ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの名言一覧|世界の偉人たちの名言・格言~成功者の言葉

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ|154件。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8月28日 - 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。 その文学活動は大きく3期に分けられる。初期のゲーテはヘルダーに教えを受けたシュトゥルム・ウント・ドラングの代表的詩人であり、25歳のときに出版した『若きウェルテルの悩み』でヨーロッパ中にその文名を轟かせた。その後ヴァイマル公国の宮廷顧問(その後枢密顧問官・政務長官つまり宰相も務めた)となりしばらく公務に没頭するが、シュタイン夫人との恋愛やイタリアへの旅行などを経て古代の調和的な美に目覚めていき、『エグモント』『ヘルマンとドロテーア』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』などを執筆、シラーとともにドイツ文学における古典主義時代を築いていく。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

高尚なる男性は、女性の忠告によって、いっそう高尚になる。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

自分の心を支配できぬ者に限って、とかく隣人の意志を支配したがるものだ。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

若いうちの誤りは、きわめて結構だ。ただ、それを年をとるまで引きずってはならない。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

新聞を読まなくなってから、私は心がのびのびし、実に気持ちが良いです。人々は他人のすることばかり気にかけて、自分の手近の義務を忘れがちです。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

人はいかに遇されるかによって、それなりの人物になっていく。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

人間は、なんと知ることの早く、おこなうことの遅い生き物だろう!

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

性に合わない人たちとつきあってこそ、うまくやって行くために自制しなければならないし、それを通して、われわれの心の中にあるいろいろ違った側面が刺激されて、発展し完成するのであって、やがて、誰とぶつかってもびくともしないようになるわけだ。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

大衆は有能な人を欠かすことができない。しかも有能な人は大衆にとって常に重荷である。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

年をとるということが既に、新しい仕事につくことなのだ。すべての事情は変わって行く。我々は活動することを全然やめるか、進んで自覚をもって、新しい役割を引き受けるか、どちらかを選ぶほかない。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

忘恩はつねに一種の弱さである。わたしは有能な人たちが恩知らずであった例を知らない。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

あの人が私を愛してから、自分が自分にとってどれほど価値あるものになったことだろう。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Johann Wolfgang von Goethe

ただ、はつらつとした活動によってのみ、不愉快なことは克服される。