吉田松陰の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

吉田松陰|43件。

吉田松陰 - よしだ しょういん

親思う心にまさる親心。

吉田松陰 - よしだ しょういん

夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。

吉田松陰 - よしだ しょういん

小人が恥じるのは自分の外面である、君子が恥じるのは自分の内面である。人間たる者、自分への約束をやぶる者がもっともくだらぬ。死生は度外に置くべし。世人がどう是非を論じようと、迷う必要は無い。武士の心懐は、いかに逆境に遭おうとも、爽快でなければならぬ。心懐爽快ならば人間やつれることはない。

吉田松陰 - よしだ しょういん

志定まれば、気盛んなり。

吉田松陰 - よしだ しょういん

学問とは、人間はいかに生きていくべきかを学ぶものだ。

吉田松陰 - よしだ しょういん

敵が弱いように、敵が衰えるようにと思うのは、皆、愚痴もはなはだしい。自分に勢いがあれば、どうして敵の勢いを恐れようか。自分が強ければ、どうして敵の強さを恐れようか。

吉田松陰 - よしだ しょういん

学問をする眼目は、自己を磨き自己を確立することにある。

吉田松陰 - よしだ しょういん

君子は何事に臨んでも、それが道理に合っているか否かと考えて、その上で行動する。小人は何事に臨んでも、それが利益になるか否かと考えて、その上で行動する。

吉田松陰 - よしだ しょういん

人を信ずることは、もちろん、遥かに人を疑うことに勝っている。わたくしは、人を信じ過ぎる欠点があったとしても、絶対に人を疑い過ぎる欠点はないようにしたいと思う。

吉田松陰 - よしだ しょういん

満開となれば、やがて花は落ちる。太陽は南中すれば、やがて陰りはじめる。人は壮年を迎えれば、やがて老いていく。百年の間、必死で勉強すべきであり、ゆったりとくつろぐ暇などない。

吉田松陰 - よしだ しょういん

至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり。

吉田松陰 - よしだ しょういん

人間はみななにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない。

吉田 松陰(よしだ しょういん)は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者。山鹿流兵学師範。一般的に明治維新の精神的指導者・理論者・倒幕論者として知られる。私塾「松下村塾」で、後の明治維新で重要な働きをする多くの若者を育てた。 名前 幼時の名字は杉(本姓不明)。幼名は寅之助。吉田家に養子入り後、大次郎と改める。通称は寅次郎。諱は矩方(のりかた)。字は義卿、号は松陰の他、二十一回猛士。「二十一回」については、名字の「杉」の字を「十」「八」「三」に分解し、これらを合計した数字が「二十一」となること、および、「吉田」の「吉」を「十一口」、「田」を「十口」に分解でき、これらを組み合わせると「二十一回」となることによりつけられている。 生涯 文政13年(1830年)8月4日、長州萩城下松本村(現:山口県萩市)で長州藩士・杉百合之助の次男として生まれる。天保5年(1834年)、叔父で山鹿流兵学師範である吉田大助の養子となるが、天保6年(1835年)に大助が死亡したため、同じく叔父の玉木文之進が開いた松下村塾で指導を受けた。