佐藤康光の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

佐藤康光|5件。

佐藤康光 - さとうやすみつ

修業時代からやってきたことは、間違っていないと思うんです。恐らく生まれ変わってまたプロ棋士になったとしても、同じやり方をするんじゃないかな。

佐藤康光 - さとうやすみつ

誰かや何かのせいにするのではなく、すべてを受け入れたうえで最善の戦い方をすることが大切。

佐藤康光 - さとうやすみつ

恐らく生まれ変わってまたプロ棋士になったとしても、同じやり方をするんじゃないかな。

佐藤康光 - さとうやすみつ

どんな状況にあっても、その時点のベストで戦わなければいけない。

佐藤康光 - さとうやすみつ

自分のペースをいつも完璧に維持できるわけではありません。でも、どんな状況にあっても、その時点のベストで戦わなければいけない。

佐藤 康光(さとう やすみつ、1969年10月1日 - )は、将棋棋士。タイトル通算獲得数は、歴代7位。永世棋聖の資格を保持する。棋士番号は182。田中魁秀九段門下。いわゆる「羽生世代」の一人に数えられる。2011年4月1日から日本将棋連盟の棋士会長を務める。京都府綴喜郡八幡町(現・八幡市)出身。 プロ入りまで 少年時代にあこがれていた棋士は、米長邦雄。師匠・田中の将棋教室に通うようになった頃、『米長の将棋』という本で勉強し、その独特の感覚や終盤の切れ味には大いに影響を受けているという。また、最初に読んだ棋書は有吉道夫の自戦記『玉頭位取り戦法』であり、真っ黒でボロボロになるまで繰り返し読んだという。 1981年の春、小学生将棋名人戦に6年生として出場し、NHK教育テレビで全国放送される準決勝に進出して3位となる。 1982年12月(中学1年の冬)、6級で関西奨励会に入会。その半年後、谷川浩司が史上最年少の21歳で名人となる。関西将棋会館の控え室で詰将棋を棋士・奨励会員数名が解けずに悩んでいたところに谷川が現れて数十秒で解き、皆を唖然とさせる。