勝海舟の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

勝海舟|31件。

勝海舟 - かつ かいしゅう

島国の人間は、どこも同じことで、とにかくその日のことよりほかは目につかなくって、五年十年さきはまるで暗やみ同様だ。それもひっきょう、度量が狭くって、思慮に余裕がないからのことだよ。

勝海舟 - かつ かいしゅう

人はみな、さまざまに長ずるところ、信ずるところを行えばよいのさ。社会は大きいからあらゆるものを包容して毫(ごう)も不都合はない。

勝海舟 - かつ かいしゅう

世の中に無神経ほど強いものはない。

勝海舟 - かつ かいしゅう

機先を制するというが、機先に遅れる後の先というものがある。相撲取りを見てもただちにわかる。

勝海舟 - かつ かいしゅう

やるだけのことはやって、後のことは心の中で、そっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ。

勝海舟 - かつ かいしゅう

人間、数ある中には、天の教えを受ける勘を備えている者がある。

勝海舟 - かつ かいしゅう

敵は多ければ多いほど面白い。

勝海舟 - かつ かいしゅう

政治家の秘訣は何もない。ただ「誠心誠意」の四文字ばかりだ。

勝海舟 - かつ かいしゅう

事を成し遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。

勝海舟 - かつ かいしゅう

行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない。

勝海舟 - かつ かいしゅう

あれのこれのと心配ばかりしていては、自然と気が餓え神(心)が疲れて、とても電光石火に起こりきたる事物の応接はできない。

勝海舟 - かつ かいしゅう

俺など本来、人(生まれ)が悪いから、ちゃんと世間の相場を踏んでいる。上がった相場はいつか下がるときがあるし、下がった相場もいつか上がるときがあるものさ。その間、十年焦らずじっとかがんでいれば、道は必ず開ける。

勝 海舟(かつ かいしゅう) / 勝 安芳(かつ やすよし、文政6年1月30日(1823年3月12日) - 明治32年(1899年)1月19日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。山岡鉄舟、高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。 幼名および通称は麟太郎(りんたろう)。諱は義邦 (よしくに)、明治維新後改名して安芳。これは幕末に武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、維新後は「安房」を避けて同音(あん−ほう)の「安芳」に代えたもの。勝本人は「アホゥ」とも読めると言っている。海舟は号で、佐久間象山直筆の書、「海舟書屋」からとったものである。海舟という号は元は誰のものであったかは分からないという。 父は旗本小普請組(41石)の勝小吉、母は勝元良(甚三郎)の娘信。幕末の剣客・男谷信友(精一郎)は血縁上は又従兄で、信友が海舟の伯父に当たる男谷思孝(彦四郎)の婿養子に入ったことから系図上は従兄に当たる。

『勝海舟』(かつかいしゅう)は、日本放送協会 NHKが制作し1974年1月6日から12月29日にNHK総合テレビジョン 総合テレビジョンで放送した12作目の大河ドラマ。全52回。子母澤寛 子母沢寛の同名小説を原作に、勝海舟の生涯を、彼を取り巻く人々の人間模様を織り交ぜて描く。
当初、主人公の勝海舟役は渡哲也だったが、急病により途中第9回までで異例の主役交代となり、第10回以降は松方弘樹が引き継いだ。しかし当時のNHKは、組合問題などで混乱していて制作体制が定まらず、松方が「NHKはモノをつくるところじゃない」と発言し物議を醸したり、脚本の倉本聰がスタッフと衝突して降板し、東京を去ったため、止む無く中沢昭二に交代するなどトラブルが続いた。しかし一般に視聴率が低いとされる幕末物にあって、年間平均視聴率は24.2%、最高視聴率は30.9%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)とまずまずであった。

勝海舟(かつかいしゅう)は、1990年12月30日、12月31日に日本テレビ放送網 日本テレビで放映された日本テレビ年末時代劇スペシャルの第6作である。幕末の風雲児・勝海舟の生涯を描く。
プロローグ
:明治30年代、明治女学校長・巌本善治は、東京の氷川町に住む一老人の談話を書籍にまとめようと取材を重ねていた。その老人こそ幕末の激動期を江戸幕府の幕引き役として主導した勝海舟である。慶應義塾の福澤諭吉から寄せられた勝や榎本武揚を批判する「痩我慢の説」という論文を見せられ、「行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張」とつぶやく氷川の老人。彼には人に言えない痩せ我慢が多くあったのである……
第一部「日本よーそろ-サムライ太平洋を渡る-」

『勝海舟』(かつかいしゅう)は、NHKが制作し1974年1月6日から12月29日に総合テレビジョンで放送した12作目の大河ドラマ。全52回。子母沢寛の同名小説を原作に、勝海舟の生涯を、彼を取り巻く人々の人間模様を織り交ぜて描く。 当初、主人公の勝海舟役は渡哲也だったが、肋膜炎に倒れて降板。渡が第9回まで務めた後、異例の主役交代となり、第10回以降は松方弘樹が引き継いだ。松方は好評だった1965年の『人形佐七捕物帳』に主演して以来のNHKドラマである。放送時はNHKの労使対立問題で現場が混乱して制作体制が定まっておらず、全話収録終了後に松方の不満が爆発、脚本の倉本聰が勅使河原平八ら演出スタッフと衝突して降板し東京を去り、中沢昭二に交代した( ⇒ #エピソード)。最高視聴率は30.9%、年間平均視聴率は24.2%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だった。 キャスト 勝麟太郎:渡哲也→松方弘樹 島田虎之助に剣術を学ぶ一方で、閉鎖的な時代の中で幕府からの圧力にも屈することなく洋学も学ぶ。