人生の名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

人生|542件。

櫻井翔 - さくらい しょう

人生にもっとも大事なもの。失敗と反省。

ショーレム・アレイヘム - Sholem Aleichem

人生は賢者にとっては夢であり、愚か者にとってはゲームである。金持ちにとっては喜劇であり、貧乏人にとっては悲劇である。

アイスキュロス - Aischylos

私はつらい人生より死を選ぶ。

ジェームズ・アレン - James Allen

多くの場合、思いと船は、人生の海原を「漂流」しているだけなのです。

ジェームズ・アレン - James Allen

清らかな心からは、清らかな人生と清らかな身体が作られ、けがれた心からは、けがれた人生とけがれた身体が作られます。

尾崎豊 - おざき ゆたか

人生は、きっと自分のしたいことのためにあるんだと思う。だから、時間があると思う人は、まだ何かできると思う人は今のうちにうんとたくさん心の財産を増やしておくといいと思う。そうすれば君が求めているその夢にきっと辿り着ける。僕はそう信じてる。そして、君のためにそう祈って歌い続けるだろう。そして最後に、あの時ステージを降りてからずっと考えてた。今日この日何を言えばいいか。それは、どんな困難にも負けないで、いつまでも夢を捨てないで、君達へ僕からの精一杯の愛情を込めて、いつまでも歌い続けることを約束します。

尾崎豊 - おざき ゆたか

人生なんて毎日少しずつ自分の心の財産を支払いながら生きていくようなもんだって

長渕 剛 - ながぶち つよし

どうせ一回きりの人生なら、潔くかっさらわれてみるのもいいさ。馬鹿だと世間にののしられても、情けない程女々しくなくよりよっぽどましだ!

長渕 剛 - ながぶち つよし

人生は一度きりだから 生まれ変わるなら生きてるうちに。

孫正義 - そん まさよし

一日に夜が在り朝が在る様に人生にもそれが在る。

孫正義 - そん まさよし

どうしようもなく哀しい時は泣くしかないですよね。そんな時は泣きましょう。思いっきり泣いて泣き濡れましょう。泣き疲れたら新しい人生を生き抜きましょう。

孫正義 - そん まさよし

人生は、何と素晴らしいものだろう。幾多もの困難はある。しかし、それらを乗り越える勇気と努力を惜しまなければ、何時か必ず良き事が起こる。

人生(じんせい)とは、人間がこの世で生きることや、生きている時間、経験などのことである。 人生に対する見方や、人生の意味の理解のしかたを人生観という。 人生の短さ、長さ 人生は短い、ということが言われている。かつては「人生わずか50年」などといった言い回しでそれを表現していた時代もある。 古代ギリシャから古代ローマへ、そして現代にまで伝わっている表現に"Ars longa, vita brevis."(芸の道は長く、人生は短い)がある。同様に、人生は短いので一日一日を大切にし精一杯生きるべし、といった内容の戒めの言葉は、多くの賢人たちが述べている。 数字の上では日本人の平均寿命はいくらか伸び、80年を超えはしたが、それでもやはり Ars longa, vita brevis であることに変わりはない、とも理解されている。 その一方で、人生は長い、とも表現されている。「長い人生では様々なことが起きる」ともしばしば言われる。「人生、山あり谷あり」とも言う。人生でのさまざまな経験や出来事を、織物の模様に譬えて人生模様という。

生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え(せいめい、うちゅう、そしてばんぶつについてのきゅうきょくのぎもんのこたえ、原文: the Answer to the Ultimate Question of Life, the Universe, and Everything)は、ダグラス・アダムズのSF作品『銀河ヒッチハイク・ガイド』に登場するフレーズである。 銀河ヒッチハイク・ガイド ダグラス・アダムズの『銀河ヒッチハイク・ガイド』(The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)は、イギリスのラジオドラマで、のちに小説化、テレビドラマ化、そしてついに映画化がなされた人気シリーズである。奇抜な、ほとんど意味不明の領域に近づいたアイデアと、軽妙な語り口を持つスラップスティック(Slapstick = ドタバタ)SF小説である。作中、「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」を問われたスーパーコンピュータ、ディープ・ソートが750万年の計算の末に出した答えが、「42」である。

