坂本龍馬の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

坂本龍馬|42件。

坂本龍馬

何の志も無きところに、ぐずぐずして日を送るは、実に大馬鹿者なり

坂本龍馬

世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る

坂本龍馬

義理などは夢にも思ふことなかれ 身をしばらるるものなり

坂本龍馬

われ、はじめて西郷を見る。その人物、茫漠としてとらえどころなし。ちょうど大鐘のごとし。小さく叩けば小さく鳴り。大きく叩けば大きく鳴る。

坂本龍馬

文(ふみ)開く衣の袖は濡れにけり 海より深き君が美心(まごころ)

坂本龍馬

丸くとも 一かどあれや人心 あまりまろきは ころびやすきぞ

坂本龍馬

日本を今一度 せんたくいたし申候

坂本龍馬

恥といふことを打ち捨てて 世のことは成るべし

坂本龍馬

時勢に応じて自分を変革しろ

坂本龍馬

感涙とどめず、遥か江戸の地より拝し、龍馬かならずこの恩に報うべし、と天地神明に誓ふ

坂本龍馬

※父が亡くなった時に詠んだとされる句

坂本龍馬

事は十中八九まで自らこれを行い 残り一、二を他に譲りて功をなさむべし

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日(新暦・1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(新暦・1867年12月10日))は、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。 諱は直陰(なおかげ)、のちに直柔(なおなり)。通称は龍馬。 他に才谷 梅太郎(さいたに うめたろう、さいだに うめたろう)などの変名がある (手紙と変名の項を参照)。 土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えるなど、重要な働きをした。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。1891年(明治24年)4月8日、正四位を追贈される。 生涯 幼少年期 龍馬は天保6年11月15日(1836年1月3日)、土佐国土佐郡上街本町一丁目(現在の高知県高知市上町一丁目)の土佐藩郷士(下級武士)坂本家に父・八平、母・幸の間の二男として生まれた。

『坂本龍馬』(さかもとりょうま)は、1989年3月31日にTBSで放映されたTBS大型時代劇スペシャルである。本作では、年初以外の放送はシリーズ初にして唯一である。 TBS大型時代劇スペシャルのシリーズの中で唯一年初以外の放送だが、主要キャストの多くは他の作品と共通している。真田広之、名取裕子、松方弘樹、十朱幸代、若山富三郎他、豪華キャストが集結。 端役でブレイク前の香川照之、財前直見、竹中直人らが出演。 前作の『織田信長』で監督だった中島貞夫が本作も続投。同作で主演の渡辺謙がナレーターを担当。 土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩後は志士として活動、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成し、薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えながらも、大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺されるまでの、日本の夜明けのために尽力した坂本龍馬の33年間の短い生涯を青春群像的に描いていく。