幸福の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

幸福|200件。

アダム・スミス - Adam Smith

健康で、借金がなくて、しっかりした意識があるという幸福以外に、いったい何が必要だというのだ。

カール・マルクス - Karl Heinrich Marx

プロレタリアートとは、自分の生活の維持する費用を、ただ自分の労働力を得ることによってのみ得ていて、あらゆる種類の資本の利潤からは得ていない社会階級である。 その幸福と不幸、生と死、その存在全体は、労働の需要、景気の変動、どう決まるかわからない競争の結果などにかかっている。

カール・マルクス - Karl Heinrich Marx

人間にとって最大の幸福は、「自分を生かせる仕事に巡り合うこと」ではないでしょうか。 人は誰しも社会で認められ、社会に役立ちたいと願っている、社会的な生き物です。社会から切り離された“自我”など有り得ないし、社会と無関係に生きることなど何人たりとも出来ない。どんな人間も、多かれ少なかれ、社会に依存しながら生きているものです。

カール・マルクス - Karl Heinrich Marx

労働の疎外は、第一に、労働が労働者にとって外的であること、すなわち、労働が労働の本質に属していないこと、そのため彼は自分の労働において肯定されないで、かえって否定され、幸福と感ぜずに不幸と感じ、自由な肉体的および精神的エネルギーがまったく発展せず、かえって彼の肉体は消耗し、彼の精神は荒廃するということである。だから労働者は、労働の外部ではじめて自己のもとにあると感じ、そして労働の中では自己の外にあると感ずる。彼の労働は自発的なものではなく、強いられたもの、強制労働である。したがって、労働は欲求を満足させるものではなく、労働以外のところで欲求を満足させるための手段にすぎない。

ジェームズ・アレン - James Allen

卑しい思いを持たないのに邪悪な道に落ち、苦悩するなどということは決して起こりません。同様に、崇高な志を磨き続けることなく、真の徳や幸福を極めることもありません。

ナポレオン・ヒル - Napoleon Hill

幸福は、所有のみならず、行動の中にある。

Happiness is found in doing, not merely possessing

森鴎外 - もり おうがい

足ることを知ることこそが、幸福である。

中原中也 - なかはら ちゅうや

幸福は、和める心には一挙にして分かる。かたくなな心は、不幸でいらいらして、せめてめまぐるしいものや数々のものに心を紛らす。そして益々不幸だ。

宮沢賢治 - みやざわ けんじ

世界ぜんたいが幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない。

宮沢賢治 - みやざわ けんじ

真の幸福に至れるのであればそれまでの悲しみは、エピソードに過ぎない。

両津 勘吉 - りょうつ かんきち

ナイスバディよりもナイスマネーだ!金だよ金、金こそがすべてだ。
「幸福は金で買える」by両津勘吉、これがわしの座右の銘だ

水木しげる - みずき しげる

私が幸福だと言われるのは、長生きして、勲章をもらって、エラクなったからではありません。好きな道で60年以上も奮闘して、ついに食いきったからです。ノーベル賞をもらうより、そのことの方が幸せと言えるでしょう。

幸福(こうふく、希: εὐδαιμονία、羅: felicitas、英: happiness)とは、心が満ち足りていること。幸せとも。人間は古来より幸福になるための方法に深い関心を寄せてきた。 幸福についての考察や、幸福であるためにはどのような生き方をすべきであるか、その方法論を提示した文章・書物は、「幸福論」(Eudaemonics)と呼ばれている。幸福を倫理の最高目的と考え、行為の基準を幸福におく説を幸福主義という。古典的にはアリストテレスが典型であり、近代哲学では功利主義がその典型である。 本記事ではまず、哲学者や思想家や宗教家などによって幸福についてどのような考え方が提示されてきたのか見てゆく。→#哲学、思想、宗教における考え その次に、近年の統計的な調査や精神医学的な調査・研究で明らかになった知見なども紹介することにする。→#統計的、精神医学的調査・研究 哲学、思想、宗教における考え ソクラテス ソクラテスは、「生きること」以上に「よく生きること」を重視し、正しく知ることが重要であると説いた。