『人生、宇宙、すべての答え』より : 生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え(せいめい、うちゅう、そしてばんぶつについてのきゅうきょくのぎもんのこたえ、原文: the Answer to the Ultimate Question of Life, the Universe, and Everything)は、ダグラス・アダムズのSF作品『銀河ヒッチハイク・ガイド』に登場するフレーズである。 銀河ヒッチハイク・ガイド ダグラス・アダムズの『銀河ヒッチハイク・ガイド』(The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)は、イギリスのラジオドラマで、のちに小説化、テレビドラマ化、そしてついに映画化がなされた人気シリーズである。奇抜な、ほとんど意味不明の領域に近づいたアイデアと、軽妙な語り口を持つスラップスティック(Slapstick = ドタバタ)SF小説である。作中、「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」を問われたスーパーコンピュータ、ディープ・ソートが750万年の計算の末に出した答えが、「42」である。

『人生ゲームハイ&ロー』(じんせいゲームハイアンドロー)は、1979年10月1日から1982年9月27日までTBSで毎週月曜 19:30 - 20:00 (JST) に放送されていた視聴者参加型クイズ&ゲーム番組である。司会は愛川欽也。 本項では、後継番組である『社長ゲームハイ&ロー』(しゃちょうゲームハイアンドロー)、『貴女も社長ハイ&ロー』(あなたもしゃちょうハイアンドロー)、『社長かヒラか!ハイ&ロー』(しゃちょうかひらか!ハイアンドロー)も扱う。 『コメットさん』などのシリーズで長年親しまれたブラザー工業一社提供番組だったテレビドラマ枠『ブラザー劇場』の後継番組として、引き続きブラザーの一社提供番組による『ブラザーファミリーアワー』の最初のシリーズとして番組がスタートした。 3組の出場者が、サラリーマンの人生に見立てた出世双六でゴール(社長)を競うという内容。最高視聴率は28.5%(関東地区)を記録する人気番組であった。 放送開始から3年の1982年9月27日放送分をもって『人生ゲーム』としての放送は終了。

人生ゲーム(じんせいゲーム、The Game of Life)は、1960年にアメリカMilton Bradley社(現ハズブロ)から発売された、ボードゲームである。 原型は1860年ごろ、米国マサチューセッツ州・スプリングフィールドで印刷業を営むミルトン・ブラッドリー (en:Milton Bradley) という24歳の若者によって考案された「The Checkered Game of Life」。 日本版は、「人生ゲーム」の名称で1968年に株式会社タカラ(現タカラトミー)から発売された。この「人生ゲーム」は日本に於ける同社の登録商標(第919585号)で、タカラトミーの発表によると、日本版の累計出荷数は1000万個を超える。 ゲームシステムは、双六の発展形。ゲーム序盤のルーレット目によって「人生の筋道」が決まり、その後の人生が左右されていく。プレイヤーはサイコロではなく「ルーレット」を回し、人の一生になぞらえたイベントをこなしていく。現在でも改良版が発売されているという、息の長いゲームである。 ボードゲームとしての人生ゲーム以外にも、携帯ゲームとして発売された「人生ゲームキャンディ」シリーズもある。

人生オワタ(じんせいオワタ)は「2ちゃんねる」などで使われるアスキーアート アスキーアート(AA)によるキャラクター、および、悲観的な事態を意味するインターネットスラングである。
アスキーアート部分を単に「オワタ」と呼ぶこともあり、また「\(^o^)/」のみで(人生等が)終わったという意味のインターネットスラングとして使用する事もある。通常「オワタ」は半角の「オワタ」を使用し、「人生オワタ\(^o^)/」等と表記する。
人生を終わらせたくなるような悲観的な状況に陥っているのにもかかわらず、嬉々とした表情で万歳をしているという大きなギャップ(または開き直り)が特徴である。
人生に限らず、様々な事象において悲観的な事態スポーツ選手の怪我、少年犯罪の容疑者が逮捕された等も含む。(日本経済新聞 2007年4月28日夕刊より)が起きたときに「○○オワタ」のように使用されたり、単に自殺をあらわす意味で用いられる。

