リチャード・バックの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

リチャード・バック|23件。

リチャード・バック(Richard Bach、1936年6月23日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州生まれの飛行家、作家。飛行機に関するルポルタージュ風の作品を書いていたが、1970年に『かもめのジョナサン』を発表した。当初はほとんど評判にならなかったが、1972年に突如ベストセラーのトップに躍り出た。各国語に翻訳され、日本でもロングセラーとなっている。 ヨハン・ゼバスティアン・バッハの直系の子孫と言われている。 2012年8月31日、自家用の飛行機でワシントン州サンフアン島を飛行中、電線に引っかかって飛行機が大破し、重傷を負った。 作品 かもめのジョナサン 『王様の空』中田耕治訳 三笠書房 1974 『飛べ、銀色の空へ』稲葉明雄訳 草思社 1974 『ぼくの複葉機』小鷹信光訳 早川書房 1974 『翼の贈物』新庄哲夫訳 新潮社 1975 『イリュージョン 退屈してる救世主の冒険』村上龍訳 集英社 1977 のち文庫  『イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験』佐宗鈴夫訳 集英社 2006 のち文庫 『夜と嵐をついて』大原寿人訳 筑摩書房 1978 『飛べ、光のなかを飛べ、永遠のときを』沼田篤良訳 評論社 1986 『One』平尾圭吾訳 ティビーエス・ブリタニカ 1990 のち集英社文庫  『翼にのったソウルメイト』飯田昌夫訳 マガジンハウス 1993 『僕たちの冒険』北代晋一訳 ティビーエス・ブリタニカ 1997 フェレット物語 (「フェレットの冒険」(2巻まで)より改題)法村里絵訳  フェレット物語1 海の救助隊 (2008年) 新潮社、のち文庫 フェレット物語2 嵐のなかのパイロット (2008年) 新潮社、のち文庫  フェレット物語3 二匹は人気作家 (2009年) 新潮文庫 フェレット物語4 大女優の恋 (2009年) 新潮文庫 フェレット物語5 名探偵の大発見 (2009年) 新潮文庫 『ヒプノタイジング・マリア』 和田穹男監修、 天野惠梨香訳、めるくまーる 2013 脚注 ==。

『スティーヴン・キング』より : スティーヴン・エドウィン・キング(Stephen Edwin King, 1947年9月21日 - )は、アメリカのモダンホラー小説家。作品は世界各国で翻訳され読まれている。 1974年に長編『キャリー』でデビュー。ジャンルはホラーであるにもかかわらず、舞台は主にアメリカのごく平凡な町で、具体的な固有名詞をはじめとした詳細な日常描写を執拗に行うのが特徴。その作風から、従来の「非現実的な世界を舞台とした、怪奇小説としてのホラー」とは異なる「モダン・ホラー」の開拓者にして第一人者とされる。 ホラーばかりではなく、『ショーシャンクの空に(原作:『刑務所のリタ・ヘイワース』)』や『グリーンマイル』など、映画化された話題作でも有名である。日常の中に潜む「ちょっとした不思議」を題材にした作品も目立つ。 著作の多くが映画化またはTVドラマ化されている。世界幻想文学大賞(1982年、1995年、2004年)、ヒューゴー賞(1982年)、オー・ヘンリー賞(1996年)、ブラム・ストーカー賞(1988年、1996年、1997年、1999年、2007年、2009年)など、数々の文学賞を受賞している。

『バックミンスター・フラー』より : リチャード・バックミンスター・フラー(Richard Buckminster Fuller, 1895年7月12日 - 1983年7月1日)は、アメリカのマサチューセッツ州出身の思想家、デザイナー、構造家、建築家、発明家、詩人。 人物概要 フラーはその生涯を通して、人類の生存を持続可能なものとするための方法を探りつづけた。 全28冊の著作によって、「宇宙船地球号」、エフェメラリゼーション、シナジェティクス、デザインサイエンスなどの言葉を広めた。 デザイン・建築の分野でジオデシック・ドーム(フラードーム)やダイマクション地図、住宅のプロトタイプであるダイマクション・ハウスなど数多くのものを発明した。 彼の生涯は、商業関係のさまざまな仕事を転々としたあと、1922年に、安あがりで効率のよい屋根を作るための構造システムの仕事を始めるが、それは建設に手間がかからないと同時に軽量で、大きなスパンを覆うことのできるものを目指していた。

リチャード・バック

距離って本当に二人を離れ離れにするのかな? もし愛する人と一緒にいたいって思ったとしたら、もうその時点で二人の間に距離なんてないよね?

Can miles truly separate you from friends… If you want to be with someone you love, aren’t you already there?

リチャード・バック

本物の愛の物語には、結末なんてない。

True love stories never have endings.

リチャード・バック

すべての問題は私たちが成長するための機会である。

リチャード・バック

自分で引き寄せる出来事に偶然はないのだ。たとえそれが不愉快でも学ぶ必要はある。問題を直視するべきだ。

リチャード・バック

あなたが恐れているものではなく、あなたが知っているものに耳を傾けるのです。

Listen to what you know instead of what you fear.

リチャード・バック

重要なのは食べることではなくて、飛ぶことだ。いかに速く飛ぶかということだ。

リチャード・バック

自由に、幸せに生きるためには、退屈をいけにえとしてささげなければならない。それは必ずしも簡単なことではない。

In order to live free and happily, you must sacrifice boredom. It is not always an easy sacrifice.

リチャード・バック

無知のしるしは、不正や悲劇を心の底から信じこんでいることだ。毛虫が世の終わりと考えるものを、救世主は蝶と名づける。

The mark of your ignorance is the depth of your belief in injustice and tragedy. What the caterpillar calls the end of the world, the master calls a butterfly.

リチャード・バック

戦争で死んだ奴はそうしたかったのさ、戦争に行かない方法はあるからね。

リチャード・バック

責任を回避するいちばん良い方法は、「責任は果たしている」と言うことである。

The best way to avoid responsibility is to say, “I’ve got responsibilities.”

リチャード・バック

すべての困難は、あなたへの贈り物を両手に抱えている。

Every problem has a gift for you in its hands.

リチャード・バック

自由が欲しい時は、他人に頼んじゃいけないんだよ。君が自由だと思えば、もう君は自由なんだ。