幸福の科学(こうふくのかがく、英: Happy Science)は、日本発祥の宗教団体。世界100カ国以上に会員組織がある。世界通称として「Happy Science」を使用。関連団体に日本国外の宗教法人56の他、幸福の科学出版、幸福実現党、幸福の科学学園などがある。 本尊は主エル・カンターレ。根本経典は『仏説・正心法語』。創始者・総裁である大川隆法の代表作『太陽の法』をはじめ、歴史上の人物や政治家、著名人などの霊言を含む多数の出版物による布教スタイルが特徴である。 1991年ごろから実施された大規模な広告キャンペーンや写真週刊誌『フライデー』の記事に虚偽の内容があると主張して出版元の講談社などへ実施した抗議行動で広く知られるようになった。 幸福の科学は、大川隆法が1986年10月6日に、設立した新宗教である。幸福の科学によれば、仏法真理の流布による人類幸福化を掲げている。発足以前の1985年から、イエス・キリストや孔子などの歴史上の偉人・宗教家などが大川隆法の口を通じて語ると主張し、(チャネリング)という内容の書籍(霊言集)を多数出版している。

幸福駅(こうふくえき)は、日本国北海道(十勝支庁)帯広市幸福町にあった日本国有鉄道(国鉄)広尾線の駅(廃駅)である。広尾線の廃線に伴い1987年(昭和62年)2月2日に廃駅となった。 駅名の縁起の良さから乗車券や入場券などで有名であり、廃止後も観光地として整備されている。 1956年(昭和31年) 8月26日? - 国有鉄道広尾線の幸福仮乗降場(局設定)として開業。 11月1日 - 駅に昇格。幸福駅となる。旅客のみ取扱い。 1987年(昭和62年)2月2日 - 広尾線の廃線に伴い廃止となる。 2013年 9月2日 - 老朽化のため駅舎解体。 11月16日 建替え工事終了 駅構造 廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の東側(広尾方面に向かって左手側)に存在した。転轍機を持たない棒線駅となっていた。 開業時からの無人駅だがホーム南側の出入口から東側に少し離れた位置に待合所機能のみの木造駅舎を有した。駅舎内に売店があり、簡易委託駅として乗車券の販売が行われていた。

『幸福喫茶3丁目』(しあわせきっさ さんちょうめ)は、松月滉による日本の漫画作品。 『花とゆめ』(白泉社)にて2005年1号から2009年18号まで連載され、『ザ花とゆめ』(白泉社)にも特別編が3度掲載された。単行本は全15巻が刊行された。 あらすじ 母の再婚をきっかけに、幸福町3丁目でバイト&1人暮らしをはじめた潤。親の反対やライバルの出現、さまざまなハプニングのなかで果たして潤は成長しているのか。 潤のしあわせさがしロマンスが始まった。 登場人物 カフェ・ボヌール店員 高村潤(たかむら うる) 声 - 神田朱未 本作の主人公。身長154cm。16歳で高校2年生。怪力。母親の再婚を機にひとり暮らしを始め、「誰かを幸せにできたら……」という動機によりカフェ・ボヌールでアルバイトを始めた。 童顔と小柄、から、よく小学生に間違えられるのが悩み。お人好しで優しい性格のため、自分のことを後回しにすることが多い。美女、子供が好き。つるぺたなのがコンプレックス。 進藤咲月(しんどう さつき) 声 - 鳥海浩輔 カフェ・ボヌールのパティシエ。

株式会社幸福銀行(こうふくぎんこう)は、かつて大阪府大阪市西区に本店を置いていた第二地方銀行(旧・相互銀行)の会社である。1989年に相互銀行から普通銀行になるに当たって行名を「幸福相互銀行」から改めた。なお、店舗の看板の「福」には、「礻」偏ではなく、旧字体の「示」偏が用いられていた。 同族経営の機関銀行 幸福銀行は社長頴川徳助の実弟・勉二(娘婿は香川2区選出の木村義雄元衆院議員(現在は比例区選出の参院議員)である)が副社長、長男・徳昭が専務と一族で要職を固めていた。一族が経営する大一商店グループが大株主であり、「大一商店グループの金融部門」と揶揄されてきた。1998年5月時点幸福銀の融資のうち、大一商店などの関連会社向けが約1400億円と全体の1割弱を占めていた。中でも筆頭株主である大一商店への融資残高約235億円のうち8割強に当たる195億円が無担保状態であり、しかも利払延滞している案件が目立ち、さらに、非上場を理由に情報開示に消極的な姿勢をとり、マーケットからは「不透明な融資は多く、公表している不良債権額は信用できない」と言われていた。