『人生幸朗・生恵幸子』より : 人生 幸朗・生恵 幸子(じんせい こうろ・いくえ さちこ)は、日本の夫婦漫才コンビ。昭和後期(戦後)に大阪を拠点に活動した。 夫の幸朗が歌謡曲や世相などにとんちんかんな難癖をつけ、「責任者出てこい!」の決めゼリフを吐く「ぼやき漫才」で、テレビ・ラジオを通じ、関西のみならず全国的に認知された。 コンビ略歴 それぞれのメンバーが別のコンビで活動したのち、1954年に結成。寄席出演のかたわら、草創期の在阪民放テレビ局の演芸番組に頻繁に出演するようになる。当初は都家文雄直伝の社会・世相・時事を扱ったぼやきに徹したが、2人は漫才作家の用意した台本を覚えるのが早くても15日はかかったため、ネタが古臭くなるのを避けて、流行歌にぼやくスタイルに変わったという。 幸子が病気療養中の1973年ごろ、幸朗がKTVの深夜番組『ナイトパンチ』にピンでレギュラー出演。これを機に若者層に認知され、幸子復帰後のコンビが全世代的に浸透する。1978年、「関西大衆芸術家友好訪中団」の一員として中国で口演。1982年の幸朗の急死直前まで活動した。 受賞歴 1974年 上方漫才大賞奨励賞 1977年 上方お笑い大賞 1978年 大阪市民表彰 弟子 柳井幸多朗 - 吉本新喜劇で活躍。

人生 幸朗・生恵 幸子(じんせい こうろ・いくえ さちこ)は、日本の夫婦漫才コンビ。昭和後期(戦後)に大阪を拠点に活動した。 夫の幸朗が歌謡曲や世相などにとんちんかんな難癖をつけ、「責任者出てこい!」の決めゼリフを吐く「ぼやき漫才」で、テレビ・ラジオを通じ、関西のみならず全国的に認知された。 コンビ略歴 それぞれのメンバーが別のコンビで活動したのち、1954年に結成。寄席出演のかたわら、草創期の在阪民放テレビ局の演芸番組に頻繁に出演するようになる。当初は都家文雄直伝の社会・世相・時事を扱ったぼやきに徹したが、2人は漫才作家の用意した台本を覚えるのが早くても15日はかかったため、ネタが古臭くなるのを避けて、流行歌にぼやくスタイルに変わったという。 幸子が病気療養中の1973年ごろ、幸朗がKTVの深夜番組『ナイトパンチ』にピンでレギュラー出演。これを機に若者層に認知され、幸子復帰後のコンビが全世代的に浸透する。1978年、「関西大衆芸術家友好訪中団」の一員として中国で口演。1982年の幸朗の急死直前まで活動した。 受賞歴 1974年 上方漫才大賞奨励賞 1977年 上方お笑い大賞 1978年 大阪市民表彰 弟子 柳井幸多朗 - 吉本新喜劇で活躍。

人生の意義(じんせいのいぎ、人生の意味とも、英語: Meaning of life)とは、人生において目的や意味とはあるのか、あるとすればそれはいかなるものなのかという問いである。一般的に用いられる日本語表現では「人生の意義」などとは表現せず、むしろ「生きがい」という表現のほうが定着している。 この問いは、経済的に豊かな国であるほど、切実な問題となってくる傾向がある。経済的・物質的に豊かな国の人々ほど、ひどい「空虚感」や「心のむなしさ」にさいなまれている人の数が増える傾向がある。アブラハム・マズローは人間は基本的欲求のすべてを満たして、ようやく「自己実現の欲求」といった高次欲求にかられ始める、と言っているが、「豊かな社会」は基本的欲求を満たしやすい社会なので、高次の欲求が発現しやすく、それが満たされない苦しみにさいなまれやすいという面がある、と諸富は言う。

