孔子の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

孔子|33件。

孔子(こうし、ピン音: Kǒng zǐ; ウェード式: K'ung-tzu、紀元前552年9月28日‐紀元前479年3月9日)は、春秋時代の中国の思想家、哲学者。儒家の始祖。 氏は孔、諱は丘、字は仲尼(ちゅうじ)。孔子とは尊称である(子は先生という意味)。ヨーロッパではラテン語化された"Confucius"(孔夫子の音訳、夫子は先生への尊称)の名で知られている。 実力主義が横行し身分制秩序が解体されつつあった周末、魯国に生まれ、周初への復古を理想として身分制秩序の再編と仁道政治を掲げた。孔子の弟子たちは孔子の思想を奉じて教団を作り、戦国時代、儒家となって諸子百家の一家をなした。孔子と弟子たちの語録は『論語』にまとめられた。 3000人の弟子がおり、特に「身の六芸に通じる者」として七十子がいた。そのうち特に優れた高弟は孔門十哲と呼ばれ、その才能ごとに四科に分けられている。すなわち、徳行に顔回・閔子騫・冉伯牛・仲弓、言語に宰我・子貢、政事に冉有・子路、文学(学問のこと)に子游・子夏である。

孔子学院(こうしがくいん)とは、中華人民共和国が海外の大学などの教育機関と提携し、中国語や中国文化の教育及び宣伝、中国との友好関係醸成を目的に設立した公的機関である。教育部が管轄する国家漢語国際推広領導小組弁公室(「漢弁」)が管轄し北京市に本部を設置し、国外の学院はその下部機構となる。孔子の名を冠しているが、あくまでも中国語語学教育機関であって、儒学教育機関ではない。なお、孔子77代目の嫡孫である孔徳成が、1949年に台湾へ移住して以降、孔子直系の系譜は中華民国に居住しており(2009年9月以降は孔子79代目の嫡孫、孔垂長が世襲職大成至聖先師奉祀官となっている)、孔徳成が重慶で主宰した孔学会と孔子学院とは、歴史的な繋がりは存在しない。 中国語と中国語を世界に広めるために、大学レベルの「孔子学院」と、中学・高校レベルの「孔子学級」がそれぞれ設置されている。「孔子学院」のほうは、ドイツのゲーテ・インスティテュートやフランスのアリアンス・フランセーズ、スペインのセルバンティス文化センター、そして部分的にブリティシュ・カウンシルを模して作られている。

孔子紀年(こうしきねん)とは、儒教の大成者である孔子の没年あるいは生年を元年とした紀年法である。清末、変法派の康有為が主張した。西洋国家がキリスト教を国家宗教とするのを模倣して儒教を国教としようとした孔教運動を展開するなかで唱えられた。 孔子卒後紀年 康有為一派が最初に採用した孔子紀年で、孔子の没年を元年とする紀年法である。光緒21年(1895年)、上海で発行された『強学報』初号表紙に「孔子卒後二千三百七十三年」と記したのが最初の使用例と見られる(ただし光緒紀年も並べ記す)。 また同雑誌には「孔子紀年説」を掲載し、この紀年法を採用した理由を以下のように記す。すなわち『史記』には「孔子卒」や「孔子卒後○○年」と記すが、これは董仲舒から公羊学の微言大義をうけた司馬遷が孔子紀年を実践したものだという。その後約二千年も埋もれていたこの紀年法を『強学報』に復活させたのだと述べている。 また光緒24年(1898年)の百日維新の時には、「孔聖を尊んで国教と為し教部教会を立て孔子紀年を以て淫祠を廃するを請うの摺」を上奏して孔子紀年を採用させようとした。

『孔子紀年』より : 孔子紀年(こうしきねん)とは、儒教の大成者である孔子の没年あるいは生年を元年とした紀年法である。清末、変法派の康有為が主張した。西洋国家がキリスト教を国家宗教とするのを模倣して儒教を国教としようとした孔教運動を展開するなかで唱えられた。 孔子卒後紀年 康有為一派が最初に採用した孔子紀年で、孔子の没年を元年とする紀年法である。光緒21年(1895年)、上海で発行された『強学報』初号表紙に「孔子卒後二千三百七十三年」と記したのが最初の使用例と見られる(ただし光緒紀年も並べ記す)。 また同雑誌には「孔子紀年説」を掲載し、この紀年法を採用した理由を以下のように記す。すなわち『史記』には「孔子卒」や「孔子卒後○○年」と記すが、これは董仲舒から公羊学の微言大義をうけた司馬遷が孔子紀年を実践したものだという。その後約二千年も埋もれていたこの紀年法を『強学報』に復活させたのだと述べている。 また光緒24年(1898年)の百日維新の時には、「孔聖を尊んで国教と為し教部教会を立て孔子紀年を以て淫祠を廃するを請うの摺」を上奏して孔子紀年を採用させようとした。