幸福会ヤマギシ会(こうふくかいヤマギシかい)とは、とは農業・牧畜業を基盤とするユートピアをめざす活動体(農事組合法人)。 通称は「ヤマギシ会」「ヤマギシ」。1953年(昭和28年)、山岸巳代蔵の提唱する理念の社会活動実践母体「山岸式養鶏会」として発足、約10日後に「山岸会」に改名、1995年(平成7年)に名称を「幸福会ヤマギシ会」と変更。 所有の概念を全否定し、「無所有一体」の生活を信条としている。アーミッシュと並べて例えられる場合もある。 売り上げ規模では農事組合法人のトップに位置している。 ヤマギシズム社会を実践する場であるヤマギシズム社会実顕地が全国に26か所あり、約1500人が共同生活を営んでいる。また、ブラジルやスイス・韓国・オーストラリア・アメリカ合衆国・タイなど日本国外にも6箇所の社会実顕地があり、社会実顕地に未参画の会員が5万人ほどいるとされる。 ヤマギシズム社会実顕地では野菜や果物、家畜などが育てられており、農産物加工品を全国販売している。最近では、「エコビレッジ」の先駆者として評価されることもある。 活動 特別講習研鑽会(ヤマギシズムの理念や思想を体験的に知るために参加者全員が車座になってひとつのテーマを深く議論する「研鑽会」が主)と呼ばれる一週間の合宿形式の講座を受講すると会員となることができる。

幸福を呼ぶ小人(しあわせをよぶこびと)(原題:”DROOPY LEPRECHAUN” 公開:1958年7月4日)は、アメリカ合衆国の映画会社、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)社に所属していたアニメーターのマイケル・ラーによる作品のひとつ。
監督 マイケル・ラー
制作総括 ウィリアム・ハンナ ジョセフ・バーベラ
アニメーション制作 ビル・シーペック ディック・ビッケンバック ジェームズ・エスカランテ カール・ヴィンチ ケン・サウスワース ルイス・マーシャル
脚本 ホーマー・ブライトマン
音楽 スコット・ブラッドリー
旅の途中でアイルランド・ダブリン空港に立ち寄ったドルーピー。次の出発まで時間があるため「シレラグ(Shillelagh)城」なる地元の名所(架空)を見物することになった。途中の土産物屋で「幸福の小人」がかぶっていたという帽子を購入し、そのまま城へ向かうドルーピーだが、往路の街角で地元のブルドッグ(スパイク)とすれ違う。彼は帽子をかぶっているドルーピーを小人と勘違いし、捕まえて金儲けをしようと企む。

転送 幸福論 (曲)

『幸福の王子』(こうふくのおうじ)は、日本テレビ放送網 日本テレビ製作のテレビドラマ。2003年7月2日~9月10日に放送された。
第1話で物語の結末が描かれ、以降の各話で「どうしてこのような結末になったのか」が描かれるという斬新な物語構成が話題となった。
悲しい愛の物語からピュアに生きることの難しさを描いたドラマ。
周平(本木雅弘)と海(菅野美穂)が両思いになったのを、良介(渡部篤郎)が2人を引き裂こうとする・・・
鳴川周平(本木雅弘)
安元海(菅野美穂)
見城則子(坂下千里子)
光石繭/桃子の娘(綾瀬はるか) ※幼児期は別の子役(空閑琴美)が演じた。
安元道男/海の父(渡辺哲)
安元信江/海の母(大森暁美)
鳴川真平/周平の子(谷村拓哉)

『幸福の黄色いハンカチ』(しあわせのきいろいハンカチ)は、1977年(昭和52年)10月1日に公開された山田洋次監督による日本映画。 解説 1971年に『ニューヨーク・ポスト』紙に掲載されたピート・ハミルのコラム『Going Home』をベースに、北海道を舞台に撮影された日本のロードムービーの代表作である。 高倉健・倍賞千恵子といったベテラン俳優から、映画初出演となる武田鉄矢、その共演に桃井かおり、さらには脇役に渥美清を据えるなど、これ以上ない布陣で臨んだ同作品は、俳優陣の演技はもちろんのこと、シンプルながら観衆の心情に深く訴えかけるストーリーが高い評価を得た。第1回日本アカデミー賞や第51回キネマ旬報賞、第32回毎日映画コンクール、第20回ブルーリボン賞や第2回報知映画賞など、国内における同年の映画賞を総なめにしている。 後にキャスティングを変え、テレビドラマ化や日本国外でも映画化された。 ストーリー 恋人の伸子と失恋してヤケになった花田欽也(武田鉄矢)は、勤めていた工場を突然退職。