『人生の意義』より : 人生の意義(じんせいのいぎ、人生の意味とも、英語: Meaning of life)とは、人生において目的や意味とはあるのか、あるとすればそれはいかなるものなのかという問いである。一般的に用いられる日本語表現では「人生の意義」などとは表現せず、むしろ「生きがい」という表現のほうが定着している。 この問いは、経済的に豊かな国であるほど、切実な問題となってくる傾向がある。経済的・物質的に豊かな国の人々ほど、ひどい「空虚感」や「心のむなしさ」にさいなまれている人の数が増える傾向がある。アブラハム・マズローは人間は基本的欲求のすべてを満たして、ようやく「自己実現の欲求」といった高次欲求にかられ始める、と言っているが、「豊かな社会」は基本的欲求を満たしやすい社会なので、高次の欲求が発現しやすく、それが満たされない苦しみにさいなまれやすいという面がある、と諸富は言う。

人生相談(じんせいそうだん)とは、人生上の「悩み」や「迷い」に関して相談すること。またそれにアドヴァイスやヒントを与えること。 一般における人生相談 一般的に「人生相談」と言えば、相談する人間が自分の人生上の諸々の問題について語り、それに対してどう対処するとよいのかについて、アドヴァイスやヒントを求めることであり、また相談相手がそうしたアドヴァイスやヒントを与えることである。 人生相談では一般的に、相談相手はそれぞれの立場から、是非善悪を判断したうえで行動を指示したり、ものの考え方のヒントを与える。従って人生相談は基本的に、もっぱら心理的な治癒を目指す心理カウンセリングとは異なっており、またもっぱら法律上の対処を目的とした法律相談とも異なっている。例えばレイプ被害の女性の悩みであれば、精神的ケアの部分がカウンセリングであり、被害者として法的にとれる対処法の選択肢を教えたり弁護士として具体的な法的な手続きを請負い法的な手続きを進めようとするのが法律相談であり、それらとは別の、今後どのように生きてゆくかヒントを与えたり具体的に指示したりするのが人生相談である。

人生という名の列車(じんせいというなのれっしゃ)は、馬場俊英がメジャー復帰を果たした後に初めて発表した作品およびそのタイトル楽曲で、実質的な再デビューアルバムと言える。発売元は10年前に所属していたのと同じフォーライフミュージックエンタテイメント。 内容 2000年のフォーライフミュージックエンタテイメントとの契約終了後からインディーズ活動を主にしていた馬場俊英だが、2005年にメジャー復帰を果たし、その後にリリースされた初めてのオリジナルアルバムである。 作品自体は前作から2年ほどのブランクだが、メジャー復帰という点から比較的多くのレコード店で流通し、入手可能な店舗が増えた。 インディーズでリリースしたシングルの曲も含まれているが大半はアルバムバージョンとして収録されている。 初回盤は特別付録12cmCDとして「LIVE 4 SONGS」と銘打ったライブ音源が付属していたが、上記のような話題性もあったためにすぐに売切れてしまっている。

作品名 人生は、奇跡の詩(うた)La Tigre E La Neve
監督 ロベルト・ベニーニ
製作総指揮
製作 ニコレッタ・ブラスキ
脚本 ロベルト・ベニーニヴィンセンツォ・セラミ
出演者 ロベルト・ベニーニニコレッタ・ブラスキジャン・レノ
音楽 ニコラ・ピオヴァーニ
撮影 ファビオ・チャンチェッティ
編集 マッシモ・フィオッキ
配給 MOVIE-EYE(日本)
上映時間 114分
製作国 イタリア
言語 イタリア語
制作費 $35,000,000
興行収入
前作
次作
allcinema_id 326085