孔子廟(こうしびょう)は、中国、春秋時代の思想家、儒教の創始者である孔子を祀っている霊廟(霊を祀る建物)。 中国 中国語では孔子庙(簡体字)/孔子廟(繁体字)(コンツーミャオ、拼音: kǒngzǐ miào・注音: ㄎㄨㄥˇ ㄗˇ ㄇㄧㄠˋ)という。一般的に孔庙(簡体字)/孔廟(繁体字)(コンミャオ、拼音: kǒng miào・注音: ㄎㄨㄥˇ ㄇㄧㄠˋ)と呼ばれる。また関帝廟が武廟と呼ばれるのに対比して文廟とも呼ばれる。 曲阜の大成殿は、20世紀初頭に文廟、聖廟、孔廟と様々に呼ばれたが、現在の中国では孔廟とされ、儒教の総本山として厚く信奉されている。その廟には、孔子と四配(顔子・子思・曽子・孟子)らの木像が安置され、『論語』が納められている。また、孔子に対する敬称のひとつ・夫子(ふうし)を使って単に夫子廟といった場合、南京にあるものを指す。 孔子の生まれたとされる魯の国の昌平郷陬邑(すうゆう)、現在の山東省曲阜(きょくふ)に、孔子の死後1年目に魯の哀公が孔子の旧宅を廟にしたとされ、そこに孔子廟が作られたのがそもそもの始まりであった。

孔子鳥(こうしちょう)(学名:Confuciusornis、コンフシウソルニス)は、中生代白亜紀前期の中国の地層から発見された古鳥類である。大きさはスズメより少し大きいくらいである。(ジュラ紀後期との説もある) 現世鳥類(真鳥類)と異なり、翼に爪をもつ等、祖先の肉食恐竜の面影をうっすらと残してはいるものの、上下の顎が歯を消失してクチバシ状になり、尾骨が萎縮する等、現代の鳥類に通じる特徴も持ち合わせる。発見された化石の多くは羽毛の印象を伴っており、雌雄で外見が異なる(オスと思しき個体の化石には長い尾羽が残されていた)ことが明確に判明した数少ない例である。 名前は古代中国の思想家・孔子(欧州では、尊称である孔夫子をラテン語化したConfuciusと綴る)にちなんでつけられた。 系統関係図 恐竜 Dinosauria 竜盤類 Saurischia 獣脚類 Theropoda テタヌラ類 Tetanurae コエルロサウルス類 Coelurosauria マニラプトル形類 Maniraptoriformes マニラプトル類 Maniraptora エウマニラプトル類 Eumaniraptora 鳥類 Aves 関連項目 絶滅した動物一覧。

『カイノキ』より : カイノキ(楷樹、学名: Pistacia chinensis)は、ウルシ科カイノキ属の落葉高木。同じウルシ科のピスタチオとは同属で近縁。別名カイジュ、ランシンボク(爛心木)、トネリバハゼノキ、ナンバンハゼ(南蛮櫨)、クシノキ(孔子の木)。 カイノキは、直角に枝分かれすることや小葉がきれいに揃っていることから、楷書にちなんで名付けられたとされる。別名のクシノキは、山東省曲阜にある孔子の墓所「孔林」に弟子の子貢が植えたこの木が代々植え継がれていることに由来する。また、各地の孔子廟にも植えられている。このように孔子と縁が深く、科挙の進士に合格したものに楷の笏を送ったことから、学問の聖木とされる。 形態・生態 雌雄異株で、樹高は20-30m、幹の直径は1mほどになる。 葉は偶数羽状複葉だが、奇数の葉が混じることがある。小葉は5-9対で、倒卵披針形で、濃い緑色をしている。秋には美しく紅葉する。 花は円錐花序で、4-5月に葉に先立って花を咲かせる。雄花は淡黄色、雌花は紅色を呈する。 秋には5-6mmの赤い球形の果実を房状につける。果実は熟すると紫色になる。 分布 東アジアの温暖な地域に自生する。