『幸福な食卓』(こうふくなしょくたく)は、瀬尾まいこの長編小説である。2006年にコミックが出版され、映画が2007年1月27日に公開。 ストーリー 「父さんは今日で父さんをやめようと思う。」佐和子の父・弘はある朝の食卓で言った。 母さんは家を出て、天才と呼ばれた兄・直ちゃんは大学に行かず、突然農業を始めた。戸惑いながら生きる佐和子は、同じ塾に通う大浦勉学と出会う。驚くほど単純な性格の大浦だが、いつしか佐和子にとっては心の支えとなっていた。2人はそろって同じ進学校に合格し高校生活を始める。 小説 第26回(2005年)吉川英治文学新人賞受賞作。 2004年11月、講談社から出版(ISBN 9784062126731)。 コミック イラスト:くりた陸 2006年11月、講談社から出版。 映画 キャスト 中原佐和子 - 北乃きい 大浦勉学 - 勝地涼 中原直 - 平岡祐太 小林ヨシコ - さくら 中原弘 - 羽場裕一 中原由里子 - 石田ゆり子 中学の担任教師 - 中村育二 スタッフ 監督:小松隆志(MMJ) 脚本:長谷川康夫 プロデューサー:小滝祥平 撮影:喜久村徳章 照明:大坂章夫 美術:金田克美 装飾:松本良二 録音:武進 整音:小野寺修 編集:阿部亙英 音楽:小林武史 主題歌:Mr.Children「くるみ -for the Film- 幸福な食卓」 シングル「しるし」、アルバム「B-SIDE」に収録されている。

幸福追求権(こうふくついきゅうけん)とは、日本国憲法第13条に規定される「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」のこと。 アメリカ独立宣言の掲げる「生命、自由及び幸福追求の権利」の影響が認められる。アメリカ独立宣言の文言は自然権として、世界人権宣言の生存権や人身の自由の起源ともなった。 具体的権利性 初期の学説は、13条は14条以下の人権の総称規定であり、具体的権利性を否定するものであった。しかし、1960年代以降の経済・社会の変容は新たな権利を求めるようになり、それにつれて学説も次第に13条に具体的権利性を認める説が主流となってきた。 具体的権利性否定説 日本国憲法に具体的に定められている権利の総称にすぎないと解する。 具体的権利性肯定説 人格的利益説 個人の人格的生存に不可欠の利益を内容とする権利の総体であり、個別の人権とは一般法と特別法の関係になっていると解する。 一般的自由説 広く一般的行為の自由に関する権利の総体であると解する。 新しい人権 プライバシーの権利 嫌煙権 環境権 日照権 健康権 アクセス権 平和的生存権しかし、判例が認めるのは、プライバシーの権利としての肖像権ぐらいである(京都府学連事件、最高裁判所昭和44年12月24日大法廷判決)。

幸福主義(こうふくしゅぎ、”Eudaemonism”)とは倫理の目的が幸福を得ることにあるとする思想上の立場。
ギリシア哲学の多くにはこの傾向があるが、中でもアリストテレスは最高善は幸福(eudaimonia)であり、良く生き良く行為することが幸福と同じ意味であるとする。近代においても功利主義などはこの立場であるが、そこでは幸福は快楽を意味している(快楽主義)。
イマヌエル・カント カントは義務論の立場から幸福主義と対立する倫理学を展開した。善はそれ自体を目的とするものであって何かの手段として行うものではないという。
アリストテレスは、われわれが求める「善きもの」には大別すると三種あるととなえる。
そのひとつが「有用さ」である。すなわち、これは他のものを求める手段として役立つよさである。