『人生はフルコース』(じんせいはフルコース)は、佐藤陽の著書(正式タイトルは人生はフルコース―帝国ホテル・村上信夫の履歴書)、および同書を原作として2006年7月8日から3回のシリーズで放映されたNHK土曜ドラマである。 ドラマ この作品は、原作のサブタイトル通り、帝国ホテル料理長を長年務めた料理人・村上信夫の伝記をもとにしたドラマで、村上の波乱めいた料理人としての生き様を、高嶋政伸と牧瀬里穂(夫人役)の出演で描いていく。 出演 牧村信太郎(村上信夫)-高嶋政伸 中野(牧村)静代-牧瀬里穂(信太郎の従姉妹)現代編高橋修司-松尾敏伸(天鴎ホテルシェフ) 生田亜樹-霧島れいか(修司の婚約者。正一<後述>の孫) 谷中健一-佐藤B作(天鴎ホテル総料理長。子供の頃、牧村の出演した「きょうの料理」を見て料理の道を志した。モデルは、現・帝国ホテル総料理長の田中健一郎。なお、実際の田中と村上の関係、田中が村上から受けた薫陶などが、2007年7月17日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた。

『財津和夫の人生ゲーム21』より : 財津和夫の人生ゲーム21〜心の旅〜(ざいつかずおのじんせいゲームにじゅういち〜こころのたび〜)は、東海ラジオ放送をキーステーションに放送されているラジオ番組。2001年12月放送開始。当初は1時間番組だったが、2005年4月より、30分番組に変更になった。だが、東海ラジオの番組編成の都合上などで2013年9月28日を持って一旦終了となった。 主なコーナー 青春の一曲 私のビートルズ シネマ・カフェ パーソナリティ 財津和夫(元チューリップのリーダー) 公開収録 2002年12月3日 名古屋・東海ラジオスタジオ(パートナー:青山紀子アナウンサー) 2003年11月1日 大阪・ABCラジオ第1スタジオ(パートナー:橋詰優子アナウンサー) 2004年7月24日 東京・文化放送第5スタジオ(パートナー:水谷加奈アナウンサー) 2005年3月5日 福岡・KBCラジオ第1スタジオ(パートナー:奥田智子アナウンサー) ネット局・放送時間 ※2013年5月現在 現在 過去のネット局 ※三才ブックス刊行『ラジオ番組表 2008春号』などによる スポンサーの変遷 ?~2008年9月 - トヨタ自動車 トヨタのスポンサー降板により、一気にネット局が減り、文化放送のみとなった。

『人生の楽園』(じんせいのらくえん)は2000年10月7日からテレビ朝日系列で放送されているドキュメンタリー番組である。2006年1月7日放送の1時間新春スペシャルよりハイビジョン制作となっている。 番組概要 全国の、主に50代以上の夫婦が、UターンやIターンをして、店を経営したり農業を営んだりと「新しい生き方」、つまり第二の人生を歩む姿を、周囲の人々との交流を交えて描く。単純なスローライフやリタイア生活ではなく、新しいビジネスや町おこしといったポジティブな仕事に取り組む人々を中心に取り上げている。主に地方の人々が登場するが、東京など都市部を取り上げることもある。 番組の冒頭では男性ナレーター(いかりや長介→西田敏行)による「今週は何かいいことありましたか。私ね、思うんですよ。人生には楽園が必要だってね」というフレーズの後、その週の内容がテーマ曲に乗せて紹介される(いかりやから西田に交代するまでの間は伊藤蘭がフレーズを語っていた)。

『通過儀礼』より : 通過儀礼(つうかぎれい、rite of passage)とは、出生、成人、結婚、死などの人間が成長していく過程で、次なる段階の期間に新しい意味を付与する儀礼。人生儀礼(じんせいぎれい)ともいう。イニシエーションの訳語としてあてられることが多い。通過儀礼を広義に取り、人生儀礼を下位概念とする分け方もある。 イニシエーションとして古来から行われているものとしては割礼や抜歯、刺青など身体的苦痛を伴うものである事が多い。こうした事例は文化人類学の研究対象となっている。 社会心理学では、負担の大きな加入儀礼は、当人が認知的不協和を解消しようとする結果、組織への主観的評価を高めると考えられている。 日本における通過儀礼 日本の中世・近世における武家階級では元服というものがあり、服装、髪型や名前を変える、男子は腹掛けに代えてふんどしを締める(褌祝)、女子は成人仕様の着物を着て厚化粧する、といったしきたりもあった。