『孔子改制考』(こうしかいせいこう)は、中国の清朝の康有為の著書である。1897年(光緒23年)に刊行された。 先に康有為は、儒教の経典中で古文で書かれたものを前漢の劉歆の偽作であるとし、今文で書かれたものが孔子の著作であるとする論を展開した「新学偽経考」(しんがくぎけいこう)という論著を著していた。 本書では、その前著の後を受けて、孔子を新しき王朝の体制を確立するために、旧制度を改革する役割を担った素王であって、そこに孔子の著述や活動の真意があったのだということを論じている。つまり、聖人である周公旦の制度の祖述を意図していたという、孔子に対する従来の見方を改めようとしたものである。 康有為は、孔子が改制の立役者であり素王であったと位置づけ、更には儒教の創業者の位置に孔子を位置づけようという意図を持っていた。その上で、自身の戊戌変法運動の理論上の根拠を求めようとしたものである。ただその論は、孔子をはじめ春秋戦国時代の諸子百家の思想家たちが、いにしえの時代に託すことで現体制の改革を説いたという事実と相容れないこととなり、その論は破綻を来たしてしまった。

孔子平和賞(こうしへいわしょう)は、中華人民共和国の学者らが集められ組織された中国郷土文化保護協会(後に中国郷土文化保護部に改称)が2010年12月に創設した、平和に貢献した人物に対して、その功績を顕彰し授与される「孔子」の名を冠した賞。2011年以降は香港の別団体である孔子国際平和研究センター(2011年10月設立)が継承したとされる(後述の歴史を参照)。 民主化運動、人権活動家の劉暁波への2010年度ノーベル平和賞授賞を巡って反発する中国において、ノーベル平和賞に対抗して、北京の大学教授らによってノーベル平和賞の授与式直前に独自に設けられた賞。中国郷土文化保護協会(孔子平和賞事務局)は、「公式な政府の組織ではないが、文化賞などを所管する文化省(文化部)と密接に協力している」としている。 受賞者には賞金と記念品、メダルが贈られる。賞金は年によって大きく変動しており、2010年は10万元(約120万円:発表当時)だったが、2012年に約1億8000万円と大幅に増額。

孔子家語(こうしけご)は『論語』に漏れた孔子一門の説話を蒐集したとされる古書。10巻。 『漢書』芸文志論語部に「孔子家語二十七巻」とあるが、その内容に関してはほとんど伝わらず、27巻本はその後程なくして散逸したと見られている。顔師古の注では、伝世本に非ずとしている。現在に伝わる『孔子家語』は、魏の王粛が再発見したものに注釈を加えたと称する44篇のものである。 現存する『孔子家語』には前漢の孔安国が撰した書に、その孫の孔衍が後序を補したものと記されているが、宋代から本格化した考証により、礼制で対立していた鄭玄派を論難するために王粛が偽作した書物とされることが多い。 ただし、その本文については『春秋左氏伝』『礼記』『説苑』『史記』など出典が現代まで伝わるものが多いため、その他の、現存する他書には見出せない文についても散逸した文献から採った可能性が高く、この書が王粛の偽撰であったとしても、孔門の説話集としては価値があると言えよう。

孔子 - こうし

何事も楽しんでやりなさい。楽しんでやることで、思わぬ力が発揮されるものなのだ。

孔子 - こうし

徳ある人を見たら、その人に並ぶことをめざせ。徳なき人を見たら、我が身を振り返り、自省せよ。

When we see men of worth, we should think of equaling them; when we see men of a contrary character, we should turn inwards and examine ourselves.

孔子 - こうし

君子は和して同ぜず 小人は同じて和せず

【訳】優れた人物は、人と協調するが主体性を失わず、小人物は、表面では同調するが心から親しくなることはないということ。

孔子 - こうし

成功者は必ず、その人なりの哲学をもっているものだ。その哲学がしっかりしているからこそ、成功者の人生は揺るがないのだ。

孔子 - こうし

三人行けば必ず我が師あり。その善なるものをえらび、之に従い、その不全なるものはこれを改む。

孔子 - こうし

二度と帰らぬものは過ぎ去った歳月である。二度と会うことができないのは死んでしまった親である。

孔子 - こうし

最も賢い者と最も愚かなものだけが、決して変わることがない。

Only the wisest and stupidest of men never change.

孔子 - こうし

良薬は口に苦くして病に利あり 忠言は耳に逆らいて行いに利あり

Good medicine tastes bitter. The best advice is the hardest to take.

孔子 - こうし

朝(あした)に道を聞かば 夕べに死すとも可なり

If I hear the Way of truth in the morning, I am content even to die in that evening.

孔子 - こうし

徳は孤ならず 必ず隣あり

Virtue is not left to stand alone. He who practices it will have neighbors.

孔子 - こうし

その人を知らざれば、その友を見よ。

孔子 - こうし

君子は平安でのびのびしているが、小人はいつでもくよくよしている。

The superior man is satisfied and composed; the mean man is always full of distress.