『幸福な王子』(こうふくなおうじ、The Happy Prince)は、アイルランド出身の文人オスカー・ワイルドによる子供向けの短編小説。またこの短編が初出する短編集 The Happy Prince and Other Tales の通称。1888年に発表された。 町の中心部に高く聳え立つ自我を持った王子像が、あちこちを飛び回って様々な話をしてくれるツバメと共に、苦労や悲しみの中にある人々のために博愛の心で自分の持っている宝石や自分の体を覆っている金箔を分け与えていくという自己犠牲の物語。最後は、宝石もなくなり金箔の剥がれたみすぼらしい姿になった王子と、南に渡っていく時期を逃して寒さに凍え死んだツバメが残る。皮肉と哀愁を秘めた象徴性の高い作品。 短編集に収録されている作品 幸福な王子 - The Happy Prince ナイチンゲールとばら - The Nightingale and the Rose わがままな巨人 - The Selfish Giant 忠実な友だち - The Devoted Friend 非凡な打ち上げ花火 - The Remarkable Rocket 幸福な王子 あらすじ ある街の柱の上に、「幸福な王子」と呼ばれる像が立っていた。

『幸福のスイッチ』(しあわせのすいっち)は、安田真奈原案・監督・脚本の映画。田辺市にあるフィルムコミッション・JTB西日本・松下電器産業(現:パナソニック)が製作に協力している。 「イナデン」は地域の人達に親しまれている、『お客第一・儲けは二の次』がポリシーの小さな電器屋。三姉妹の真ん中・怜(上野樹里)は、母が亡くなるまでもそれから後も、家族よりお客からの修理依頼などのアフターサービスに尽くす父・誠一郎(沢田研二)の姿がどうしても我慢できず、反発して上京した駆け出しのイラストレーター。だが肝心の仕事でも上司と衝突し、とうとう会社を辞めてしまう。そんなある日、怜のもとに現在妊娠中の長女・瞳(本上まなみ)が倒れて入院したとの手紙が、三女の香(中村静香)から届く。あわてて和歌山に帰郷した怜だが、入院していたのは父の誠一郎だった。父は客の依頼で行なったアンテナの設置中に、屋根から落ちて骨折したのだった。そんな状態でも、お客と電話で話す父の姿にあきれる怜。父が退院するまでの1か月間の約束で、しぶしぶ店の手伝いをする怜だが、すっかり常連客の溜まり場となっている店の騒がしい日常や、配達・修理作業を手伝いにきている中学時代のクラスメイト・鈴木(林剛史)のお調子ぶりなどにうんざりする。

幸福の王子(こうふくのおうじ)は、日本テレビ製作のテレビドラマ。2003年に放送された。脚本は遊川和彦。主題歌はMr.Childrenの「Drawing」。
悲しい愛の物語からピュアに生きることの難しさを描いたドラマ。
鳴川周平(本木雅弘)
安元海(菅野美穂)
与田良平(渡部篤郎)
見城則子(坂下千里子)
光石桃子(井森美幸)
光石繭(綾瀬はるか)
平泉成
話数 サブタイトル 視聴率
第一話 「彼は神?悪魔?愛がすべてを奪った!?世界一哀しい恋の物語!」 11.8%
第二話 「最愛の女性を一人ぼっちで死なせた理由」 11.0%
第三話 「さよなら愛する人…死が二人を分かつ時」 11.7%
第四話 「命の灯が消える時…炎の中のプロポーズ」 12.2%

『幸福への出発』(こうふくへのしゅっぱつ)は宗教法人生長の家の布教番組。 毎週末早朝5時台から7時台に、全国のAMラジオ局で放送されている。 教団本部講師の講話に続き、番組後半には各地の信者向けに教団支部のイベント告知等を挿入する形式。放送時間は15分~25分と、局によって異なる。 殆どの局では日曜の放送だが、琉球放送と山梨放送(他局より1日早い)および栃木放送(他局より6日遅れ)では土曜日に放送されている。 放送終了後、同一内容がポッドキャストでも配信される。 ニッポン放送ではフィラー扱いの時間帯なので、公式ホームページの番組表には記載されていない。 放送局・放送時間 北海道放送:日 5:55~6:20 栃木放送:土 6:40~6:55 ニッポン放送:日 4:40~5:00 山梨放送:土 5:45~6:00 北日本放送:日 7:30~7:45 静岡放送:日 6:00~6:20 東海ラジオ:日 5:40~6:00 岐阜放送:日 7:30~7:50 福井放送:日 7:00~7:15 KBS京都:日 5:20~5:40 ラジオ関西:日 6:30~6:50 中国放送:日 5:40~6:00 西日本放送:日 7:10~7:30 南海放送:日 6:35~6:55 九州朝日放送:日 6:25~6:40 長崎放送:日 6:15~6:30 南日本放送:日 7:10~7:30 琉球放送:土 5:30~5:45 過去の放送局 ラジオ福島:日 7:30~7:50 新潟放送:日 6:00~6:15 山陽放送:日 6:15~6:35 山陰放送:日 6:25~6:45 山口放送:日 6:20~6:35 大分放送:日 6:45~7:00 熊本放送:日 6:15~6:30 脚注 外部リンク 生長の家サイト内・ラジオ放送のご案内 幸福への出発。

