(データがありません。)

失恋(しつれん)とは、恋する相手への気持ちが成就しないこと。また、恋愛が何らかの形で終止符を打たれることである。その形は様々だが、多くの人は、深い悲しみとショックに陥る。対義語は得恋(とくれん)。 人によっては日常生活にも影響が表れ、食事が喉を通らないなどとなることもある。英語では失恋はBroken Heartという。直訳すると「恋が壊れる」、「心が傷つく」となる。なお、日本ではよく英訳時にHeart Breakという表記も見られる。 失恋のパターン おおまかな失恋のパターンは以下の通りである。 告白してフラれた 大半の人の『失恋』のイメージに必ず出てくるのがこのパターンだと言われる。片想いの相手にお付き合いをしたいという旨の告白を試みるが、その気にならない、または他に好きな人がいるという理由で断られてしまうことである。 相手が他の誰かと結ばれた/結ばれていた 好意を寄せている相手が自分ではない他の人に好意を持っていて、その好意を寄せている人も相手に好意を抱いている状態、どちらかが告白し、自分が告白する前に相手に恋人関係が成立するといったもの。

番組名=失恋保険
ジャンル=バラエティ番組
撮影=
放送時間=毎週金曜 25:00 - 25:30
放送分=30
放送期間=2005年7月8日 - 9月23日
放送回数=12
制作局=テレビ東京
プロデューサー=浅野太
出演者=眞鍋かをりトータルテンボス浜田翔子 (タレント) 浜田翔子
『失恋保険』(しつれんほけん)は、2005年7月8日から9月23日までテレビ東京で金曜深夜25:00 - 25:30の時間帯で放送されていた恋愛ドキュメント・バラエティ番組である。
素人の恋愛ドキュメントをスタジオで見るというありがちな形式ではあったが、タイトルのインパクトと、何かと「保険」が注目される時代の中、失恋に保険を設けるという企画性が好評で、スペシャル番組が放送されることもあった。テレビ東京のこの枠で、比較的視聴率が高かった数少ない番組のうちの1つ。

『失恋ショコラティエ』(しつれんショコラティエ)は、水城せとなによる日本の漫画作品。第36回講談社漫画賞「少女部門」受賞、第2回ananマンガ大賞大賞受賞。7巻刊行中の時点で累計発行部数250万部超え。 『月刊フラワーズ』増刊の『凛花』(小学館)にて3号から10号まで連載された後、『月刊フラワーズ』本誌へと掲載誌が移動となり、同誌2010年11月号から定期連載となった。単行本は、同社のフラワーコミックスαより全9巻。 2014年1月から3月までテレビドラマ化され放送された。 あらすじ 小動爽太は、高校時代から憧れていたサエコ(高橋紗絵子)と付き合っていた。バレンタインデーの前日、爽太は精魂込めて作ったボンボン・ショコラをプレゼントするが、サエコは別の男性と付き合っていると、受取りを拒否する。そもそも、付き合っていると思っていたのは爽太だけだった。爽太の考えでは、「付き合って」と言ったら「うんいいよ」とサエコが言いクリスマスイブの日キスもしたので、当然付き合っていると思った。