ルネ・デカルトの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ルネ・デカルト|24件。

ルネ・デカルト(仏: René Descartes、1596年3月31日 - 1650年2月11日)は、フランス生まれの哲学者、数学者。合理主義哲学の祖であり、近世哲学の祖として知られる。 考える主体としての自己(精神)とその存在を定式化した「我思う、ゆえに我あり」は哲学史上でもっとも有名な命題の1つである。そしてこの命題は、当時の保守的思想であったスコラ哲学の教えであるところの「信仰」による真理の獲得ではなく、信仰のうちに限定してではあれ、人間の持つ「自然の光(理性)」を用いて真理を探求していこうとする近代哲学の出発点を簡潔に表現している。デカルトが「近代哲学の父」と称される所以である。 初めて哲学書として出版した著作『方法序説』(1637年)において、冒頭が「良識(bon sens)はこの世で最も公平に配分されているものである」という文で始まるため、思想の領域における人権宣言にも比される。

ルネ・デカルト - René Descartes

我思う、ゆえに我あり

I think, therefore I am.

ルネ・デカルト - René Descartes

世界ではなく、自分自身を征服せよ。

Conquer yourself rather than the world.

ルネ・デカルト - René Descartes

真理を探究するのであれば、人生において一度は、あらゆる物事をできる限り深く疑ってみる必要がある。

If you would be a real seeker after truth, it is necessary that at least once in your life you doubt, as far as possible, all things.

ルネ・デカルト - René Descartes

欠陥はいつも、それを取り除くために必要な変化よりはずっと耐えやすいものとなっている。

ルネ・デカルト - René Descartes

ひとたびでもわれわれを欺いたものを完全には信じないことは思慮深さのしるしである。

ルネ・デカルト - René Descartes

我々は、すべてのものが我々のためにつくられたのだと思ってはならない。

ルネ・デカルト - René Descartes

精神を向上させるためには、学ぶことよりもより多く熟考していくべきである。

In order to improve the mind, we ought less to learn, than to contemplate.

ルネ・デカルト - René Descartes

決断ができない人間は、欲望が大きすぎるか、悟性が足りないのだ。

ルネ・デカルト - René Descartes

不決断こそ最大の害悪。

ルネ・デカルト - René Descartes

秀でたる知性を有するだけでは十分ではない。大切なのは、それをうまく活用することである。

It is not enough to have a good mind. The main thing is to use it well.

ルネ・デカルト - René Descartes

難問は分割せよ。

ルネ・デカルト - René Descartes

疑いは知のはじまりである。

Doubt is the origin of wisdom.