Name 人生
Type シングル
Artist 瀧勝
Cover
Released 1991年8月28日
Recorded
Genre J-POP
Length
Label キューンレコード
人生は瀧勝のシングル。
電気グルーヴ、ピエール瀧とは別人(という設定)の演歌歌手「瀧勝」のシングルで、ドリルキングレーベル第一弾。友人であるピエール瀧が作詞、石野卓球が作曲を担当。演歌界の大御所作曲家池田孝春によるド演歌のアレンジが施されている。カップリングには師匠でプロデューサーのビーグル犬「犬先生」によるリミックスを収録。大阪の通天閣にキャンペーンで訪れた際には朝日放送 ABCテレビ「おはよう朝日です」にも出演し話題に。取材等では本物の演歌歌手として扱われる事もしばしばあった。TBSラジオ&コミュニケーションズ TBSラジオの「歌うヘッドライト」でも普通の演歌として扱われて流れた。最終的にはあまり売れなかったために瀧勝は犬先生に噛まれて喉から血を出して死亡。生前ははちみつを好んで摂取していたので、死体からはほんのり甘い香りがしたという。シングルパッケージ内側、歌詞部分下の「野球選手だった」という嘘広告の写真は、当時マネージャーであった後藤伸一氏がKANに似ているという事から、KANのアルバム「野球選手が夢だった。」のジャケットのパロディーである。のちハードフロアによるリミックスを12インチシングルとして発表。なお、アルバム「DRILL KING ANTHOLOGY」に収録されているバージョンでは「おはよう朝日です」に出演した際の生音が冒頭に挿入されている。

『人生劇場』(じんせいげきじょう)は、尾崎士郎の自伝的大河小説。愛知県吉良町(現・西尾市)から上京し、早稲田大学に入学した青成瓢吉の青春とその後を描いた長編シリーズ。 1933年(昭和8年)に都新聞に「青春篇」が連載され、1959年(昭和34年)までに「愛慾篇」「残侠篇」「風雲篇」「離愁篇」「夢幻篇」「望郷篇」「蕩子篇」が発表された。1935年(昭和35年)に竹村書房から「青春篇」が刊行され、川端康成が絶賛するベストセラーとなった。1960年(昭和35年)から1962年(昭和37年)にかけて集英社で「新人生劇場 星河篇」「狂瀾編」が出版された。作品は自伝要素を混じえ創作されたが、「残侠篇」は完全な創作である。その後、尾崎の生前に「望郷篇」までが新潮文庫で全11巻で出版されていた。2008年(平成20年)に角川文庫で「青春篇」のみ、弘兼憲史のイラストによる表紙で新版が刊行。なお角川でも約半数が文庫化され、映画公開に合わせ新版を再刊していた。 この作品を手本としたものに、同じ早稲田大学の後輩である五木寛之の自伝的な大河小説『青春の門』がある。

人生(じんせい、ZIN-SÄY!)は、日本の80年代後半にインディーズで活躍したニュー・ウェイヴ・バンド。 電気グルーヴの前身にあたるバンドである。 1985年、静岡在住時代に石野卓球を中心に結成。現在の電気グルーヴの前身であり、ピエール瀧(当時の芸名は畳三郎)も所属していた。当時有頂天のケラ(現・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)が主催するナゴムレコードに在籍。 人生 (ZIN-SAY!) のメンバーは顔にメイクをしており、卓球は白塗りに目が赤と青の独特なメイクで、時に怪しいピエロ風、時にカッターシャツにネクタイ、時に大ファンである鬼太郎ファッションに身を包んでいた。畳(ピエール瀧)は、時にドラえもん、時にゴルゴ13、時には殿様等のコスプレをしていた。 1986年、静岡モッキンバードで有頂天の3度目の前座をした時に、ケラから「レコード出さない?…ナゴムから出さないでどこで出す!?」と言われた。卓球の勉強部屋で自宅録音されたデモ・テープが、そのままナゴムから1stソノシート「9 TUNES FOR MIRAI」として発売されることをきっかけに、ナゴムに就職する気持ちで上京する。