ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト|18件。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(ドイツ語: Wolfgang Amadeus Mozart、洗礼名:ヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルト(Johannes Chrysostomus Wolfgangus Theophilus Mozart)、1756年1月27日 - 1791年12月5日)はオーストリアの作曲家、演奏家。古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。 生涯 幼年期 1756年1月27日、ザルツブルクに生まれる。現在はオーストリアの都市であるが、当時は神聖ローマ帝国領(当時の正式名称は「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」に属する大司教領であり、オーストリアの前身国家である大公領には含まれていない。

『フランツ・クサーヴァー・モーツァルト』より : フランツ・クサーヴァー・ヴォルフガング・モーツァルト(Franz Xaver Wolfgang Mozart, 1791年7月26日 - 1844年7月29日)は、オーストリアの作曲家、ピアニスト。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの末子で四男。 生涯 母コンスタンツェの意向もあり、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト2世として活動した。しかし、生まれた4ヶ月後に父親が他界したため、父から直接、卓越した音楽教育などを受けた事実はない。アントニオ・サリエリとヨハン・ネポムク・フンメルに師事(その他、ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラーやヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガーにも師事したとされる)。 2曲のピアノ協奏曲の他にピアノ・ソナタやポロネーズ、ロンド、変奏曲などの作品がある。1820年代に刊行された《ディアベリの主題による50の変奏曲》には、フランツ・リストなどとともに名を連ねている。 作品は洗練され、繊細であるが、ウェーバーやシューベルトと同世代にもかかわらず、作風はウィーン古典派の域を出ない。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart

私達の財産、それは私達の頭の中にあります。

Our riches, being in our brains.

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart

他人の賞賛や非難など一切気にしない。自分自身の感性に従うのみだ。

I pay no attention whatever to anybody’s praise or blame. I simply follow my own feelings.

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart

望みを持ちましょう。でも望みは多すぎてはいけません。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart

高尚な知性や想像力、あるいはその両方があっても天才の形成に至りはしない。愛、愛、愛。それこそが、天才の神髄である。

Neither a lofty degree of intelligence nor imagination nor both together go to the making of genius. Love, love, love, that is the soul of genius.

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart

僕は貴族ではないが、貴族にもまさる高貴な心をもっている。人間を高めるのは、身分ではなく、心だ。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart

音楽においてもっとも不可欠でもっとも難しく、主要な事柄はテンポだ。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart

もう最期の時が告げているのを感じます。・・・自分の運命は変えられません。何ごとも摂理の欲するとおりになりましょう。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart

音楽は自らの人生であり、人生は音楽である。このことを理解できない人は、神に値しない。

Music is my life and my life is music. Anyone who does not understand this is not worthy of god.

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart

音楽は決して耳ざわりであってはならない。むしろ耳を満足させ楽しみを与える、つまり常に「音楽」でなくてはならない。

Music should never be painful to the ear but should flatter and charm it, and thereby always remain music.