賞の総称である。 手塚治虫の業績を記念し、「マンガ文化の健全な発展」を目的に1997年に創設。選考委員として、業界の重鎮ではなく「現在の漫画をよく読む人物」が選ばれている点、選考委員の審査内容が公開される点が特徴である。 選考年の前年に発行され、読者・選考委員から推薦された単行本が対象(このため連載中の作品でも単行本が出なかったものは選考対象にならない)。審査員の投票による一次選考ののち、最終選考を経て各受賞作が決定される。選考委員の推薦・投票内容は公開される。 選考方法 一次選考 マンガ関係者と一般読者からの推薦をもとに選ばれた選考対象作品に、審査員一人につき持ち点15点、1作品にひとり最大5点までの投票が行なわれる(点の振り分け方は自由)。上位の作品がノミネート作品となる。 最終選考 第6回までは1位~5、6位までの傾斜配点による審査員の投票により決定されていた。

『ドン・ドラキュラ』は、秋田書店『週刊少年チャンピオン』で連載されていた手塚治虫の漫画作品である。1979年22号(5月28日号)から同年50号(12月10日号)まで連載。 1982年には、これを原作とするテレビアニメ『手塚治虫のドン・ドラキュラ』(てづかおさむのドン・ドラキュラ)が放送された。2015年には、ネルケプランニングが主催する同名の舞台公演『ドン・ドラキュラ』が行われた。 現代社会に生きるドラキュラ伯爵の姿をコミカルに描く。『少年チャンピオン』での手塚漫画としては、『ブラック・ジャック』の次の連載となる。 コメディ色が強く、ラストシーンもほとんどがギャグであり、この点はアニメでもそのまま表現されている。最終回も完結や特別な盛り上がりでなく、いつものドタバタで終了した。手塚自身も楽しく描いていたと「手塚治虫漫画全集」で語っている。 本作の連載中および後も『ブラック・ジャック』が不定期に発表され、お馴染みのスター・システムにより、ドン・ドラキュラがゲストで登場したエピソード(『B・Jそっくり』)が存在する。

『宝塚市立手塚治虫記念館』より : 宝塚市立手塚治虫記念館(たからづかしりつてづかおさむきねんかん)は、兵庫県宝塚市にあるアニメ・マンガミュージアムである。 兵庫県宝塚市で約20年間を過ごした手塚治虫の生涯を称えて(出生は豊中市)、没後5年にあたる1994年に青少年への夢を育ませる場として、宝塚市に設立された。「自然への愛と生命の尊さ」を基本テーマとする。運営は宝塚市。 宝塚歌劇団では開館に当たり、この年3月~5月の花組公演(第80期生初舞台公演)で手塚の同名作品を原作とするミュージカル『ブラック・ジャック 危険な賭け』と、ショー『火の鳥』を上演した。 2階にあるパソコン端末では、手塚治虫の生涯や作品年鑑を閲覧できるほか、2000年までに製作された手塚関連のテレビアニメ・劇場版アニメ・オリジナルアニメの一部作品が全編全話視聴できるようになっている。 施設概要 2F 企画展示室 情報・アニメ検索機 - 手塚治虫の情報や2000年までに製作された手塚関連のテレビアニメ・劇場版アニメ・オリジナルアニメの一部作品が全編全話視聴可能 ライブラリー、単行本展示棚 - 手塚関連の書籍約2000冊が閲覧可能。