幸福の科学学園関西中学校・高等学校(こうふくのかがくがくえんかんさいちゅうがっこう・こうとうがっこう、英名:Happy Science Academy Kansai, Junior and Senior High School)は、滋賀県大津市にある学校法人幸福の科学学園が運営する男女共学の中学校・高等学校(中高一貫校)である。 沿革 2010年10月23日 - 「学校法人 幸福の科学学園、大津で大規模土地取得」と京都新聞、毎日新聞滋賀版にて報じられる。 2011年 1月16日 - 自治会向け学園説明会。 4月15日 - 学校設置認可申請 11月1日 - 工事正式着工。 2013年2月6日 - 滋賀県私立学校審議会が「幸福の科学学園関西中学校・高等学校」の設置認可を適当と認める答申。 2013年2月12日 - 上記の答申を受けて、滋賀県知事が学校設置を認可。 2013年4月1日 - 幸福の科学学園関西中学校・高等学校開校。 施設 校舎棟 講堂兼屋内運動場 礼拝室 ICT教室 図書室 寄宿舎棟 カフェテリア、コンビニ クラブ活動等 (初年度設置予定) 武道部 バドミントン部 バスケットボール部 サッカー部 女子ダンス部 女子ソフトボール部 陸上部 美術部 未来科学部 英語部 音楽部(合唱・室内楽・吹奏楽) アクセス 西日本旅客鉄道(JR西日本)湖西線おごと温泉駅から徒歩15分 湖西道路仰木雄琴ICから約5分 反対運動 2010年12月12日 - 反対集会の中で反対グループ「北大津まちづくりネットワーク」が設立。

幸福の科学事件(こうふくのかがくじけん)とは、宗教法人幸福の科学およびその幹部らが、元信者および代理人弁護士らが行った民事訴訟およびその提訴記者会見が名誉毀損であるとして損害賠償請求訴訟を提起したところ、この訴訟提起が、「批判的言論を威嚇する目的」でなされた不当訴訟であるとして、代理人弁護士に対する損害賠償が命じられた民事裁判の事例である。請求金額が不相当に高額な場合に当該請求自体が不法行為となる可能性があることについては複数の判例が存在するが、この事案はその中で、批判的言論を威嚇する目的で名誉毀損を理由とした請求をしたものであり、いわゆる不当訴訟のうちに「批判的言論威嚇目的訴訟」(スラップ)という独自の類型を成立させるものとなった。 なお、元信者および代理人弁護士らが幸福の科学に献金を強要されたとして提起していた民事訴訟は強制の事実はないとして元信者および代理人弁護士側が敗訴 経緯 1. 献金訴訟の提起と提訴記者会見 幸福の科学の元信者が、1996(平成8)年12月25日、同教団の幹部らから教団に対する2億円余に上る献金を脅迫により強制されたと主張して、弁護士山口広を訴訟代理人として、幸福の科学らを被告とする損害賠償請求訴訟(以下「献金訴訟」)を提起した。

作品名 幸福”Le Bonheur”
監督 アニエス・ヴァルダ
製作総指揮
製作 マグ・ボダール
脚本 アニエス・ヴァルダ
出演者
音楽 ジャン=ミシェル・ドゥファイ
撮影 クロード・ボーソレイユジャン・ラビエ
編集
上映時間 79分
製作国 フランス
言語 フランス語
制作費
興行収入
前作
次作
allcinema_id 9405
kinejun_id